プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
闇の守り人 [上橋菜穂子]
4035402109闇の守り人
上橋 菜穂子 二木 真希子
偕成社 1999-01

思うところがあって、久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国に戻った女用心棒のバルサ。それまで暮らしていた新ヨゴ皇国からカンバル王国につづく真っ暗な洞窟の中で、彼女が出会ったものは…。

精霊の守り人』に続く、守り人シリーズ第二弾です。前作とは違うまったく新しい舞台、そして登場人物。それでも相変わらずここで語られる世界は見事です。ただ一作目の世界を膨らませただけじゃなくて、ほんとうにまったく新しい世界。そこで人はまさに「生きて」います。そんなふうなので、シリーズの二作目ですが、これだけ単品で読んでも十分に楽しめる一冊になっています。すごいです。

今回の舞台はカンバル王国。忘れようとしてきた古傷「故郷」と正面から向かい合おうと思って戻ってきたバルサですが、その途中でヒョイル(闇の守り人)に襲われていたカッサたち兄妹を助けたことをきっかけに、思わぬ陰謀に巻き込まれて行きます。そしてその陰謀にまつわる話の中で、ジグロがその故郷でどんな汚名を着せられていたのかもバルサは知ることになります。圧倒的な権力を握る相手から、バルサはこの国を守ることができるのか。そしてジグロの汚名をそぐことができるのか。

私はここまで読んで大変偉そうにも「あ、この先のストーリーは読めたな」と思ったのですが、全然違いました。ほんとうにすいませんでした。私なんかの想像をはるかに超えたところに、この物語は広がっていました。物語も、そして人々の思いも、そんな私が安易に想像したものなんかより、もっともっと、ずっとずっと広く深いものでした。人間が、生きていく上で起こる、どうしても避けられない様々な出来事。それを背負って生きる人々の、その痛みが、声にならない心の叫びが、聞こえてくるような気がしました。読んでいて胸が締め付けられました。

そしてこの物語は、バルサの物語でもあり、カッサの物語でもあります。あらかじめ決められた人生、ただあきらめて与えられたものをそのままに生きていくだけの人生。そんなんじゃなくて、自分の力で人生は切り開いていくことができるのだということ。少し見方を変えれば、素晴らしい世界が自分の目の前には広がっているのだということ。そんなことに気づくカッサの成長物語としても、すごく清々しい物語でした。

この物語の事件が終わっても、バルサの人生はこれから先も続いて行きます。彼女の背負った荷物がなくなったわけではなく、それはきっと一生変わりません。それでも、どうか、どうか少しでもその荷物が軽くなりますように、闇の中に一筋でも光を見つけることができますようにと、祈って止みません。強い強いバルサ。「運命」なんて言葉を蹴っ飛ばして歩いていく、こんなにかっこいい彼女に対して、こんな心配をするのもおかしな話なのかもしれませんが…。

「闇」は人の心の中にあります。人は、それと共に生きなければいけません。そこから逃げることはできません。そして、それと向き合うことができるのは、自分だけ。乗り越えることができるのも、自分だけ。誰かを恨んでも、怒りを覚えても、でも、いつかそこを突き抜けた向こう側へ―。そんなことを思う一冊でした。
| あ行(上橋菜穂子) | comments(4) | trackbacks(2) |
青空の卵 [坂木司]
4488457010青空の卵
坂木 司
東京創元社 2006-02-23

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか…。

「夏の終わりの三重奏」「秋の足音」「冬の贈りもの」「春の子供」「初夏のひよこ」の五編が収録されています。めぐる季節とともに、人も少しずつ変わっていく、そんな物語たちです。でもこの物語は…、なんか、単純じゃなかったです。面白いとか、楽しいとか、感動したとか、そういう、ひと言でくくれるような感情じゃなくて。一見優しそうで、でも、どこかすごく残酷で。ステキであったかいだけじゃない感じ。うまく言えないですけど。基本的には、すごく苦しかったです。読んでる間、すごく苦しかった。読み終わった今もなんだか苦しいです。切ないが高じて苦しいというか、なんかヒリヒリして痛くて…もやもや。居心地が悪いです。なんなんでしょう、この感覚は。

この感じを「ダメだ」って言う人もたくさんいるんじゃないかなと思います。特にこの坂木のキャラと、「二人の関係」が。でも私はそこが切なくて切なくてたまらなかったです。坂木が泣くたびに、すぐめそめそすんな!と思う心がある一方で、ここで泣ける彼がうらやましかった。全編が彼のモノローグでつづられるこの物語で、彼が美しいこと、きれいなことを言うたびに、またそんな奇麗事を!って思う一方で、その言葉が妙に胸に突き刺さって、棘みたいに抜けなくて、そんなふうに本気で言える彼がやっぱりうらやましかった。

そして、そんな彼がそばにいる鳥井と、そんな彼のそばにいる鳥井と。そう、彼らはおたがいに「そばにいる」んです。そこが…なんか、なんかですね、すごく切なかったんです。この二人の関係に名前をつける必要はないと思います。でも、この二人の関係が、それがたぶんこの物語の一番根底にあるテーマで…。すぐそこにものすごく暗くて深い井戸があって、その底を覗き込もうとしているみたいな気持ち。見てはいけない、見なくてもいいなら見たくない、でもそれをずっと避けていてはいけない、いられない…、そういう暗い怖い感じ。うまく言えないですけど。(こればっかりだ)。

生きていくうえでの幸福は、誰かとわかちあう記憶の豊かさにあると僕は思う。
軽い読み物のつもりで読んで、かなりどっしりずっしりきてしまいました。何度も泣きそうになって、泣いてたまるか!って思って。私は何をむきになっているのでしょうか。この本は…ここに表向き書かれていることだけじゃなくて、もっとその奥の、生きていく人間の、人の心の深い深いところが、書かれていないそれが、読んでいると伝わってくるから、だからこんなに苦しいんでしょうか。心がざわざわするんでしょうか。

この作品はシリーズ化されていて、この『青空の卵』に続く『仔羊の巣』『動物園の鳥』の全三巻で完結しているそうです。続きを必ず読みたいと思います。でも、とりあえず今は心に重過ぎて、苦しすぎて、すぐに次には行けなそうです。そんな読書でした。

あと、これはけっしておちゃらけて書いているのではないのですが、私はこの本を、三浦しをんさんが読んだらどう思うのか、それを聞いてみたいなぁと本気で思いました。
| さ行(その他) | comments(11) | trackbacks(3) |
猫はブラームスを演奏する [リリアン・J・ブラウン]
4150772207猫はブラームスを演奏する
リリアン・J. ブラウン 羽田 詩津子
早川書房 2001-06

事件記者の仕事がしたいのに、美術欄やグルメ記事の担当ばかりさせられることにうんざりしていたクィララン。追い討ちをかけるように行われた職場の合理化や記者クラブの近代的改装にたまりかねた彼は、亡き母の親友ファニー伯母が無料でキャビンを貸してくれるという申し出に乗り、長期休暇を取る事に。これを機にかねてからの懸案であった小説書きに取り組もうと思っていた彼を待ち受けていたのは…。

シャム猫ココシリーズ、第五弾です。第五弾ですが、この作品とこの次の作品『猫は郵便配達をする』は、どういう事情かわかりませんが翻訳を飛ばされた模様で…。第二十作目にあたる『猫は鳥と歌う』の後に発売されています。二冊飛ばして七作目の『猫はシェイクスピアを知っている』に飛んでたわけですね。それで意味は通じたのかなぁと心配して読み始めたのですが…さてさて。

今回の舞台はいつもの都会から400マイルも北にある辺境の田舎町ピカックスです。一見平和そうに見えるその町で、なにやら不穏な空気を感じ取っていたクィルですが、案の定、殺人事件が発生してしまいます。それに対する町の反応もどこかおかしい。クィルは小説を書く暇もなく事件をかぎまわります。…というかこの作品中で彼はたぶん一文字も小説を書いていません(笑)。

そして今作には前作でクィルと同じハウス・ハウスに住んでいた(そしていい感じになっていた?)ローズマリーが再登場。あら、今回のお相手は彼女のままいくのかしら〜と思っていたら、なんとなく雰囲気は険悪になり、あらら?と。「やっぱり若い子が好きだ」とか言い出すクィルにちょっと笑いました(笑)。プレイボーイめ!!

今回のココは、カセットデッキの再生ボタンを押すという業を身に付けており、それがまたまた事件を解決に導く重大な手助けになっちゃうわけです。さすがココ。スーパー猫っぷりを遺憾なく発揮しております。そして何もしないヤムヤムがそれはそれでとてもかわいく、この二匹はほんとにとってもいいコンビです。

あとがきによると、このシリーズは今後この地を舞台に繰り広げられる模様。だとしたらこの巻を飛ばして読まされてしまった人は「なぜ急に?!」ってびっくりしたことでしょう。だってこの巻では、ラストに彼の今後の人生を左右すると言っても過言ではない、かなり大きな出来事が起こるのですから!

しかし今のところイマイチこの町が好きになれない私。自然はすばらしけれど…なんか人が変…。クィルはここに住むことになるのでしょうか?(いや、だからなるらしいんですけどね)。次作を楽しみに読みます。

「シャム猫ココシリーズ」読了分リスト
1. 猫は手がかりを読む
2. 猫はソファをかじる
3. 猫はスイッチを入れる
4. 猫は殺しをかぎつける
5. 猫はブラームスを演奏する
| 海外作品(リリアン・J・ブラウン) | comments(0) | trackbacks(0) |
風姿恋伝 [唯川恵]
4093423725風姿恋伝
唯川 恵
小学館 2007-02-24

揺れる30代をハッピーに導くエッセイ。変わりたいけど、今更遅すぎ?私の人生、本当にこれでよかったの?…仕事や恋だけじゃなく、結婚、出産、将来の不安など、様々な悩みを抱える30代女性に、「悩んでいるのは私だけじゃない!」と元気を与えてくれる!ファッション誌『Domani』の人気連載を単行本化。

揺れる30代なので読んでみました。

「がんばって!」ってがんがん分かりやすく励ましてくれるようなそんな本ではありません。安易に「大丈夫だよ!」とも言いません。「そんな悩みたいしたことないよ!」って笑い飛ばしたりもしません。でも、もっと身近にいて、ただ話を聞いてくれて、うん、そうだよね、わかるよって言ってくれる大事な女友達のような、そんな距離の本でした。今の私にとってはその距離感がちょうどよかったかな…。「がんばれがんばれ」って言われても「もうがんばってるよ!」って思っちゃうし、だからと言って悟ったみたなこと言われても反発したくなる、ちょっと疲れた私には、うん。

このエッセイは、きっと根っこのところに「唯川さんご自身が通ってきた道」があるから、その言葉に嘘がないというか、重みがあるというか、共感するとかしないとかそういうこと以前に、なんかきっちりした「説得力」があります。嘘偽りがない感じがします。それがうれしい内容であれ、悲しい内容であれ、あぁそういうものなんだなぁと素直に思えます。

「そうなのかなぁ?」って思ったり、「あぁそうだなぁ」って思ったり。読んでる間にいろんなことを考えました。何もかもが私にぴったり、全てにうんうんうなずける!ってわけじゃなかったけれど、でもなんか少し肩の力が抜けたかな…。とりあえず、ありがとうございました。
| や行(唯川恵) | comments(0) | trackbacks(1) |
陋巷に在り(5)妨の巻 [酒見賢一]
4101281173陋巷に在り(5)妨の巻
酒見 賢一
新潮社 1999-06

媚術に操られた茲蓮五六による厳重な見張りをものともせず、次第に国を揺るがしかねない勢力を形成してゆく。一方、孔子の使者として費城に赴いた公冶長は、そこで意外な裏切り者と対面した。少正卯一味に攪乱される孔子一族の危機。春秋の世を戦国の世に踏み込ませていったのは誰か―。東洋の房中医学にも分け入る、興味津々の第五巻。

茲魄佞里泙泙冒爐觧厖屐自分一人の手に負えなくなった五六は、公冶長に頼んで鳥達にも監視の手伝いをしてもらうことにするのですが…また言いますけど、なんで誰も気付かないの〜!!!いらいらしてきました…。五六だけならまだしも、今回は彼が茲鮃子の家に連れて行ったりしているのに、そこで会った誰一人として気付かない。子貢なんて術の元凶である鏡の存在に気付いたのに、結局術で忘れさせられたりてるし。ちょっと…。しっかりしてよ!もう!と、なんだかもうあまりのふがいなさにげんなりしてきてしまいました。そして鳥達が…(涙)。あぁもうやっぱり子蓉嫌いかも。

費城に行った公冶長はここでやっと、悪悦が公伯寮を操って公山不狃に虚言を吹き込んでいたのが変心の原因だったということに気付きます。遅いよ!!もう!そして公冶長にはそのことを孔子に伝えるすべすらなく、なんとかその場を逃げ出し孔子に注進に及んだ冉雍も、公伯寮の裏切りこそ伝えることができたものの、一緒にいた悪悦の正体を知らず、そのことについては孔子は知らないままという始末。ここでもさらにげんなり。公冶長はこう言っちゃなんですけど役立たずだし、公山不狃も気付こうよ…ねぇ(涙)、あからさまに怪しいじゃん、あの人たち!!という感じ。っていうか孔子、これ以上に大切なことが今あるのか!忙しいとか言ってないで自分で行け!と思ってしまった私は短気です。

しかし実際その力のある人間が、本気で人をだまそうと思ったら、相手はそれがどんなに立派な人間であれ、こんなに簡単に騙されちゃうんだなぁと。そら恐ろしくなりました。悪意を持って、人の弱みにつけこむっていうのはこういうことなんだって。恐ろしいけど…でもいらつく…。この巻では孔子一門、まったくいいところがありません。やられっぱなし。あぁ、いつまで続くのこの兄弟の横暴は…げんなり。もう早く片付いてくれ…(なげやり)。

『陋巷に在り』既読リスト
陋巷に在り(1)儒の巻
陋巷に在り(2)呪の巻
陋巷に在り(3)媚の巻
陋巷に在り(4)徒の巻
・陋巷に在り(5)妨の巻
Check
| さ行(酒見賢一) | comments(1) | trackbacks(0) |