プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
にょっ記 [穂村弘]
4163247408にょっ記
穂村 弘
文藝春秋 2006-03

ホムリンが綴る、4月1日から3月31日までの、ニョッキ…じゃなかった、日記です。

実際のところ、どこまでがほんとうに日記で、どこからが飛んで行ってしまっている世界なのか…。そのへんの境界のあいまいさがなんとも言えずステキです。それとも、一つもほんとうのことなんかないのでしょうか?でも、穂村さんならあれもこれも、ありえるような気がしてしまってですね…。っていうかそもそも、日記じゃないし、にょっ記だし。そう、これはにょっ記だから、これでいいのです。きっとそうなのです。(意味不明)。

天使が出てくる日が大好きで、とても楽しみでした。

この本の、とにかくすばらしいところ。

〜丁
▲織ぅ肇

以上。勝ち負けで言うと、完璧に負けた!と思いました。はい。
ところで…「佳代」って誰ですか??
| は行(穂村弘) | comments(14) | trackbacks(5) |
本当はちがうんだ日記 [穂村弘]
4087747662本当はちがうんだ日記
穂村 弘
集英社 2005-06

エッセイ集です。

いやー、おもしろかった!!とくに最初の方…。思わず声を出して笑ってしまいました。男の人のエッセイって、森博嗣さんと町田康さんのくらいしか読んだことなかったんですけど、みなさんおもしろいですね…。

書いてあることもおもしろいのですが、それについて語る「言葉」の使い方がもう最高!いろんなところに発表されたものを集めている本のようで、書き方や状況がちょこっとずつ違っていたりもするのですが、おもしろかったです。

今はまだ人生のリハーサルだ。本番じゃない。
そう思うことで、私は「今」のみじめさに耐えていた。
これはほんの下書きなんだ。いつか本番が始まる。
そうしたら物凄い鮮やかな色を塗ってやる。
塗って塗って塗りまくる。
でも、本番っていつ始まるんだ?
このエッセイを読んで「わかる!わかる!」とか思ってていいのでしょうか、私…!
| は行(穂村弘) | comments(10) | trackbacks(4) |