プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
名もなき毒 [宮部みゆき]
4344012143名もなき毒
宮部 みゆき
幻冬舎 2006-08

義父が会長を務める財閥企業で社内報を編集する杉村三郎は、トラブルを起こした女性アシスタントの身上調査のため、私立探偵・北見のもとを訪れる。そこで出会ったのは、連続無差別毒殺事件で祖父を亡くしたという女子高生だった。期せずして二つの事件に巻き込まれていった彼は…。

皆さんそうかと思いますが…この本を読んで一番強烈な印象を残したのは、「毒殺事件」ではなく「原田いずみ」でした。青酸カリや、砒素や、そういった名前の付いた「毒」だけじゃない、シックハウスや土壌汚染のような現代社会が抱える「毒」だけじゃない、人の心に潜む「名もなき毒」が人を蝕むこともある。本人にすら、どうしようもできないことがある。そしてそれは他人事じゃない。そのことが怖くて、悲しくて、読みながら鳥肌が立ちました。

個人的には、正直読後感はあまりよくありませんでした。あまりにも重くて、そして、これが一番大きいのですが、私はあんまりこの「杉村」が好きじゃないのです。なんか、どちらかというと今の時点では嫌いなのです。シリーズ化していくとのことですし、これからも読んでいけばだんだんその感情は薄れるような予感(たぶん当たる)はしているのですが、でも、少なくとも今は好きじゃないのです。彼自身の、あの性格というか、あの弱さというか、そしてそれでいて傍目には恵まれているのだというその環境だとか、そういうものが全部ひっかかるんです。もちろん読んでいて彼がそのことを全く気にしていないわけじゃないこともわかっているのですが、でも、なんか…。私もこの物語の中で彼の周囲にいる人間と同じなんだなぁとしみじみ思いました。そして、架空の人物である彼に対してそんなふうにまで感じさせてしまう宮部さんって、やっぱりすごいなぁと思いました。

「人は誰でも心のなかに暗い部分を持つものですし、それは恐ろしいことでも、悪いことでもありません。ただ、暗い部分を制御できなくなると、時として自分にも周りにもつらいことが起こります。理屈はわかっているのに、身体の内の"毒"にあたってしまう−現代人の分身を描いてみたい。」
宮部さんの言葉です。宮部さんのこの世界を見つめる目に、そこに宿る優しさに、この本を読むことで触れることができたのかな…。今は、そのどうしようもなさが、まだ、すごく苦しいですけれど。

【追記】
『誰か』で活躍した杉村さんのシリーズ第二作目であるこの本。『誰か』を読んだのはもうだいぶ前なので記憶がおぼろ…ですが、こっちを読んでたらなんとなく思い出しました。後でちゃんと再読しよう…と思いますが、あの作品も読んでよかったんですけどすごく痛かったので、ちょっと再読するのが怖いんです…。あの痛みを、もう一度味あわないといけないのかと思うと。心がひるむのです。宮部さんのこういう本を読むことは、もう単なる「読書」の枠を大きく超えているなぁと思う一瞬です。
| ま行(宮部みゆき) | comments(10) | trackbacks(13) |
日暮らし 下 [宮部みゆき]
4062127377日暮らし 下
宮部 みゆき
講談社 2004-12-22

日暮らし 上』の最後に収録されていた「日暮らし」の続きが下巻です。

一気に読みました。「ミステリー」としてのオチはなんとなく読めていたのですが、でもそれでも「読ませる」し、おもしろい。さすが宮部さんだと思いました。彼らの会話や掛け合いに笑ったり、泣いたり…。これ、そんなに泣くような話じゃないと思うんですけど、なんだか度々ほろりと来てしまった私です。涙もろくなったのは…歳だから?!

特におでこをこよなく愛している私。彼の「あいあい」を聞くのがもうたまらなく好き…。そんな私としてはラスト、弓之助とおでこの「芸」、見られるものなら見てみたかった!って思いました。あ、でも見たら泣くかも…。

読み終えて、このタイトルについて、しみじみ考えました。いいタイトルです。「一日、一日、積み上げるように。てめえで進んで」生きていきたいと、素直に思いました。泣いたって笑ったってそうするしかない。でもそれはきっとそんなに悪いことじゃない。そんなことを、気張らずにそっとわからせてくれる本でした。どんなにおもしろくても、それだけじゃ終わらない、読み終わってきっと誰の心にも何かを残す、そんな本をこれからもずっと書いていってほしいなぁと心から思いました。
| ま行(宮部みゆき) | comments(2) | trackbacks(4) |
日暮らし 上 [宮部みゆき]
4062127369日暮らし 上
宮部 みゆき
講談社 2004-12-22

ぼんくら』の続編にあたる作品です。この巻は短編集のようになっていて、「おまんま」「嫌いの虫」「子盗り鬼」「なけなし三昧」「日暮らし」という物語がそれぞれ収録されています。

それらの短編を読んでいくと、『ぼんくら』に登場した彼ら…おでことか、佐吉とか、葵とか、お徳とか…、あの事件から約1年後の、彼らの生活を知ることができます。もちろん井筒同心も顕在です。なるほど、こういうふうに後日談を知るっていうのもいいものだなぁと思いつつ読み進め、…「日暮らし」で一気に怒涛の展開を見せます。ええっ?!大変。早く下巻を読まねば。

それにしても「嫌いの虫」で語られる、お恵の父の人となりのなんて立派なこと…。彼の教えはかなり尊い!と思いました。曰く、

陽が落ちてからの物思いはよしたがいい
手を休めてしまうと、待ってましたとばかりに、考えなくてもいいことばかりが頭のなかに押し寄せてくる。働いて働いて、つまらない事を近寄らせないのがコツだ。
その通り…。真実!
| ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(3) |
ぼんくら [宮部みゆき]
4062100886ぼんくら
宮部 みゆき
講談社 2000-04

舞台は江戸・深川の長屋。通称・鉄瓶長屋というその長屋で煮売り屋を営むお徳と親しくしている同心の井筒平四郎。ある日長屋で店子が殺されるという殺人事件が発生。そしてそれに続く差配人の失踪に、店子たちに次々と降りかかる不幸。長屋の大家である湊屋に何か企みがあるのではないか?と、仲間の岡っ引きらの手を借りて真相を究明しようとする井筒ですが…。

読んでなかったような気がして読んだのですが、読んでました。(途中で気付いた)。というわけで再読です。宮部さんの時代物はどれがどれやらわりと頭の中がこんがらがっているのです…。(いいわけ)。

宮部さんの時代物の本を読んでいるといつも感じるのは、こういった時代に過ごしている人たちの「リアル」です。現代みたいにせかせかしてなくて、のんびり暮らしているようのかなぁと単純に思いがちな私なのですが、実はいろんなものにがんじがらめになっていて、でも日々の生活は容赦なく流れていって、そんな中をたくましく生きていく普通の市井の人たちの姿…、そういうものが、ちゃんと説明されているわけじゃないのに、きちんと感じ取れるのが、すごいなぁと。私たちが現在を生きているように、「彼らがそこに生きている」という感じがすごくするのです。うん。

ちなみに次は『日暮らし』を読む予定なのですが、はて、これは読んだんだったっけ、どうだっけ…。
| ま行(宮部みゆき) | comments(2) | trackbacks(4) |
孤宿の人 下 [宮部みゆき]
4404032587孤宿の人 下
宮部 みゆき
新人物往来社 2005-06-21

号泣しました…。本を読んで泣くことはよくあるけれど、それは「目の端に涙がにじむ」程度のもので、こんなふうに涙がだーだー流れて目の前の本のページの文字をたどることすらできなくなるくらいに泣くというのは、あまりありません。私はこれを読んで、そのくらい泣きました。

読み進めているうちに、最後がどうなるのかはわかっていたつもりです。事実思っていた通りのラストになりました。でも、わかっていた結末であっても、それでもなおこれだけ心を打つというのは…何なのでしょうね。自分でもうまく説明ができません。文章の力というのは、こういうものですか?

恐怖、憎悪、嫉妬。人の心の中に巣食うその暗い「何か」は、ほんのささいなきっかけさえあれば、それを理由に、言い訳に、簡単に表に出て、そして人を惑わせます。こんな小さな場所で、限られた人々の中ですら。いや、そんな中だからこそ、複雑にからみあい、うずまく思惑と利害。そんな人の「弱さ」の中に、でもそれだけではない、ささやかな「強さ」もあるのだということ、その光を見せてくれるような、そんな物語でした。いろんな人がいて、いろんな思いがあって、でもみんな生きているんだなって。

感想をうまく書くこともできそうにありません。でも、私がこの本を読んでいる間に思ったこと、感じたこと、それは、きっとこの本を読んだ誰もが思い感じたことと、いっしょなんじゃないかなと、そう思います。

「悲しいお話なのですが、悲しいだけではない作品にしたいと思って書きあげました」という宮部さんの言葉どおりの本だったなぁと思います。
| ま行(宮部みゆき) | comments(4) | trackbacks(5) |
孤宿の人 上 [宮部みゆき]
4404032579孤宿の人 上
宮部 みゆき
新人物往来社 2005-06-21

讃岐国、丸海藩。この地に幕府の罪人・加賀殿が流されてきた。以来、加賀殿の所業をなぞるかのように毒死や怪異が頻発。そして、加賀殿幽閉屋敷に下女として住み込むことになった少女ほうの運命は…。

現在読書中。下巻を読んだら感想を書きます。
| ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(0) |
ドリームバスター3 [宮部みゆき]
419862139Xドリームバスター3
宮部 みゆき
徳間書店 2006-03

待望の第3巻です!毎回巻末についている「to be conienued...」にショックを受けていた私。今回は過去の経験を生かして、最初にちらりとラストのページを見ました。(もちろん中身を読んでしまわないように気をつけて!)。そうしたら…おぉ「to be conienued...」って書いてないじゃないですか。この3巻で終わりなのね!よしよし。ちょっとさみしいけど、まぁいいか…。

と思って読み始めました。読み進めるにしたがって、どんどん展開していく物語、今までの内容にも触れつつ、新たなエピソードやキャラクターも登場して、おぉ、いい感じに盛り上がってまいりました…あれ?あと数ページしかないけど、これでちゃんと終わるのかな?物語が収束するところか、さらにどんどん盛り上がっていくのですけれど…。

そう。「to be conienued...」って書いていないだけで、この物語はまだまだ続くのでした。しかも今までのどれよりも気になる続き方で!うーむ。4はいつ出るのか…。早く出てくれないと、内容忘れちゃうので、お願いします!

と、全然感想になっていないことを書いてますが、とにかく面白かったです。正直「1」「2」の内容はかなりおぼろげになっているのですが、それでも面白い。(中でなんとなく触れてたりしますし)。すばらしい!わくわくして先が気になって、そしてお預けなのですが(笑)。さすが宮部さん。裏切りません!だから早く4巻を…(切実)!
| ま行(宮部みゆき) | comments(4) | trackbacks(4) |
ICO −霧の城− [宮部みゆき]
4062124416ICO -霧の城-
宮部 みゆき
講談社 2004-06-16

プレステのゲームを元に、宮部さんが起こした物語だそうです。これがゲームの原作というわけではなくて、ゲームありきでできた小説なわけですね。

私はこのゲーム、やっていないのですが、読んだらすごくやりたくなりました。あとがきで宮部さんも触れていたとおり、きっとこの小説とはまた違う世界なのでしょうけど、それでもやっぱりやってみたい!と思いました。

ファンタジーですが、やっぱり読んでいていろいろ考えさせられる部分が多かったです。どうして人は戦争をするのか、いがみあうのか…。何が正しくて、何が悪なのか。考えているとつらくなるようなことですけど、目をそむけてばかりいてもいけないのだなと思いました。

そしてこのお話、ラストがありません。というか、まだ続くみたいな形で終わります。読み終わった直後は、なんでここで終わっちゃうの!と思ったのですが、しばらくたってみたらこれが一番よい終わり方だったんだなと思えました。この先の物語をつむいでいくのは、きっと…。

ゲーム、ものすごくやりたいですが、でもきっと自分ではできないので誰かにやってもらって、それを見ることにしようかな…。(だって今までにクリアできたRPGは「ポポクロ」のみで、しかも半年かかったので、これは難しいそうなのできっと無理です。)

「僕が君を守る、だから手を離さないで」

言われてみたーい!
| ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(0) |
ドリームバスター2 [宮部みゆき]
4198616515ドリームバスター2
宮部 みゆき
徳間書店 2003-03-31

やっと2を読むことができました。近所の図書館には1しかなかったので…。というか続き物だということを知らずに読んで、「to be conienued...」と最後に書かれているのを見たときは結構ショックでした。

そして、この「2」また「to be conienued...」。ま、まだ続くんですね…。とほほ。「3」はいつ出るのかしら。

宮部さんの書くものは、やっぱりとても面白いです。途中でやめることができません。宮部さんの頭の中にある壮大な物語を、少しずつ少しずつ見ていっているような。あやふやだったものがだんだんしっかりその輪郭を見せてくるような、そんなおもしろさがあります。ただ面白いストーリーを読ませるだけでなく、苦しいくらいの現実や、目を背けてはいけないことも、ちゃんと書いてあって、それを自分に気づかせてくれるところが、宮部さんの小説のものすごい魅力です。

「ドリームバスター」もそういう物語です。本の表紙にびびって読んでいない方(私がそうでした(笑))ぜひどうぞ!
| ま行(宮部みゆき) | comments(0) | trackbacks(0) |