プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
中庭の出来事 [恩田陸]
410397107X中庭の出来事
恩田 陸
新潮社 2006-11-29

瀟洒なホテルの中庭。こぢんまりとしたパーティの席上で、気鋭の脚本家が不可解な死を遂げた。周りにいたのは、次の芝居のヒロイン候補たち。自殺?それとも他殺?芝居とミステリが融合した、謎が謎を呼ぶ物語のロンド。

↑帯に書いてあったこの文を見て、「気鋭の脚本家」って…まさか『チョコレートコスモス』の神谷さんじゃないよね〜♪、と冗談で思って読み始めたら!殺されたのは「神谷」だって文がいきなり。えー!じゃぁ続編ってこれのこと?!ひー。

…なーんて思いながら読み始めたんですが。で、読み終わったんですが。いやはや。なんとも。なんていうんですか、もう、なんともいえないですね。神谷がどうとか、彼が誰とか、だから何とか、なんかもう…!どうだっていいんです、そんなこと。

二回読みました。一度読んで、もう一度、今度は各章の内容と登場人物を片っ端からメモとりながら読みました。(テキストで打ってたらすごい量になった…)

そして、出た結論は…!

「わかりません」


より正確にいうと、わからないということがわかりました。メモなんて意味ありませんでした。はぁ!すごいわ!恩田さん!もう手の上で転がされてるっていうか、それどころじゃなくて踊りまくった感じです。ローリングじゃなくて、ダンシング。そしてそれがもう全然イヤじゃない。むしろ爽快。どうにでもして…!って感じです。いい意味で。はぁ、やられました。でも全力で取り組んだから、本望です。悔いなし!

どこからが現実で、どこからがお芝居で、どれがお芝居の中のお芝居で、誰が何を演じていて、演じていないのは誰なのか。もう、全部どうでもいいんです。わからないんです、ぐるぐるするんです、答えなんかないんです。ただ、読む。そして惑わされる。「なんなの?何がなんだったの?え?どういうこと?わかんないー!きゃー!誰かー!」というのが正しい読後感なのです。理論整然と説明がついて、すっきりする読後感じゃないと許せないわ!というタイプの方は、読まないほうが賢明です。…でも、読んだほうがいいですよ?だってこんな体験、本を読むことじゃなきゃできないから。

これが恩田さんが書きたいっておっしゃっていた「『チョコレートコスモス』の続編にあたるもの」なんだとしたら…私はそれにもやられたことになります。ぎゃふん!!恩田さん、最高です。
| あ行(恩田陸) | comments(11) | trackbacks(8) |
上と外 [恩田陸]
4344002997上と外
恩田 陸
幻冬舎 2003-02

両親の離婚で、別れて暮らす元家族が年に一度、集う夏休み。中学生の楢崎練は、離れて暮らしている小学生の妹・千華子と母・千鶴子とともに、考古学者の父がいる中央アメリカのG国までやってきた。ジャングルと遺跡と軍事政権の国。そこで四人を待っていたのは…。

恩田さんの既刊の本は全部読んだと思っていたのですが…なぜかこんな大作が抜けていました。どうして?どうして今まで気付かなかったのかしら…。アマゾンに画像がないから?!(わりと正解のような気がしているわたくし)。

もともとは文庫書き下ろしで、隔月連続刊行で六冊に渡って刊行されてたんだそうです。その六冊を集めて一冊の単行本にしたのがこれ、と。六冊!なぜ書店で見かけてもいなかったのかしら、わたくし。謎が謎を呼びますが、でもそのとき気付いてなくてよかったかも…。この物語を隔月で断片的に読ませられるなんて!そんな!先が気になって気になって気になって、夜も眠れません。というわけで当然一気読みでした。

以下、感想は若干ネタバレありです…ご注意を!

えーと、とりあえず一気読み!!はしたのですが、読み終わってみると…なんだかちょっと胸にもやっとした気持ちが残りました。原因はわかっているのです。この冒険の最後、最後の最後。今まで手に手をとって助け合ってきた二人がお互いを…というのがひっかかっちゃってるんです。そりゃ結果オーライでよかったですけど、でも…えーん。そりゃないでしょうと思ってしまいました。いや、妙にリアルなんですけれどね。よく考えたら彼ら中学生と小学生だし!(なんて立派なお子様たちなのかしら…)。

あと、なんだかこの物語は、確かにハラハラドキドキしたのですが、「主役は絶対無事なんだろうな」というのがわかりながら読んでしまうというか、いや、普通どんな物語だって主役はだいたい無事なんですが、それでも「あぁ、もうだめかも!」って思うことがあるじゃないですか。それがなかったかなぁと…ハラハラしつつもどこかで安心して読んでしまったというか。っていうかそもそも「成人式」を何が何でもここでやらねばいけない!という逼迫感があまり感じられずわからず。え?なんでさ?と。その設定に入り込めなかった部分もちょっとあったりします。

そんなわけで冒険シーンが個人的にはちょっとおしい感じだったのですが、全てが終わってからのエピローグの部分がとってもよかったです。全編を通じてここが一番好きかも(笑)。こういうのすごく好きです。もんじゃ焼き!…。

そしてこの物語でとにかくかっこいい!!と私が惚れてしまったのは、彼らのおじいさんです。か、かっこよすぎる…。最初から最後まで、とにかくこのおじいさんがかっこよくてしびれました。(職人に弱いわたし)。ラストの空港での再会シーン。はい、泣きました。(なぜここで泣く!と自分つっこみ)。

ハラハラドキドキ楽しくて、でもそれだけじゃなくて、大人と子ども、親と子、そんなものについてもなんだかいろいろ考えさせられる物語でした。深いです。
| あ行(恩田陸) | comments(6) | trackbacks(4) |
夜のピクニック(文庫版) [恩田陸]
4101234175夜のピクニック
恩田 陸
新潮社 2006-09

単行本持ってるのに…文庫が出たので買っちゃいました。そして再読。

何度読んでも、いいものはいいし、色あせないものは色あせません!じんわり。でも最初に読んだときの「あの気持ち」とはまた違う気持ち。どうしてだろう?すごく不思議です。名作っていうのは、こういうふうに、何度でも読みたくなって、そして読むたびに違う気持ちをくれるものなのかもしれませんね。
単行本を読んだときの感想は→こちら

読んでたら、なんだか自分も歩きたくなってきました。味わいたい、この足の痛さを、だるさを。そして後悔したい!(マゾ?)。一晩は無理だろうけど、なんかちょっと「たくさん歩く」イベントをそのうち個人的に開催するつもりです。本気。

文庫化早くないかな?って思ったけど、そうか、映画の公開が近いからですね。でも…やっぱり見たくないなぁ。この文庫にも帯やらチラシやらで、やたらと映画のビジュアルを目にする機会があるんですけど、こう、私の頭の中のイメージがぁ〜!今回読んだときすでに「杏奈」の顔がどうしても加藤ローサちゃんになっちゃって、戻せませんでしたからね…うぅ。ここまでで食い止めておきたい…。やめて〜!見せないで〜!

映画を見られた方から、「ホントに、ただ歩いてるだけで、これといった、すごいハプニングもなくて、見てる方としては、ちょっと、退屈」という感想をうかがいました。なるほど。原作がそういう話ですからね。本の内容紹介しようとしたって、それだけです。でもその「ただ歩いているだけ」を、何でもないただそれだけのことを、こんなふうに書ける恩田さんがすごいのです。特別なんです。魔法なんです。映画を見たら、本のすごさを思い知るだけのような気がする…。いや、もう十分知ってるんですけれどね。

そして文庫のいいところ。布教活動がしやすい!さっそくいもちゃんに貸してあげました。(無理矢理押し付けたとも言う)。妹よ!読め!そして共に歩こう(笑)。
| あ行(恩田陸) | comments(20) | trackbacks(10) |
象と耳鳴り [恩田陸]
4396631588象と耳鳴り
恩田 陸
祥伝社 1999-10

元判事の関根多佳雄が主人公の、謎解きミステリ短編集。

六番目の小夜子』に登場したマイフェイバリット関根秋くんのお父さんが主人公です。いや、彼だけでなく関根一家が入れ替わり立ち代り登場します。でも秋くんは出てこないの…ちょっとさみしいです。

なんとなく、わりと面白おかしい気軽な推理モノだろうという想像を(なぜでしょう?)していたのですが、全然違う、きっちりかっちりとシリアスな雰囲気の短編たちでした。どこで間違って覚えたのかしら、私。

読んでいると「過去のこんな事件で活躍をした」みたいな記述がちらほら出てくるのですが、それは既刊なのかしら、それとも架空の話なのかしら。気になって仕方ありません。調べなくちゃ…。(もう読んでたらどうしよう←ありうる)。

そしてこの本を羽田→千歳空港間の飛行機の中で読んだ私。恩田さんって…飛行機嫌いなんじゃなかったっけなんてことを思ってたら、死ぬほど揺れて怖かったです。スピードも出しすぎだし、がくんがくん揺れるし。半泣きでした。恩田さん、これは…の、呪いですか?!(私の本を飛行機に乗せるな!みたいな)。
| あ行(恩田陸) | comments(6) | trackbacks(5) |
ねじの回転―FEBRUARY MOMENT [恩田陸]
4087745856ねじの回転―FEBRUARY MOMENT
恩田 陸
集英社 2002-12

人類を悲惨な運命から救うべく、国連に歴史の介入点に選ばれた1936年2月26日、東京。時間遡行によって歴史を修復するため選ばれた安藤大尉らには別の思惑が…。著者新境地の歴史SF大作。

「不一致。再生を中断せよ。」私の耳にも、警告のアラーム音が聞こえてきそうな、そんな物語でした。ものすごくどきどきして、はらはらして、二日かけて読もうと思っていたこの厚さのこの本を、一日かからず一気読みしました。

SFモノなので、そのあたりが難しかった…けれどその難しさがなんともいえない魅力で、ものすごく引き込まれます。「なにがなんだかわからない」ことがすでに魅力なのです。正直読み終わった今も、「えーっと…なんだったんだろう…」という呆然とした気持ちです。どうなってしまったんだろう、何が起こったんだろう、何が起こらなかったんだろう。全然つかみきれていないまま、物語からぽんと放り出されてしまったような…。心臓がどきどきしています。でも「わけがわからなかった」というのとはまた違う感じなのです。はぁ、すごかった…。だって最後のこの二人の出会いは…だって、そういうことですよね?頭がこんがらがります。(でもそれが魅力…)。所詮、「歴史」という大きな流れのなかで、その手のひらで、転がされているだけなのかもしれません、私たちは。

そしてそういったSFとしてのストーリーや設定の面白さだけではなく、ここで描かれる「昭和維新」にかけた男たちの物語も、またものすごく感動的でした。何度も胸が熱くなったし、何度も泣きました。ほんとうに。

私は不勉強な人間なもので、2.26事件の正確な史実も、その事件が後の歴史に及ぼした影響も、なんとなくしかわかっていないのですが、それでもこれだけ面白かったんです。ちゃんとわかって読んだらどれだけだろう…と、考えただけで鳥肌が立ちそうでした。
| あ行(恩田陸) | comments(7) | trackbacks(8) |
ライオンハート [恩田陸]
4101234159ライオンハート
恩田 陸
新潮社 2004-01

「いつもあなたを見つける度に、ああ、あなたに会えて良かったと思うの。会った瞬間に、世界が金色に弾けるような喜びを覚えるのよ…。」17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマ、フロリダ。時を越え、空間を越え、男と女は何度も出会う。結ばれることはない関係だけど、深く愛し合って―。神のおぼしめしなのか、気紛れなのか。切なくも心暖まる、異色のラブストーリー。

再読です。

恩田さんの書くSFチックなラブストーリー。エドワードとエリザベス。歴史の中で、何度も何度も出会い、そしてそのたびに悲しい運命に引き裂かれる二人。でも何度別れても、また出会う。出会えば、相手がその人だと、自分の運命の人だとわかる。うーん、いいなぁ…。常に一緒にいることだけが、相手を愛すことじゃない。傍にいなくても、いつ出会えるかすらわからなくても、でもその人を想っている―。そんな愛もあるんだなぁ。切なくて、胸がぎゅっとしました。

「エアハート嬢の到着」「春」「イヴァンチッツェの思い出」「天球のハーモニー」「記憶」。各章ごとに、それぞれの物語を彩る「絵」がついています。とてもいいのです、それが…。「エアハート嬢の到着」と「春」が特に好きでした。特にミレーの「春」はもう、ほんとに素晴らしい!私が読んだのは単行本だったのですが、文庫版にも付いているのかなぁ。いや、絶対付いているはずと思いますが!(なかったら魅力が半減してしまう…そのくらい素晴らしいです)。

何度も繰り返して読みたい本の一冊です。
| あ行(恩田陸) | comments(5) | trackbacks(3) |
酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記 [恩田陸]
4062127636酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記
恩田 陸
講談社 2005-04-23

イギリスとアイルランドには行きたい。だが、飛行機には乗りたくない。そんな恩田さんが初めて挑んだ海外取材。イギリスで、アイルランドで、恩田さんが見たもの感じたものを綴ったエッセイ集です。

これが初エッセイ集だったんですね〜。『小説以外』を先に読んでしまったので、私にとっては二作目のエッセイ集です。

ひと言で言うと…「おもしろかった」!特に飛行機に乗る前にもうただひたすらびびってる恩田さんの脳内妄想が…最高でした。(そのたびにはさまれる挿絵?も笑えました)。その気持ち、わかりますっ!私も飛行機は大の苦手。なんであれ飛ぶんですか?あんなに重い鉄のカタマリが!飛ぶなんて!あぁ、全然理解できません。

そしてうれしかったのは、この取材旅行が「水野理瀬が登場するであろうイギリスを舞台とした新作」のための取材であると書いてあったこと!そうそれ!それを待っているのです〜ずっと!(まだ手を着けてないとも書いてあったけど…。でもこれ1年前の本だし!旅行自体は2003年だし!)。

取材中に恩田さんの頭に浮かんだ「イメージ」。どんなふうに、私たちの目の前に見せてくれるのか、すごくすごく楽しみにしています!

余談ですけど、
待つ間の長さ
逢ふ間の短さ
時のお腹は蛇腹です
堀口大學の『砂の枕』…詩集ですよね。読んでみたいなぁと思いました。
| あ行(恩田陸) | comments(9) | trackbacks(4) |
チョコレートコスモス [恩田陸]
462010700Xチョコレートコスモス
恩田 陸
毎日新聞社 2006-03-15

無名の学生劇団に入団した、一人の少女・佐々木飛鳥。演技経験などない、まったくの素人の彼女は、しかしその天才的な演技で周囲の人々を圧倒していく。一方、幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている若きベテラン・東響子。役者一家に生まれ、恵まれた環境で育ち、いつの間にかこの世界にいた自分に気付き、揺れ始める彼女。そんな中、伝説の映画プロデューサーが芝居を手がけるらしいという噂が流れ…。

おもしろかったー!すごく引き込まれて読みました。読みながらぞくぞくして、そのぞくぞくがずっと止まりませんでした。一気読みです。次々と語り手を代えながら進む物語、それがまた臨場感があるというか…ぐいぐい引っ張られました。一見、かなりの厚さのある本なのですが、全然感じさせません。

読んでいる間、やっぱりどうしてもたびたび「ガラスの仮面」が浮かんでしまう自分を止められませんでしたが(笑)…意識して書かれているんですよね?きっと。いや、でもなんというか、確かによく似ているのですが、似て非なるものというか、マンガはマンガのよさがあって、もちろんそれはそれでめちゃくちゃ素晴らしくって大好きで、でもこの本は本でまた全く違ったよさがあるというか、活字だけでここまで読ませる、目の前にこれだけの風景を繰り広げさせる、そのすごさをすごく実感しました。ほんとにすごいです。圧巻です。

そう、「ガラスの仮面」が大好きな私。あぁ、紅天女…続きはいつ出るのでしょうか??っていうか、お願いだから連載最後まで続いてください!(切望)。
| あ行(恩田陸) | comments(21) | trackbacks(19) |
ネクロポリス 下 [恩田陸]
4022500603 4022500611ネクロポリス 上
ネクロポリス 下
恩田 陸
朝日新聞社 2005-10-13

というわけで、読了。

もう、次から次へといろんなことが起こるので、何が事件だったか、何が謎だったか、えーっと、考えなきゃいけないのはなんだっけ?!という状態で。登場人物ともども、私もかなり翻弄されました。

その混乱のせいかどうか、いつもの「なんだかわからないけれど怖くてぞくぞくする」感があまりしなくて、そこはちょっと残念…。読みながらついつい宮部さんと比べてしまう自分がいたりもして。いかん!と思いました。

で、結局何が何でどうなったんだったか、読み終わってもぼーっとしてしまってよくわからないのですが…。えーっと…。え?再読?!

それにしても自分が「日本の文化」をあまり知らないという事実に改めて気付いて愕然としました。よくないですよね。自分の生きている国のことなのに。「かごめかごめ」って、「かごめ」って鳥だと思ってたし(かもめと混ざった模様)…。なんだか、いろんなことを知りたくなりました。変な効果が!
| あ行(恩田陸) | comments(6) | trackbacks(4) |
ネクロポリス 上 [恩田陸]
4022500603 4022500611ネクロポリス 上
ネクロポリス 下
恩田 陸
朝日新聞社 2005-10-13

「ヒガン」という不可思議な儀式が行われ、その期間中には「お客さん」と呼ばれる死者が現われるという土地―V.ファーを初めて訪れたジュンイチロウ。そこで発生する連続殺人、次々に起こる謎の出来事に巻き込まれていく彼。その真相は…。

やっと手元に届きました。現在読書中。感想は下巻まで読んでから…!
「東洋と西洋、過去と現在、生と死、あらゆる境界線が揺らぐ世界観を、いまだかつてないスケールで描き、ミステリーとファンタジーの融合を果たした恩田陸の最高傑作!」だそうなので、わくわく。

それにしても、おもわずうっとりしてしまう装幀です。並べると特に…。
| あ行(恩田陸) | comments(2) | trackbacks(2) |