プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
14歳 [千原ジュニア]
406213799214歳
千原 ジュニア
講談社 2007-01-13

人生最悪の14歳。それでも彼の答えに“死”はナイ。幻の自伝的小説

私はテレビというものをほとんど見ない人間なので、「千原兄弟」なるお笑いの人(ですよね?)のことは全く知らず、ぶっちゃけ顔も知らない(かろうじて名前だけは)くらいの勢いなのですが…貸してくださる方がいたので、読んでみました。

この言葉が、この人の書く言葉が、まったく身に突き刺さらない、私は幸せに育ってきた人間なのだと思います。ここで私が言う「身に突き刺さらない」ということは、心を動かさないということとは違いますが…。与えられた環境にさほど疑問を持つこともなく、もったとしても日常にまぎれてすぐに忘れ、何かを自主的に求めるでもなく、自分に何が不足しているのかを突き詰めることもなく、乾きを知らず、そのまま育ってきた人間です、私は、たぶん。こういうふうな「14歳」じゃ、きっとなかった。

そんな私がこれを読んで感じることは、「こうなってしまった人間を相手にしたときに、私はどう向き合うことができるんだろう?その人のために何ができるんだろう?どんな言葉を渡せるんだろう?」という疑問でした。こんな、答えのないことしか感じられない自分が、ふがいなくもあるのですが…。読んでいて、彼の気持ちが、考えが、親にうまく伝わっていないことが、なんか一番もどかしくてつらかったので…。

なにはともあれ、こういうことを、こういうふうな言葉で綴れる、文章にして表に出せるって言う、そのことがすごいと素直に思いました。
| た行(その他) | comments(2) | trackbacks(0) |
あなたがパラダイス [平安寿子]
4022502584あなたがパラダイス
平 安寿子
朝日新聞社出版局 2007-02

独身のまま母と二人暮しを続け、あとくされない軽い恋を楽しみ、「この世は仮面舞踏会」と思って生きてきた敦子。相次ぐ両親たちの介護問題に翻弄されるまどか。自分の身に突然起こった離婚という事実に打ちのめされている千里。彼女たちが共通で抱える悩みとは…。「おっとどっこい」「ついに、その日が」「こんなはずでは」「まだまだ、いけます」を収録した小説集。

おぉ、これは名作!今まで読んできた平さんの本のなかで、一番びしっときたかも。女性に、そして全てのジュリーファンに捧ぐ!と勝手に帯を考えそうになるくらいでした。

更年期、親の介護、この先長い自分の人生…私にはまだまだ遠くに見える問題(それ以前の問題がまだ山積みというか)たちですが、今現在四十代後半とか、五十代前半あたりの女性が読んだら、思わず拍手喝采するんじゃないでしょうか。私はそこからは外れてますけど、でもそれでもほんとうにこの本はすばらしい!と思いました。自分が体験すらしていないものを、リアルだと感じさせる、このすごさはどうでしょう。

私は全然ジュリー世代じゃないですけど、でも思わず聞いてみたい、今のライブにも行ってみたい、そんな気持ちに本気でなりました。のしかかってくる現実に、でもまだまだ負けないでがんばろうよ、大丈夫だよって、元気とパワーをくれる一冊です。自分が更年期をむかえたら、絶対もう一度読みます。誰にもやってくるのですから、それは!
| た行(その他) | comments(2) | trackbacks(0) |
海に落とした名前 [多和田葉子]
4104361038海に落とした名前
多和田 葉子
新潮社 2006-11-29

乗っていた飛行機が海に不時着。無事機内から脱出し、生き延びたと思ったのも束の間、「わたし」はすべての記憶を失っていた。手がかりは、ポケットの中のレシートの束だけ。スーパー、本屋、カフェ、ロシア式サウナ…。熱心に過去を探る謎の兄妹があらわれて、「わたし」の存在はますます遠のいてゆく。表題作のほか「時差」「U.S.+S.R. 極東欧のサウナ」「土木計画」の全四篇が収録された短篇集。

このタイトルに惹かれて読んでみたのですが…なんとも…不思議な本を読んでしまいました。ほええ。初読みの作家さんだったのですが、こういう雰囲気?なんだかとっても不思議。なんとなく、本とか物語とか、そういう枠を超えているような感じ…。ノックアウトされました。

最初の「時差」を普通に読みはじめたところ「はて、途中でいきなり語り手が変わっておる…!びっくり。まぁでもこういう書き方なのか…これも味というものね」なんて余裕ぶっこいて思っていたら、次の「U.S.+S.R. 極東欧のサウナ」でさらにびっくりする羽目になり、タイトルの意味もすでにわからず、それでもこれはなんかすごいと思いつつなんとか読み終え、「土木計画」でこれまた「ぬお!」とびっくりし、(でもこれが一番意味がわかりやすいといえばわかりやすいかも)、最後の「海に落とした名前」では、はい、もう私はどこへ連れて行かれてしまったのでしょうか…と。でも悪くない感じ。途中で投げたしたくもならない感じ。不思議です…。

レシート、そこに書いてあるものは、お店の名前、そして商品の名前、値段。

お客の私の名前が書いてなくて、店の名前は書いてあるというのは、お店のナルシズムの証拠としか思えません。
読み終えてから思わず財布に入っていたレシートをしみじみと眺めてしまいました。私が選んだお店で私が選んで買った商品なのに、ここから私のことは何もわからない。すごく不思議な感じがしました。不安になりました。彼女の言いたいことがすごくわかるような…、至極もっともだ…とあらためて思いました。
| た行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
十一月の扉 [高楼方子]
4101298718十一月の扉
高楼 方子
新潮社 2006-10

双眼鏡で外を覗いていて、偶然素敵な洋館「十一月荘」を見つけた中学二年の爽子。転勤で引越しが決まっていた家族を説き伏せ、転校前の数週間だけ十一月荘に下宿することになった爽子は…。

うわー、すごくいい本でした。すてきな本でした。すごくいい本でした。すごくすてきな本でした。書きすぎ?でも…ほんとにすごくいい本だったんです。

本屋さんで見かけて、なんだかこの本が私を呼んでいる気がする…と思いつつ、読んだことのない作家さんだし、と躊躇すること約1ヶ月。でもこのタイトルなんだから11月中に買わねば!と思いたち、ぎりぎり11月最終日に買って、その日のうちに読みました。読んで、1ヶ月もこの呼ぶ声を無視していた自分を…バカだ!と思いました。

主人公は中学二年生の女の子・爽子。2ヶ月の間だけ「十一月荘」で暮らすようになった女の子。彼女と、彼女をとりまくほかの住人たちのあたたかい交流、そして、彼女が手に入れた一冊のノートに書き綴る『ドードー森の物語』…。この本の中で語られる爽子の心の動き、そしてその健やかさに、心が洗われたようになりました。いい年して、こんなずーっと年下の女の子に…って思われるかもしれませんが、私はすごく爽子に励まされました。バカみたいに単純だけど、「未来はきっと明るい」って、信じる力をもらいました。

激しい不機嫌さや不愉快さは、以前からしばしば爽子を襲い、その感情をどう処理することもできないために、あとでは必ず自己嫌悪に陥った。なぜなら、不機嫌も不愉快も、その素は自分の中にあり、神経に触る何かしらの対象によって、それが呼び覚まされるのだということを、常に知っていたからだった。激しい感情の渦の只中にあってさえ、爽子はそのことに気づいていた。
そんな爽子に共感している私は、うんうん、そうそうって、涙ぐみそうになった私は、ほんとうに幼稚ってことなんでしょうか?それとも爽子が大人?でも…どっちでもいいです。この本を読めてよかったです。
| た行(その他) | comments(8) | trackbacks(3) |
ブラバン [津原泰水]
4862380271ブラバン
津原 泰水
バジリコ 2006-09-20

「結婚式の披露宴で高校時代の吹奏楽部のバンドに演奏してほしい」―当時の先輩・桜井からそんな依頼をされた他片。四十代になり、今はそれぞれの生活を送っている総勢三十四名のメンバーたち。「再結成」のために動きだした彼らと、他片が思い出し語るあの時代は…。

(えー、自己紹介。元吹奏楽部です。担当はトランペットです。)

わりと読み終えるのに手こずりました。一気読み…という感じでもなかったかな?

最初に本を開いて驚いたのは、まずその登場人物の多さ(笑)。巻頭の「登場人物表」を見ただけで、こんなに出てくるのか!とちょっと気力が萎えました…が、この同じ登場人物表が、わざわざ別に一枚取り外された形で本に挟まってるのを見て、観念しました(笑)。「がんばってください!」ってことですよね、がんばります、がんばりました。

そして、それだけの数の登場人物を、ちゃんときっちり細かいところまでまぁよく書いていらっしゃいます。すごいなぁ。これ、それぞれにモデルがいるのかな?と思っちゃうくらいのディティールの細かさ。いろんな部活内のエピソードも実際あったことなのかなぁとか。そのくらいにきっちり細かいです。

ちなみに私はこのタイトルから勝手に「楽器!練習!音楽!コンクール!青春!熱いわ!!」みたいのを想像していたのですが、違いました。(ちょっと残念)。吹奏楽は、メインテーマというよりは…あくまでも舞台なんですね。でもこれはこれで…物語としてはよいのかな、と。って思いながら読んでたら、本文中にも「もともと僕が記録したかったのは四十路の僕たちが再び集結するプロセスであって、高校時代のエピソード群はそのための背景描写に過ぎない」って書いてあったので、あぁ、やっぱりそうなのね、と。そもそも語り口がテンション低いので、熱く読めないです(笑)。

私が吹奏楽をやっていたのとだいぶ時代が違うので、出てくる曲などにあまりなじみがなく、登場するミュージシャン名もさっぱりわからず(仮にも音楽業界にいるのにいいのかそんなことで)、そのへんはわりと読み飛ばしてしまったのですが、分かる方にはすごく「懐かしい!」んじゃないかなぁと。そういうノスタルジーも感じられるのではないかなぁと思います。なにしろジャズが良く分からなくて…(トランペットだったのに)。

そして非常に個人的な感想なのですが、表紙のトランペットの持ち方に何かこう、違和感があるのですが…。左手の薬指ってトリガーにひっかけるよね?なんか、こう、位置が違うような…薬指があるべきところに小指があるような…。人差し指の位置も微妙なような…ま、どうでもいいっちゃいいのですけれど…。思いいれのある楽器だけに、つい。

四十を超えたら、もう一度読んでみたいです。
| た行(その他) | comments(8) | trackbacks(10) |
トリアングル [俵万智]
4122047080トリアングル
俵 万智
中央公論新社 2006-09

薫里は33歳のフリーライター。仕事は順調で、妻子ある年上の恋人ともうまくいっている。年下の圭ちゃんは新鮮な喜びをくれる存在。同時に動きはじめた二つの恋はどこへ向かうのだろう…。しなやかな意志をもち、自然体でいきる女性を描いた著者初の長編小説。

俵さんの小説というものに興味があったので読んでみました。普通の小説と違って、随所に「短歌」が織り込まれているのですが、それがまた…なんというか。普通だったら、読んでいて急に短歌が出てきたら、なんとなく気分をそがれてしまうような気がするのですが、この本に限ってはそんなことはありません。むしろ、どんなに長く文章を書くよりも、ずばっと伝わってくるものがあって、それぞれに鮮烈な印象を残します。

ストーリーとしては…そう目新しいものではありません。どちらかというとテンション低めで、淡々と綴られる物語。あんまり人間臭くない感じ。こんなに都合よくステキな男性っているんだろうか…、こんなにかっこいい恋愛って存在するんだろうか…とうらやましく思ってみたりもしました。あとちょっと思ったことは、誰かと何かをしているときに「あぁ、来年のこのときも、この人と一緒にいるのかなぁ」って思うことって、ちょっと悲しくないかな…ってこと。少なくとも私は、そう思うときの自分が悲しい、です。

私はこの主人公の「薫里」とは全然違う考え方を持っているけれど、でもここで描かれる彼女が感じている気持ち、それがいちいちすごくリアリティがあるというか、わかるなぁというか、そこだけは「人間臭い」なって思いました。彼女はクールで取り乱さないだけで、中身は同じなんだなぁって。(私はものすごくとりみだし、そんな自分を自分で許すダメなタイプ)。

恋愛、結婚、出産、こういうふうに考えられたら、私も楽になるのかなぁ…。
| た行(その他) | comments(6) | trackbacks(1) |
チョコレート革命 [俵万智]
4309011330チョコレート革命
俵 万智
河出書房新社 1997-05

男ではなくて大人の返事する君にチョコレート革命起こす
たまにはこういうのも読んでみようかなぁと…。

五・七・五。たったの三十一文字。それだけでこれだけのことを伝える、歌の力ってすごいなぁと思いました。そして、言葉というのは人に何かを伝えるためにあるのだなぁと、誰かに何かをどうしても伝えたくて、そのために人は言葉をつかうのだなぁと、そんなことをあらためて思いました。

あとがきがまた、読み応えのあるあとがきでした。

あと何年早く出会えていたら、とか、タイミングがもう少し遅ければ、とか、人は言うけれど、そんなのは贅沢なわがままだ。ないものねだりでしかない。出会えたこと、そのことに私は感謝したいし、感動もする。だって、ほんの百年ずれていたら、二人は会えなかったのだから。
タイトルにもなっている「チョコレート革命」という言葉。その言葉の意味もあとがきで触れられています。恋には大人の返事などいらない。君に向かってひるがえした、甘く苦い反旗。これを読んで、もう一度、心臓をぎゅっとされたような気持ちになりました。

それぞれに始めねばならぬ朝のため午前三時のバイク見送る
この歌集に収められている歌のような「恋」。人を思って揺れる心。ぐっと空気を吸い込んで、ふうってはいて。空をながめたくなるような、そんな気持ちになりました。
| た行(その他) | comments(4) | trackbacks(0) |
踊るナマズ [高瀬ちひろ]
408774793X踊るナマズ
高瀬 ちひろ
集英社 2005-12

もうすぐ生まれて来るお腹の子どもに語りかける弥生。彼女が語るのは十四歳のころ、クラスの同級生といっしょに聞いた、村に伝わる「ナマズ」の伝説で…。

この奇妙なタイトルにかなりひいてしまい、図書館で見かけて気になってはいたものの、読まずにいたのですが、なかなか評判がよさそうなので読んでみました。タイトルに「ナマズ」とついてはいるものの、さすがに中身はナマズと無関係だろうと思っていたのですが…ところがどっこい、1ページの中に「ナマズ」という単語が出てこないことはないというくらい、最初から最後まで「ナマズ」の話でした(笑)。

物語は最初から最後まで一人称の「語りかけ」で綴られるのですが、それがなんだか淡々と静かな雰囲気で。(まぁ内容はナマズですけど)。自分が水の中にいて、その外の音を聞いているみたいな気持ち…?(ちなみに私は「」のついた会話文のない本は全体的に静かと感じる傾向にあるようです。はい)。オチ(?)は途中で読めましたが…でもなかなかよかったです。評判に偽りナシ。シリアスにエッチなのともセクシーなのとも違う、でも甘すぎるわけでもない、こういう雰囲気を感じさせる本って、なかなかないんじゃないかなと思いました。

一緒に「上海テレイド」というのも収録されているのですが、これはなかなか難解なシロモノでございました…。禁断の愛?うーむ。私も頭痛が…。

それにしても「すばる文学賞」って…なんか色がつかめないんですけど、私(笑)。
| た行(その他) | comments(5) | trackbacks(3) |
夜市 [恒川光太郎]
4048736515夜市
恒川 光太郎
角川書店 2005-10-26

高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた大学生のいずみ。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていて…。選考委員激賞の、第12回日本ホラー小説大賞受賞作「夜市」他、「風の古道」収録。

直木賞候補作へのエントリーが発表されたときに図書館に予約をいれて、今頃手元にやってきました。すっかり忘れてましたですよ…。

ホラーっていうから、すごく怖くてぞくぞくするのを想像してたんですけど、なんか普通でした。あれ?ちょっと拍子抜け…。これくらいだと私の中では「ファンタジー」ですが。あれ?そんなことないですか?ストーリーもなんか予想通りの展開というか、あぁ、こうなって、こうなって、やっぱりこうくるんだよね。え?終わり?的な。よくできてはいるんでしょうけど、私としては可もなく不可もなくという感じです…。だってなんかこの二人、全然会話成り立ってないし…。大学生でしょ?もっとちゃんとしなよ!冷静に行動すればいいじゃん!とか…あはは。(男らしくてすいません)。

どちらかというと、同時収録されていた「風の古道」の方が好きだったかも…。なんかダメだしをしているような感想になってしまいましたが、好きな感じではあったので、他の作品も読んでみたいと思います。
| た行(その他) | comments(13) | trackbacks(8) |
冷静と情熱のあいだ―Blu [辻仁成]
4043599013冷静と情熱のあいだ―Blu
辻 仁成
角川書店 2001-09

あのとき交わした、たわいもない約束。10年たった今、君はまだ覚えているだろうか。やりがいのある仕事と大切な人。今の僕はそれなりに幸せに生きているつもりだった。だけど、どうしても忘れられない人、あおいが、心の奥に眠っている。あの日、彼女は、僕の腕の中から永遠に失われてしまったはずなのに―。切ない愛の軌跡を男性の視点から描く、青の物語。

10年という時を越えて、それでも心の奥に残る思い。ずっと忘れられない人。そんなものをちょっと信じてみたい今日この頃、なんだか急に思い立って、ものすごく久しぶりに再読してみました。

最初に読んだときは映画を見る前だったので、自分なりにイメージしていた絵があったのですが、映像を一度見てしまうともうあの「絵」で固定されちゃってダメですね。もう竹之内豊の顔しか浮かばない…。いや、映像ってすごいなって思いました。(←本の感想じゃないし)。

やっぱり私は辻さんの書く「日本語」が若干苦手なようで…。なんか、なんか、こう、しっくりこないんですよね…。そして、辻さん→江國さんの順で読むことにした私の判断は、正しいのか否か…。
| た行(その他) | comments(2) | trackbacks(0) |