プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
四度目の氷河期 [荻原浩]
4104689033四度目の氷河期
荻原 浩
新潮社 2006-09-28

生まれたときから母と二人暮らしのワタル。常に付きまとう「父の不在」という影に加え、容姿も他の子供とはどこか違う彼。何をやってもみんなと同じに出来ず、それが原因で周囲から辛くあたられる孤独な子供時代を送っていたワタルだが、ある日母がどうしても語らない「父」に関する重大な秘密を発見する。その瞬間から、少年の日々は変わりはじめ…。

十七歳十一ヶ月の「今」から、子供時代を振り返る形で物語がスタートするわけですが、かなり長い期間の話を、上手く書くなぁと思いました。おぉ、成長している!というのが読んでいるとすごくわかるというか。

しかしこの物語全体を支配するのが「クロマニヨン人」。語られている期間が長いとはいえ、基本的には「自分探し」のシンプルな物語。しかし青春小説…としてシンプルに読むには奇抜な発想で、そこが非常におもしろい点なのですが、それに惑わされてどういう読み方をしていいのかわからなくなり、ちょっと戸惑ったりもしました。ベースをどこに置いて読んだらいいのか分からなくなったというか。まぁそれもまた貴重な読書体験…。おもしろかったです。重いテーマなのかもしれませんが、ものすごく深刻になりすぎずに、ユーモアもちりばめつつこのラストまで持っていくというのは、さすが荻原さん!と思いました。

地球の歴史から言えば、いまはつかのまの夏だ。人類はみんな宿題を片づけないまま、永遠に夏が続くと信じこんでいる。計画性のない小学五年生みたいに。
確実に今日と同じ明日がくるなんて保証、どこにもないんですよね…。わかっているようで、本当にはわかってないな、私。

ラストで主人公は十七歳。これからまだまだたくさんいろんなことがあるだろうし、ここで誓ったことなんて、今は本気でも後で笑い話になるのかもしれないけれど、でも、がんばってほしいし、彼ならきっと大丈夫、たくましく生きていってくれる!と思いました。自分という存在なんてものすごくちっぽけで、でもそれでも世界に一人しかいない自分なんだってこと。彼はもうわかったから、絶対に大丈夫。うん!

【ものすごくくだらない追記】
たまに…、たまにですけど、どうしてもひっかかる「文」が出てきて、ひっかかってしまった自分がいたりしました。例えば「ドアの鍵を開ける時にジグソーパズルのピースが嵌る時のような音がした」って…そもそもピースを嵌めるときに音なんかしないよね?とか、『おお牧場はみどり』、の「みどり」の部分で声がかすれるって、一番高いのはそこじゃなくて「牧場は」の「は」のところのほうだと思うんだけど…(そこでしばらく実際歌ってみたりした私)とか。すいません、すいません、すいません。重箱の隅をつついてます。妙に印象に残ってしまったので一応書いておこうかなぁというだけの追記でした。
| あ行(荻原浩) | comments(13) | trackbacks(12) |
誘拐ラプソディー [荻原浩]
4575509701誘拐ラプソディー
荻原 浩
双葉社 2004-10

借金に追われ、切羽詰って雇い主を殴って金と車を持って逃げた伊達秀吉。もう自殺するしかない…と思いつつも、踏み切れないでいた彼の前に現れたのは…。

荻原さんらしいお話だったなぁというのが全体を通じての感想です。これはもうほんとに無理だ!絶体絶命!っていうくらいのリアルに過酷な状況。そしてそんな状況の中、駄目な人間はとことん駄目。でもそれを突き放して冷たく描くのではなく、作者の目はどこまでもあったかい…。シリアスで、それでいてユーモアにあふれていて。いいですね、こういうの。

どん底だった彼の目の前に現れたのは「子ども」です。思いついきでその子を誘拐することにした秀吉ですが、その子が実は大手のヤクザの親分のお坊ちゃま!ヤクザに警察、さらには香港マフィアまで巻き込んで繰り広げられる大騒動。なんか映像化したらおもしろいものが出来そうだなぁと思いました。「あいや〜!」とか、ちょっと絵で見てみたい(笑)。

ちなみに、私が読んだ文庫本の表紙の絵はこのアマゾンの画像の絵ではありません。見ているだけで、この本の全てが伝わってくるような、かわいくてあったかくてステキな表紙でした。気になる方は書店で新装丁の文庫を…っていうか早く直そうよ!アマゾンさん!
| あ行(荻原浩) | comments(0) | trackbacks(2) |
明日の記憶 [荻原浩]
4334924468明日の記憶
荻原 浩
光文社 2004-10-20

広告マンとして忙しい日々を送っていた佐伯。体調に不安を感じ、病院で検査を受けたところ、「若年性アルツハイマー」と宣告された彼は…。

正直読み始めは「また広告業界の人の話…」と思ってしまったりもしましたが。名前だけは有名だけど、実はよく知らなかった「若年性アルツハイマー」というものについて、こういう病気なのか…という理解が得られたのはとてもよかったと思います。でもその「こういう病気」ということが、この物語の主人公から伝わってくるのかというと、ちょっと「うーん…」と。説明されていることと、実際の主人公の様子が違いすぎるかなぁと。初期症状なだけでしょうか?

実際にこの病気にかかったら、そしてそれがこの本の中で説明されているような病気だとしたら、こんなに美しくはいかないんじゃないかなぁとどうしても思ってしまうのです。奥さんなんか、できすぎててとても同じ人間とは思えません。実際にそういう患者さんと接されている方が読んだらどう思われるのかなぁ…。症状は人それぞれと言ってしまえばそれまでですが。

病気を宣告された本人の心の葛藤とか苦しみとか、そういうものについてはすごくいいんじゃないかと思いました。その怖さや恐怖はすごく伝わってきました。これが効きそうだといったら片っ端から試したりする姿や、妻のためにとか、娘のためにとか、孫のためにとか、必死で自分を律してなんとかしようともがく姿には、ちょっと胸打たれました。

でもそういう「記憶に障害が起こる病気」を描いているのに、この物語はそもそも一人称で描かれていて、そこが中途半場だった気がします。最初のうちはいいですけど、進行したらどうするの?とか思っちゃうわけです。さらに一人称語りのうえ、彼の書く日記も引用されてたりしますし。はて…どっちかでいいんじゃないの?と思ってしまいました。あ、でも日記だけじゃここまで克明に心情を語れませんよね…。普通の人はこんなに文章書かないし。だとするとやっぱり日記はいらなかったのかしら?なんか、読んだ人は全員そう思ったと思うんですけど、この日記「アルジャーノン」ですし…。

そんなわけで、ラストはこうなるだろうなぁと思っていたラストだなという感想。やっぱりここまで書いてあとは余韻なんだなぁと。それが悪いとかじゃなくて、美しいシーンなんですけど、でもとりあえず、私はこれを読んで泣いたり胸がいっぱいになったりはしない人種であったようです…。

「本屋大賞メッタ斬り」での大森さんのコメント」での大森さんのコメントに激しく同意して終わりたいと思います。

ところでこれ、「あすのきおく」ですか?「あしたのきおく」ですか?
わたしは「あす」だと思ってたんですけど…。
| あ行(荻原浩) | comments(11) | trackbacks(13) |
ハードボイルド・エッグ [荻原浩]
4575233811ハードボイルド・エッグ
荻原 浩
双葉社 1999-10

「探偵になるために生まれてきた」男にして「心はいつも探偵」な主人公。脱サラして探偵事務所を開くも、来る依頼は動物の捜索願いばかり。秘書を募集してみれば応募してきたのはとんでもないお婆さん。そんな彼の目の前で、ついに起こった事件とは…。

最初のうちこそずっこけ探偵のずっこけが予想できてしまうというか、オチと展開が読めちゃうなぁ、これはちょっとどうかなぁ、なんて思っていたのですが、事件が起こってからはもうどうなるのかわからずどきどき、最後まで一気に読みました。そして泣きました。(電車の中だったのに!)

この探偵のへっぽこぶりが、まぁどこかでみたことのある「へっぽこ」なのですが、徹頭徹尾、最後までへっぽこなのが、もうすばらしいと思いました。こういうゴーングマイウェイな男の人、いいですね…。私は好きです。そして、途中に出てくる「犬」のシーンにもまた心打たれ、思わず涙がにじんでしまった犬好きの私。犬って、あの子たちって、ほんとにもうなんてけなげ…!

おもしろおかしいけれど毒もあり、切なくてホロリともさせる。ハードボイルドのパロディにみせかけて、ちゃんとハードボイルドでした。(そうか、「ハードボイルド」って「かたゆで卵」からきてるんですね…。勉強になりました。)

本文の最初と最後についている「挿画」も、読み終わって見ると、あらためてとてもいいです。そしてレイモンド・チャンドラーの「フィリップ・マーロウ」シリーズを読んでいれば、さらに楽しめること請け合いです。
| あ行(荻原浩) | comments(4) | trackbacks(7) |
なかよし小鳩組 [荻原浩]
4087475573なかよし小鳩組
荻原 浩
集英社 2003-03

倒産寸前の広告代理店・ユニバーサル広告社に舞いこんだ大仕事は「ヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略」!やめるにやめられず引き受けるハメになったコピーライター杉山ですが、そんな中、別居中の娘まで転がりこんできててんやわんやに。会社のために、そして娘のために、杉山の奔走が始まります―。

オロロ畑でつかまえて』の続編にあたる作品です。前作で活躍したユニバーサル広告の杉山が今回の主人公。仕事にプライベートに、孤軍奮闘するお父さんの姿がユーモラスに描かれます。

せっかくヤクザという特殊な(?)人々を描いているのだから、それをもっと深く掘り下げて欲しかったかも…とか思いつつ、(組長さんとか、なんか印象薄かったので…)、でもなによりもう早苗ちゃんがかわいくて、お父さんの気持ちが痛くて、最後は泣きました…。ここまでは笑って読んでたのに。

今のところ荻原さんの作品の中ではこのシリーズが一番好きかもです!
| あ行(荻原浩) | comments(4) | trackbacks(10) |
コールドゲーム [荻原浩]
4062114569コールドゲーム
荻原 浩
講談社 2002-09

高校三年生の夏。中学時代のクラスメイトに次々に降りかかる奇妙な事件。犯人はいじめられっこだったあの男なのか??事実を突き止めるべく動き始めた光也たちでしたが…。

この物語のテーマになっているのは「いじめ」。とても重い問題です。この物語は、読んでいて登場人物の誰にも感情移入できないというか、誰の味方になったらいいのかわからないという、そういう珍しい物語でした。いじめられる側、いじめる側、どちらにも立てない、立ちたくないというか…。どちらでもない、傍観者であることもいやで。「いじめはよくない」ただそれだけではすまないことのような気がするのです。ただ悲しいと思いました。

自分でも不思議なのですが、この本は途中でやめられませんでした。おもしろいとか、先が気になって仕方ないとかいうのとは違うのですが、それでも一気に読まされました。そして、この物語を書いて、荻原さんが何を伝えたかったんだろう?ということを読んでからずっと考えています。まだ答えがでません。

きっと現実はこんなもんじゃない、もっと、ひどい。この本で描かれているのはほんの上っ面。そういう気持ちも残りました。あえて淡白に、迫力みたいなものは感じさせないように書いているのかなとも思ったのですが、そういう書き方をして、何を伝えたかったんだろう…。所詮第三者にとってはこんなもんだというその怖さでしょうか?それともただ「思い出せ」ということでしょうか?

そんなわけで、物語としての評価は私の中で決して高くないのですが、妙に心に残る本でした…。
| あ行(荻原浩) | comments(10) | trackbacks(6) |
神様からひと言 [荻原浩]
4334923739神様からひと言
荻原 浩
光文社 2002-10

騒ぎを起こして大手広告代理店を首になった佐倉。再就職先のラーメンメーカーでも問題を起こした彼が飛ばされた先は「お客様相談室」。そこで彼が出会った人々、そして明らかになったこの会社の実態とは…。

痛快なサラリーマン小説です。共感する人も、よくやった!気分爽快!って思う人もたくさんいそうです。コメディタッチですし、おもしろいはおもしろいんですけど、でもなんだか私にはいまいち…。物語ができすぎでリアリティがなかったというか、それはそれで「小説」なんだからいいのだとも思いますが、そうは言っても設定はわりとリアルなので、どうも中途半端で、うまく溶け込めなかったんです。その肝心の「物語」がバラバラしちゃったというか、いろいろありすぎて、どこで一番盛り上がったらいいのかよくわからなかった…。「神様」も要るんだか要らないんだか微妙でしたし…。

でも、会社って何だろうって考えるシーン、「みんな、何が怖いんだろうな…人のことは言えない。俺もだよ…俺は何が怖いんだろう。」と自問するその言葉は、すごく心に残りました。現実はこんなふうにうまく行きやしないんだろうけど、でも、何かしなくっちゃって、できるような気がする力がわいてくるような物語でした。

そして「げんこつ亭」の親父さんの言葉もすごくよかったです。元気をもらいました。「何をやろうが、死にゃあしない」「なめんじゃねぇよ。死にゃあしなくても、死ぬほどつらいことはあるんだ」。私にはこちらの親父さんの方がよっぽど「神!」でした。
| あ行(荻原浩) | comments(5) | trackbacks(11) |
オロロ畑でつかまえて [荻原浩]
4087743160オロロ畑でつかまえて
荻原 浩
集英社 1997-12

「村おこし、すべ」。そんな一言から始まった、山奥のど田舎、大牛郡牛穴村の村人たちと、東京の弱小広告代理店の仕掛けた「村おこし」の秘策とは…?!

この村の人たちがなんかもうユーモラスでしょうがなくて、面白おかしく読みました。それにしても彼らのこの「秘策」、こんなんでこの後どうするんだろう?!と、読みながらハラハラしていたのですが、そこはすてきなサプライズが!うーん、よかったなぁ!読後感もとても気持ちよい物語でした。

それぞれの章のタイトルのあとに、辞書の抜粋みたいなそのタイトルの解説が入っているのですが、それがまた面白くて。くすくす笑っちゃいます。(伊坂幸太郎さんの『陽気なギャングが地球をまわす』を思い出しました!)

作者さんが元コピーライターだというだけあって、広告代理店のシーンはおみごと。特にこの代理店のコピーライターさんが考えるキャッチコピー。わたしは「どれもいけてる!」と感心してしまいましたです。はい。

そしてラストも含め全ては作中に出てくるこの一言につきるのかなと思います。

「裏の庭で見つからないものは、どこ行ったって見つからない。」
ちょっと自分の周りを見渡してみれば、すてきなことはたくさんあふれてるんですよね。そう、すぐそこに…!

ちなみにこの物語、最後まで読んだら、その先の「作者紹介」までちゃんと読むことをオススメいたします。ふふふふふ。
| あ行(荻原浩) | comments(10) | trackbacks(11) |
噂 [荻原浩]
4062104636
荻原 浩
講談社 2001-02

「女の子を殺して足首を切る殺人鬼レインマンが出没している。でもこの香水をつけていれば狙われない」。新しい香水を売るために仕掛けられたニセの噂。しかしその噂通りの殺人事件が発生してしまいます。刑事・小暮は犯人逮捕のため捜査を続けますが、また同じ手口殺害された被害者が発見され…。

めずらしく途中で犯人がわかりました!ハナタカダカでした。いや、しかーし!私はまだまだ甘うございました。調子に乗って申し訳ありませんでした。最後の最後まで気を緩めずに読んでほしいと思います。このラストのためにこの小説全体があると言っても過言ではありません…。ひゃー!

基本的には警察が犯人を追う姿を描いて物語が進むのですが、途中には思わず笑いがこぼれてしまうようなシーンもあって、登場人物たちもステキな人がたくさんで、特に渋谷の女子高生たちがよかった!警察に集まっての「参考人聴取」のところが特に大好きです。

でも…この「ラスト」のその後のことを想像すると、ちょっとなんとも言えない気分になるのでした。ぞくり。そういう意味では、これはおもしろく見せて、実はとても怖い小説なのかもしれないです。噂の怖さ、人の怖さ。この本が単純な、犯人さがしのミステリィなんかではないことは、とりあえずお約束します。
| あ行(荻原浩) | comments(23) | trackbacks(14) |
メリーゴーランド [荻原浩]
4104689017メリーゴーランド
荻原 浩
新潮社 2004-07-01

東京で働いていた会社を辞め、地方公務員として地元「駒谷」に帰ってきた遠野啓一、三十六歳。市役所で働いていた彼が出向させられたのは「駒谷アテネ村リニューアル推進室」。超赤字のこのテーマーパークを立て直すため奮闘する彼の前に立ちふさがるものは…。

公務員って、役所って…。ほんとにこんななんでしょうか!腹立たしい(笑)。ここにいるのが私だったら、かなりイライラしてプッツンするところですが、この主人公はそうはならないところがえらい。煮え切らない管理職のお歴々を相手にがんばるのです。すごい能力があるわけじゃない、ごく普通のお父さんが、ごく普通に「ちょっとこれはおかしいぞ。」と思ってがんばる姿。そういうのっていいなと思いました。

しかしむかつくな!この周りの人たち!権力争いやら、利権やら。人の税金で何やってるんだ!仕事しろ、仕事!ぷんぷん(怒)。(いや、むろん、そんな人たちばっかりじゃないだろうことはわかっているのですが、でもどうしようもない「旧態」ってのは実際やっぱり存在しているんだろうなぁと思ってしまうわけです。)読んでて、顔しかめちゃうけど、でもこの物語はそれだけじゃない。どことなくユーモラスで笑っちゃいます。こういうのをシリアスに書くと「真保裕一さん」みたくなって、コミカルに書くとこうなるんだなぁとか思ったりしました。

そしてこの物語は、ご都合主義でただ「めでたしめでたし」で終わるのではなく、「ちゃんと終わって」います。そこがすごくよかった。「でも、まだがんばろう。」素直にそう思わせてくれる本でした。遠野さんも、まだまだがんばると思います。なにしろあんなにステキな家族がいるんですから!

しかしこれだけ醜いことを書いていてこの読み心地。すごい作家さんだと思いました。他の作品も読んでみたくなりました。(これが初だったので。)
| あ行(荻原浩) | comments(10) | trackbacks(10) |