プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ウソつけボートとホラふけ魚―スケッチ童話集 [福永令三]
4797483075ウソつけボートとホラふけ魚―スケッチ童話集
福永 令三
新風舎 2006-01

おしゃべり大好きな海の仲間たちは、海中で、にぎやかに言葉を交わしあいます。フジツボ、トビウオ、マンボウから港に停泊中のヨットやボートまで、海の住人たちが語る、短い物語。さあ、あなたは、どのお話から読みますか。

クレヨン王国シリーズでおなじみの福永さんの作品です。読み始めるまで知らなかったのですが、この「スケッチ童話集」は春夏秋冬をテーマにした四部作になっているようです。これは冬ですね。他の作品も読まなくっちゃ!

ここで繰り広げられる世界は、クレヨン王国とはまた全く違った世界です。本の装幀とか文字の大きさとかを見ると、子ども向けの本のように感じられますが、これはむしろ大人向けなのじゃないかな…と思います。ドキドキしてしまうくらい過激で、ちょっと不思議で、ざくっと切り取られたような世界。心が痛むくらいの、そんな世界でした。

「四季こそ日本文化の骨格だ」と断言なさる福永さんの、気持ちを心を、いつまでも感じられる自分でありたいと思います。

「スケッチ童話集」刊行済作品
 『ゆうれい宿と妖精ホテル』(夏)
 『迷子のお月見遠足』(秋)
 『ウソつけボートとホラふけ魚』(冬)
| は行(福永令三) | comments(0) | trackbacks(1) |