プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
鳥類学者のファンタジア [奥泉光]
4087745031鳥類学者のファンタジア
奥泉 光
集英社 2001-04

柱の陰に誰かいる―演奏中奇妙な感覚に襲われた、フォギーことジャズ・ピアニスト池永希梨子。「あなた、オルフェウスの音階を知っているとは驚いたわ。」謎の女は自分は霧子だと名乗り、フォギーにそう告げた。混乱した希梨子は、この女性は音楽留学でヨーロッパに渡り、1944年にベルリンで行方不明となった祖母・曾根崎霧子ではないかと思い当たるが…。

ものすごい本でした。おもしろい、おもしろすぎます…。文章も、内容も!圧倒的です。力強くがんがん頭の中に鳴り響く本でした。

実際に音楽をやっている人がこの本を読んだら、どんなふうに思うのかなぁと思いました。ぜひ聞いてみたい。そういう「物語」以外の部分でもすごく印象に残る本でした。

そして、いつか猫を飼うことがあったら名前は「パパゲーノ」にしよう…と心に誓いました。(でもネコアレルギーな私…。)
| あ行(奥泉光) | comments(2) | trackbacks(0) |
モーダルな事象 [奥泉光]
4163239707モーダルな事象
奥泉 光
文藝春秋 2005-07-10

桑潟幸一は田舎の短大の国文科の助教授。特に大した業績もなかった彼ですが、新しい文学事典の執筆にかかわったことから、とある無名の童話作家の未発表原稿の発見者になってほしいと編集者から頼み込まれます。軽い気持ちで引き受け、紹介の記事を寄稿した桑潟ですが、それをきっかけに思わぬ事件に巻き込まれることになり…。

うーわ、すごいおもしろかった!です。初めて読んだ奥泉さんの作品だったのですが、すごい。どのページを読んでもくまなくおもしろい。ミステリィの設定がなくても、それだけでも読めるんじゃないかってくらいにおもしろかったです。「桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活」、なんかもうコレだけでも…ククク。

桑潟幸一助教授の視点からの物語と、北川アキと諸橋倫敦という元夫婦の素人探偵コンビが推理をくりひろげる物語。この小説はこの二つの物語がからみあう形で進んでいきます。

事件はややこしく、読めば読むほど謎は深まり、さらに「桑潟さん…もしかして時空を超えてる?」というような展開にもなり(SF?)、挙句のはてには「アトランティス」とかでてきちゃうし(オカルト??)、いったいぜんたいこの小説は何??とクラクラします。とにかくすごい厚さの本なんですけど、でもこの「とらえどころのなさ」にとらえられ、まったく飽きずに最後まで読みました。これが書き下ろしってところが…さらにすごいと思います。

ちなみに…告白します。「おくいずみひかる」さん、「おくせんこう」さんだと思っていました。(ナニ人だ!)すいませんでした…。
| あ行(奥泉光) | comments(17) | trackbacks(10) |