プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
愛の保存法 [平安寿子]
4334924816愛の保存法
平 安寿子
光文社 2005-12-14

「愛の保存法」「パパのベイビーボーイ」「きみ去りしのち」「寂しがりやの素粒子」「彼女はホームシック」「出来過ぎた男」の六篇が収録された短編集です。

いずれも「恋愛」に関する物語たち。うーん、人それぞれいろんな形があるものだなぁと。この「なさそうでありそう」な感じがリアルなのかもしれないなぁと思いました。いや、だからと言って読んでただ楽しい!というものでもなかったのですけれど…。なかなか微妙。

特に最後の「出来すぎた男」が、良かれ悪しかれ一番印象に残りました。これはブラックユーモアなのかしら、嫌味なのかしら…。何度も何度も離婚結婚を繰り返し、その度に子どもを作る男と、それを見ている女たちと。でもいるんですよ、こういう人!本人に罪の意識ゼロのこういう人!むしろ「俺がんばってる」って思ってるこういう人!そしてこれよりひどい人を私は知っている…(笑)。この人はとりあえずある意味誠実であるだけまだましというものです。男もバカだし、女もバカって、そういう話ですよね。しかしなぁ…これのおかげで、読後感がいいような、悪いような(笑)。
| た行(平安寿子) | comments(4) | trackbacks(3) |
Bランクの恋人 [平安寿子]
4408534803Bランクの恋人
平 安寿子
実業之日本社 2005-10-16

表題作「Bランクの恋人」のほか、「アイラブユーならお任せを」「サイド・バイ・サイド」「はずれっ子コレクター」「ハッピーな遺伝子」「利息つきの愛」「サンクス・フォー・ザ・メモリー」を収録した短編集です。

このタイトルからいって恋愛小説集か…なんか痛かったらどうしよう…と、びくびくしながら読み始めたのですが(笑)、予想に反して、心おだやかに読み終わることのできる本でした。ほっ…。

この本の中で描かれているのは、シンプルな「恋愛」の「愛」だけじゃなくて、なんというかもっと大きな、「人間愛」みたいなもので。それぞれの物語の、いろんな部分に共感したり、感心したり(ほぉ、こんな人もいるのねぇと。)しながら読みました。

好きだったのは「サイド・バイ・サイド」と「サンクス・フォー・ザ・メモリー」。「サイド・バイ・サイド」の方は、なんだか主人公が他人には思えず、もしかしたら私はこの先こういう人生を歩むのではないかと…とほほ。そして「サンクス・フォー・ザ・メモリー」は、正直、読み始めたときはあんまり好きな感じじゃなかった、というか、どういう話なのか温度というか色というか、そういうのが把握できなかったのですが、最後にはちょっと涙がホロリときそうでした。こういうお話だったのね。うんうん。よかったです。
| た行(平安寿子) | comments(3) | trackbacks(2) |
グッドラックららばい [平安寿子]
4062113228グッドラックららばい
平 安寿子
講談社 2002-07

「ちょっと家を空けます。でも心配しないで〜。」という軽い調子で家出して20年も帰らない母、その妻の家出を「ウフッ」と笑って娘たちに伝える父、それを聞かされてても「そっかぁ」という程度にしか受け取らない姉。

この物語の登場人物たちは、みな相当変わっています。ツワモノぞろいです。母の家出に対して泣いたり怒ったり、唯一「正常な」反応を示す妹も、ものすごいリアリストというかなんというか、「こういう反応しなくっちゃ」と思ってやっているくらいで、どこか変わっているのです。そんな親子三代にわたる壮大、かつ壮絶な家族史でした。

なんというかもう…圧倒されてしまいます(笑)。ヘンな人たちなのかもしれないけど、でもどこにでもいるような人たち。この家族のみならず周りの人々もカワリモノぞろいで、そりゃもう大騒ぎです。

わたしの人生、まだ、何かある。やったことはないけど、これからやれること。まだ出会ってないけど、これから出会う人。
まだまだ、いっぱい、ある。
このセリフを言うのが十代の若者ではなく、五十二歳のお母さんなんですから、もう大変です。すごいです。

人生にゴールはありませんね!!ほんとうに!
| た行(平安寿子) | comments(2) | trackbacks(1) |