プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
そろそろくる [中島たい子]
4087747999そろそろくる
中島 たい子
集英社 2006-03

三十歳を過ぎたイラストレーターの秀子。イライラ、憂鬱、癇癪、過食。これは「PMS」という病気であるらしい。そんな時、ひょんなことから友人の弟と関係を持ってしまった彼女。これもまた病気のせい?!恋に、仕事に、行き詰る秀子だが…。

漢方小説』が面白かったので、さっそく新刊も読んでみました。

この本もまた若い女性を主人公に、病気を軸にして描いた物語です。『漢方小説』ほど「爆笑!」ではありませんでしたが、さらりとおもしろく…あっという間に読み終わりました。(特に「ヨガ」のところが好きです)。

私はいちおう(?)女性ですが、「PMS」というのは初耳で、この本に出てくる理解のない人々同様、「最近はまったくなんにでもすぐ名前をつけるんだから…」と思ってしまったクチですが(スイマセン)、でもそうやって名前をつけることで、安心できる人もいるのだろうし、救われる人もいるのだろうし、きちんと治療して治る人もいるのでしょうから、それもまたよし、と思いました。
…まぁそれでもあんまり賛成ではないのですけれど(←ガンコ。笑)。

私は幸いあまりこういう「症状」の出ない性質らしく、(まぁホルモン云々とは全然関係ないところで暴飲暴食したり泣いたりわめいたりしてるわけですけど)、そういう点であまり「共感!」というのはなかったですが、わかるわかるっ!って人にはすごく「効く」のではないかなぁと思います。でもこれ、男性にはあんまりオススメできないかも…。全然意味分からないじゃないでしょうか??「こういうものなんだなぁ。そういうこともあるんだなぁ」って思ってもらえればいいのかもしれませんが。

そして余談ですが、こうやってこういう本を読んだり、自分自身や周りを見ていたりして思うことは、最近の女の人って疲れてるのかなぁということ。そんなみなさんには、よしもとばななさんが『ゆっくりAERA』に寄せていたエッセイ「単純に、バカみたいに。」を読んでほしいなぁと思います。私はこれを読んですごく救われました。涙出ました。

って、あれ、違うものの紹介になってしまった…。でも、こちらもほんとうにオススメです。私、コピーして持ち歩いてるくらいですから。
| な行(中島たい子) | comments(18) | trackbacks(10) |
漢方小説 [中島たい子]
4087747433漢方小説
中島 たい子
集英社 2004-12

元カレが結婚すると知ったその日から、原因不明のふるえに襲われた、みのり、31歳、独身。救急車で運ばれた病院で検査をしても異常は見つからず、病院を転々としても「心療内科」を勧められてしまう。そんなみのりが行き着いたのは漢方診療所。そこで出会った「治療」と「先生」は…。

もうしょっぱなから何度笑ったことか…(笑)。こんなタダの文章で、こんなに面白いなんてっ。クスクスところじゃなくて、クックックッて笑いが止まらないんですもん…。すごいなぁ、文章上手いなぁ。

昔の恋人の結婚の話を聞いて、おめでとうが言えずうつろにお品書きを三百万回くらい読んじゃうその気持ちに激しくうなずき、「何でその若さで現代医療に背を向けて漢方なんですか?」に吹きだし、「身ごもってもないのに赤子が飛び出すかと思った」に爆笑し。はぁ〜、あれ、まだ20数ページだよ!って感じです。楽しい…面白すぎる。

自分が漢方医(かーなーりおじいちゃんでしたが)にかかっていたこともあるので、そういう「東洋医学」についての記述もすごく興味深くて、ふむふむ思いながら読みました。でも溶かすだけで飲める漢方でいいなぁ。私が飲んでたのは毎回煎じないといけないやつで、毎日それをやってたから部屋も鍋もすごい匂いになりましたよ…(笑)。

この本の唯一の難点は、本が薄いことです。最後「え?これで終わり?」って思っちゃって、展開がちょっと唐突な感じがしちゃったんですけど、でもそれはきっと枚数が足らなかったから…!もっと読んでたかった!みのりにはまた新しい病気になってもらって、ぜひ続編を…(笑)。
| な行(中島たい子) | comments(10) | trackbacks(6) |