プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
神童 (1)〜(3) [さそうあきら]
4575724912 4575724920 4575724939神童 (1)
神童 (2)
神童 (3)
さそう あきら
双葉社 2003-12

書誌データ
書評を書く


ピアノで音大を目指す菊名和音が、ある日出会ったのは野球が大好きな天才ピアノ少女・少女成瀬うた。自由に振舞う彼女のペースに巻き込まれていく和音は…。

ネタバレあり…?です。

お初にお目にかかる作家さんでしたが、読み始めたら最後まで三巻一気読みでした。「音」「音楽」をテーマにしたマンガは、わりとたくさんあるような気がしますが、この作品は、なんかこうちょっと一味違った…、ずんとくる作品でした。

天才であるうたに出会った和音が、その圧倒的な才能の前にすねるわけでもなく、すなおに「すごい」と彼女を認め、それどころか素直に「オレの先生!」と呼んで一緒に過ごしていく。自分もピアノを弾く人間だったら…妬み嫉みがあって当然だろうに、彼はそうじゃない。そのことがまずすごい!と思いました。

最後の最後、大どんでん返しがあったときはどうしようかと思いましたが、でもそうだよね、大丈夫だよね。この先の彼女を、もっともっと見ていたい、と思いました。

映画化が決定しているようですが、わぁ、ピアノのシーンとか、どういう風になるのかな…どきどき。わくわく。
| その他(マンガ) | comments(0) | trackbacks(0) |
レベルE (1)〜(3) [冨樫義博]
4088720717 4088720725 4088720733レベルE (Vol.1)
レベルE (Vol.2)
レベルE (vol.3)
冨樫 義博
集英社 1996-03

別にですね、直木賞があんなことになったから読書欲をなくしてるわけじゃなくてですね…マンガを読みたい日だってあるんですよ。えぇ。とってもタイミングよく貸してもらったので、えぇ。

というわけで、本も好きですがマンガも好きなわたし。相方に「ハンター×ハンター」が大好きなの!という話をしたら「じゃぁこれ絶対面白いから」と貸してくれたのがこの3冊。なんかこんな表紙だし…えー?と思って読み始めたのですが、おおハマリ。おもしろい!!いやぁ、ここに冨樫さんの世界の全てが、その原型があると言っても過言ではない…。めちゃくちゃおもしろかったです!!

「常に最悪のケースを想定しろ。奴は必ずその少し斜め上を行く!!」
けだし名言。

ところで「ハンター×ハンター」の連載の方はどうなってるのかなぁ(ぽそっ)。
| その他(マンガ) | comments(6) | trackbacks(0) |
風光る (21) [渡辺多恵子]
4091307574風光る (21)
渡辺 多恵子
小学館 2006-12-21

年末と言えば忠臣蔵??ノンノン。
私にとって年末といえば(というか一年中)新選組、そして坂本龍馬です!!!

というわけで、私が新選組に、ひいては上川隆也にはまるきっかけとなったこのマンガ。最新刊の21巻です。はぁ〜、もうこんなに出たのね…。感無量です。もうですね、も・の・す・ご・く!!!好きなのです。え?読んだことない?今すぐ本屋さんに行ってください…!強制です!…っておちゃらけた意味じゃなくて、なんかもうほんとに、好きとか通り越して愛しているくらいに好きなんです。

この巻では前巻に引き続き、坂本龍馬も登場しており…さらに…あぁ、号泣。

惚れて惚れて 大好きなお人が 生きてそこにいてくれはるんやったら
それ以上なんも 欲しがったらあかんえ
ところで…。あとがきに登場する「陰のアドバイザーK氏(役者)」は上川さんなのか〜違うのか〜(悶絶)。
| その他(マンガ) | comments(4) | trackbacks(1) |
ハチミツとクローバー (1)〜(10) [羽海野チカ]
4088650794 4088650808 4088651073 4088651111 4088651391 4088652037 4088652738 4088652975 4088653521 4088653580

ついに(いちおう)完結…というわけで、10巻が出たのでまとめ読みしました。(ちなみにハチクロ10冊を読む前に、うっかりのだめ15冊も読んでしまった自分にびっくり)。

なんか、このマンガについて多くを語ることは無粋!という気がします。作者さんの登場人物たちへの愛が、たくさん詰まったマンガです。しかしこのラストにはびっくりしました。新しい…っ!新しいです!!

個人的には…真山くんがひたすら好きです。大好きです。
(だから四巻の表紙が一番好き)。
メガネ、シャツ、スクーター…(←何かが私の心をくすぐるらしい)。
| その他(マンガ) | comments(0) | trackbacks(1) |
ダーリンの頭ン中 [小栗左多里/トニー・ラズロ]
4840112266ダーリンの頭ン中
小栗 左多里 トニー・ラズロ
メディアファクトリー 2005-03-04

これまた大変ためになる…面白マンガです。これだけ普通に使っている「日本語」というものについてすら、知らないことばっかりなんだなぁ、意識してないことってたくさんあるんだなぁと、しみじみ思いました。異文化交流って、大事ですね!

ところで小栗さんのほかのマンガを読んだことがないのですが…マンガ家さんなんですよね?ちょっと興味あり。(同じことを井上きみどりさんにも思った記憶が)。
| その他(マンガ) | comments(2) | trackbacks(1) |
ダーリンは外国人 [小栗左多里]
4840106835 4840110328ダーリンは外国人
ダーリンは外国人(2)
小栗 左多里
メディアファクトリー 2002-12

最近あわただしく、ゆっくり本を読む時間もないので…マンガに手を出したりもしております。はい。大好きです、マンガ。

この『ダーリンは外国人』はおもしろいだけじゃなくて、いろいろためになるのが好きです。読むといちいち「へぇ〜」と思うこと満載です。まぁ私のダーリンが外国人という状況はきっと訪れないと思うのですが…人生なにがあるかわかりませんからね?!
| その他(マンガ) | comments(2) | trackbacks(1) |
エマ (1)〜(7) [森薫]
エマ (1) エマ (2) エマ (3) エマ (4) エマ (5) エマ (6) エマ (7)

なんとなくいろんなところで見かけるタイトルだなぁと思っていて、実家に帰ったときにふと聞いたらいもちゃんが全巻保有していたので、借りて読んでしまいました。
(っていうか彼女が普通に持ってたことにちょっとびっくり)。

なるほど〜。私はとくにイギリスにもメイドにもそう熱く燃えるタイプではないですが、でも面白かった!王道なのに…不覚にも二回ほど泣きました。あのシーンとあのシーンで。(抱擁シーンに弱いらしいことが判明。キュン…)。でもどうせならラストはもっとガンガン行っちゃってほしかったなぁ!

そして私は本編よりも実は「あとがき」が毎回一番おもしろいと思ってしまいました。いいなぁ、あの絵、あのキャラ。あれで一冊、ぜひお願いします(笑)。
| その他(マンガ) | comments(4) | trackbacks(0) |
トホホな犬―トコトコなおはなし [あいみてつろう]
4097260715トホホな犬―トコトコなおはなし
あいみ てつろう
小学館 2005-12

絵本?マンガ?
なぜかタイヤをはめている、トホホな犬の物語…。

かわいくたのしく笑えます!
味わいがあるって、こういうことを言うんです、きっと!
| その他(マンガ) | comments(0) | trackbacks(1) |