プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 毎日かあさん2 お入学編 [西原理恵子] | Top | オテルモル [栗田有起] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ちいさな衝動 [白石公子]
4104233013ちいさな衝動
白石 公子
新潮社 1998-05

「晴れる日ばかりじゃない―かっこわるくてもいいじゃない。うなだれてこみあげてくるものを飼いならして生きる女たちの物語。」

と、帯には書いてあったので、それでも前向きに生きていく明るい話かと思っていたら、えらく暗い話というかこっちが現実ね、という話で、落ち込んでいるときに読んだら余計落ち込みました(笑)。

中目黒の「LITTLE IMPULSE」というブティックに、ちょっとずつ関係のある4人の女性の物語です。恋人とうまくいかなかったり、会社にいづらかったり、家族ともめたり、うまくいかない日々を送る女性たち。何かにつけ折り合いをつけて生きていかなければいけない、うまくいかない気持ちを「飼いならして」いかなければいけない、そんな現実。彼女たちの感じる心の重さがこっちにもうつってくるというか、ずーんとしてしまいました。

うーん、切ない…。とりあえず、元気になりたいときに読むにはオススメいたしません。

文中に出てきた「降りかかってきたことを乗り越えようとするとき、何かに挑もうとするときは、最終的にはひとりなのかもしれない」という言葉が、ちょっと心に残りました。
| さ行(その他) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック