プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< すいかの匂い [江國香織] | Top | だれかのいとしいひと [角田光代] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
家守綺譚 [梨木香歩]
4104299030家守綺譚
梨木 香歩
新潮社 2004-01

たとえばたとえば。サルスベリの木に惚れられたり。床の間の掛軸から亡友の訪問を受けたり。飼い犬は河童と懇意になったり。白木蓮がタツノオトシゴを孕んだり。庭のはずれにマリア様がお出ましになったり。散りぎわの桜が暇乞いに来たり。と、いった次第の本書は、四季おりおりの天地自然の「気」たちと、文明の進歩とやらに今ひとつ棹さしかねてる新米精神労働者の「私」と、庭つき池つき電燈つき二階屋との、のびやかな交歓の記録である。(帯より。)

波津彬子さんの「雨柳堂夢咄」を彷彿とさせる物語でした。なんとなく雨が似合うというか、雨の夜更けに読むのが合うというか。

舞台が古い時代(明治とか大正とか?)の日本なので、文体も古めかしく、出てくる漢字も古めかしく(読めなくて辞書を引くこと多数あり。)、不思議な雰囲気の作品です。こういう「不思議な」ものが、身の回りにごく普通にあって、人も皆それをごく普通に受け入れていた時代が確かにあったんだろうなぁ…。ちょっとうらやましくもなってしまいました。本棚において、気が向いたときにいつでも読みたい、そんな本です。

ゴロー…飼いたいです。

【追記】
この物語に登場する様々な植物の写真を載せてくださっているサイトがあります。
 →家守綺譚の植物
| な行(梨木香歩) | comments(14) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
tiekoaさん☆こんばんは
美しいストーリーですよね。
庭付き池付きの家って昔はたくさんありましたよね。
そんな家に住みたいなぁって思います。
そしたら、池の住人とも仲良くなれるかも?
なんて想像するだけでも楽しくなっちゃう。
| Roko | 2005/06/27 9:32 PM |
いいですね〜!そしてゴローと暮らすのです…!
| chiekoa | 2005/06/28 6:16 PM |
わたしもこの話気に入って,つい購入してしまいました。
「村田エフェンディ〜」とリンクしてるんですよね。
梨木さんの本では,この作品が一番好きです。
| mamimix | 2005/09/28 12:51 PM |
さすが図書カードの女!(←?)
いいですよね〜。二冊そろえて持っていたい…!
| chiekoa | 2005/09/29 2:32 PM |
こちらにもTB!
「雨の夜更け」似合いますね。
高遠が現れそうです。

昔の言葉使い、新鮮でした。
| なな | 2005/10/09 4:05 PM |
この本は近々ぜひ再読したいです。
やっぱり手元において、何度も読むべしですよね!
| chiekoa | 2005/10/11 11:31 AM |
こんにちは。1年前の感想への書き込みですみません。
ようやくこの本を読みました。ブログでの評判が高くて気になっていたのですが、とてもよかったです。日々の生活に追われて忘れていたことを思い出させてくれた気がします。
手元においておきたいという気持ち、よくわかります!
| あおちゃん | 2006/04/18 3:42 PM |
あおちゃんさん、こんにちわ!
それでは『村田エフェンディ』もぜひぜひ!
続けて読むと、また感慨もひとしおですよ!
| chiekoa | 2006/04/18 4:17 PM |
何だか不思議な話でしたね。
こんな日本家屋に住むのも良いかもって思いました^^
「村田エフェンディ滞土録」の村田が登場したのは驚きでした。
| 苗坊 | 2006/08/13 4:31 PM |
ですよね、住みたいですよね。
私は村田さんとはこの本の後に出会ったので、再読してびっくりしなおしてみようかなぁとも思います。
| chiekoa | 2006/08/14 3:47 PM |
この本の中で1番すきなのは「サルスベリ」です!サルスベリがすごく可愛くて良いです!! ゴローみたいなすごい犬が欲しいです(笑)
「村田」という名前が出てきた時はすごく「うわぁー、なんじゃこの本!」と感動しました。(「村田エフェンディ」を先に読んだので・・・。)   
| るるぶ | 2006/08/21 10:14 AM |
ゴロー欲しいですよねぇ!!!!
うちの庭にゴローがいたら…いたら…(妄想中)。
「村田」は後から読んだので、今再読したらおもしろいかも!と思ってます。読んじゃおうかなぁ。
| chiekoa | 2006/08/22 12:36 PM |
こんにちは♪
TBさせていただいたときは出かける直前でばたばたしてたんですけど、今、「家守綺譚の植物」を拝見してうっとりしてきました。
こうして、実際の花や木を見ながらだと、また違った読み方、感じ方ができそうです♪
梨木さんの作品は初めて読んだんですけど、すっかり癒されちゃいました。
連休に読むのにピッタリ(笑)
| かずは | 2006/11/03 5:23 PM |
かずはさん、こんにちは!
梨木さんの世界は…いいですよね、とても。これが初ということは『村田エフェンディ滞土録』も未読でいらっしゃる?ぜひぜひ読んでみてください!ちょっとつながってますので!
| chiekoa | 2006/11/06 1:30 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
家守綺譚
家守綺譚 梨木香歩 新潮社 このアイテムの詳細を見る  学生時代の友人「高堂」の父から、家のお守りをして欲しいと頼まれて住むようになった一軒家は、古いけれどもなかなか趣のある家のようです。庭には様々な植物が茂り、鳥など様々なものがやってきます。
| ついてる日記 | 2005/06/27 9:29 PM |
「家守奇譚」梨木香歩
「家守奇譚」梨木香歩(2004)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、小説、文学、幽玄、幻想、近代、ファンタジー あぁ、巧い。確かにこんな日本はあったよな。そう思わせる世界がここにある。和歌山の海難事故が触れられており、そこから「ほんの百年すこしまえ」となるわけ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/09/25 10:04 PM |
「家守綺譚」梨木香歩
家守綺譚梨木 香歩 定職を持たず、文章を書くことを仕事にしている男。亡くなった友人の父に頼まれ、留守宅に住む事になる。男の過ごした一年を、草花に絡めた書いた物語。初めて読む梨木さんの本。blogで紹介されてて興味があったところで、図書館で見つけ手にした1冊
| ナナメモ | 2005/10/09 4:05 PM |
「家守綺譚」梨木香歩
家守綺譚発売元: 新潮社価格: ¥ 1,470発売日: 2004/01売上ランキング: 5,541おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/12 感想はまた書きますけど、今日図書館に返さないといけないんですよねー あー返したくないなー 手元においておきたいな、とにかく。
| 本を読む女。改訂版 | 2005/12/14 3:26 PM |
「家守綺譚」
梨木香歩さんの「家守綺譚」を読みました。 これ、新年一発目で3日ごろまでに読み終わってはいたのですがようやくUPです。 これ、新年一発目にもってきた(というかたまたま手に取ったから読んだんですけどね)のはよかったかもしれません。なんか、さわやかに新年を迎
| ぶっかにっき | 2006/01/09 11:55 PM |
「家守綺譚」梨木香歩
タイトル:家守綺譚 著者  :梨木香歩 出版社 :新潮社 読書期間:2006/03/22 - 2006/03/23 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] これは、つい百年前の物語。庭・池・電燈つき二階屋と、文明の進歩とやらに棹さしかねてる「私」と、狐狸竹の
| AOCHAN-Blog | 2006/04/18 3:35 PM |
家守綺譚 梨木香歩
家守綺譚 綿貫征四郎は、学生時代の親友高堂の家の守をする事になった。 高堂は学生時代にボート部に所属しており、ボートを漕いでいる最中に行方不明となった。 高堂の両親は、家を離れ子どもの世話になることになったが、この家をなくす事は出来ない。 そこで、綿
| 苗坊の読書日記 | 2006/08/13 4:30 PM |
「家守綺譚」 梨木香歩
家守綺譚posted with 簡単リンクくん at 2006.10. 7梨木 香歩著新潮社 (2006.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/10/12 5:28 AM |
梨木香歩【家守綺譚】
江戸時代と明治時代の境目で、人々はどうやって気持ちを切り替えたんだろう? 私がその時代に生きてたら、「皆さん、今日から明治時代です! 洋服を着ましょう!」と言われても、意地になって着物を着つづけるかも。周
| ぱんどら日記 | 2006/10/12 3:54 PM |
「家守綺譚」梨木香歩
自分にしては珍しい部類のお話を読みました。小説というよりはおはなし。「幻影奇譚」をふと思い出す。淡々と淡々とつむがれていく。不思議だけれどふしぎじゃない。これは、つい百年前の物語。庭・池・電燈つき二階屋と、文明の進歩とやらに棹さしかねてる「私」と、狐
| 読書とジャンプ | 2006/11/03 9:17 AM |