プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 家守綺譚 [梨木香歩] | Top | クレヨン王国の赤トンボ [福永令三] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
だれかのいとしいひと [角田光代]
4592750071だれかのいとしいひと
角田 光代
白泉社 2002-04

短編集です。

「直木賞作家さんだ!」と意気込んで読んだのですが、すいません、印象が薄いというか、読み終わった端からどんな話だったか忘れてしまったというか。(私の頭が悪いだけかもしれませんが…。)レビューを書こうにも。えーと、印象に残っているのは表紙がステキなことと挿画がステキなこと…。(酒井駒子さんです。)

始めて読んだ角田さんの作品だったので、とりあえずめげずに他も読んでみようと思います。
| か行(角田光代) | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
だれかのいとしいひと 角田光代
 だれかのいとしいひと 角田光代  白泉社 2002.04  転校生の会  ジミ、ひまわり、夏のギャング  バーベキュー日和(夏でもなく、秋でもなく)  だれかのいとしいひと  誕生日休暇 「畑  完璧なキス  海と凧 角田光代さんの本を読むのはこれが初。短編集で
| イチゴイチエ | 2006/02/03 1:09 AM |
だれかのいとしいひと<角田光代>−(本:2006年107冊目)−
文藝春秋 (2004/05) ASIN: 4167672022 評価:75点 男が読んで感想を書くような本ではないのかもしれない。 いろんな女性の繊細な思考を、独特の語り口で記していく(短編のうち一つだけは男性の視点だった)。 んん、そのあまりに微妙な心理描写は、私には少々
| デコ親父はいつも減量中 | 2006/11/01 1:26 AM |
角田 光代 『だれかのいとしいひと』
角田 光代 / 『だれかのいとしいひと』 / 2004(2002) / 文春文庫 / C 恋愛小説(?)の短編集。こんなはずじゃなかった、という違和感を描く。 ジャケ買い、タイトル買いです。 違和感はすっと消えたり消えずにもやもや残ったり。 どうも読んでて「腑に落ちない」感がつ
| bookmarks=本の栞 | 2006/11/19 8:54 PM |