プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ピンク・バス [角田光代] | Top | 水の繭 [大島真寿美] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クレヨン王国なみだ物語 [福永令三]
4061471864クレヨン王国なみだ物語
福永 令三
講談社 1985-10

毎日毎日遊ぶことも許されず、よりみちすることも許されず働いているお日さま。悲しくなったお日さまが流した涙は、きれいな宝石のような粒になりました。涙を流してちょっとすっきりしたお日さまはそれを空からクレヨン王国に投げました。クレヨン王国に届いた7粒の涙がおりなす、それぞれの物語。

「涙」とひとくちにいってもいろいろです。うれしくて流す涙、悲しくて流す涙、悔しくて流す涙…。この物語でも、いろんな涙が描かれています。でも、それはほんとうにきれいな涙のお話たちです。

まだなみだというものを知らない者たちに、なみだのねうちを教えてやってくれ。そうして一度もないたことのない気のどくなやつらの悲しみを、やわらげてやってくれ。
そう思いを込めてクレヨン王国に涙の粒を投げたお日さまの言葉にハッとさせられました。そうか、涙を流したことがないのって、泣けないことって、悲しいことなんだ…。そうですよね。

7つの涙のお話のうち、どれが一番好きかなぁとというのを考えてみたのですが、全部好きで選べませんでした。どれも、大好きです。
| は行(福永令三(クレヨン王国)) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック