プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ナ・バ・テア [森博嗣] | Top | ハサミ男 [殊能将之] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
イグアナくんのおじゃまな毎日 [佐藤多佳子]
4036101102イグアナくんのおじゃまな毎日
佐藤 多佳子
偕成社 1997-10

「生きている恐竜をあげる」そんな約束をした徳田のジジイが樹里の11歳の誕生日プレゼントにくれたもの。それは「イグアナ」だった!パパもママも樹里も、全然こんなの飼いたくないのに、徳田のジジイがこわくて断れず、世話をするハメに。イグアナに「ヤダモン」という名前をつけ、樹里たちの奮闘がはじまります…。

なにしろ児童書なので、最初は「フリガナ」が気になって仕方なかったのですが、すぐ慣れました。というか、どんどん引き込まれてしまいました。樹里ちゃんのあまりの口の悪さに(笑)。

いやがらせのようにイグアナを押し付けてきたのはパパの上司。怒らせたらクビになってしまう…というわけで、責任を押し付けあいながらもなんとか世話を始めるのですが、もう、誰もこんなことやりたくないんだ!という様子がとてもリアルで、笑っちゃいけないのですが笑ってしまいそうでした。たしかに「ひっどいこと」です…。

そんな樹里ちゃんが「愛が芽生えたわけじゃないんだけど」だんだんヤダモンと仲良しになって、パパも、ママもだんだん受け入れていって…なんかとても幸せな気分になりました。最後は気分爽快です!パパ、よくやった!!!

登場人物がいい人ばっかりじゃなくて、主人公もただ「いい子」なわけじゃなくて、そういうところがなんだかすごくよかったです。イグアナが飼ってみたく…はなりませんでしたが(笑)。素敵な夢を見させてくれるヤダモンくん。一日くらいならレンタルしてみたいかな!
| さ行(佐藤多佳子) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんにちは!
去年は暮れからですが、色々ありがとうございました!
今年も、どうぞよろしくお願いします^^

ところで、この本、昨日読んだばかりです。
私もイグアナは飼いたいとは思いませんでしたが、
楽しく読めました。
これと、黄色い目の魚と、2冊借りてきたので、
次は、黄色い・・を読みます!
2冊読んだら、記事アップするかと思いますので、また
その時、TBしに舞い戻ってきます^^
| latifa | 2007/01/08 10:33 AM |
latifaさん、読まれたんですね!
いいですよね〜。ほのぼのと大好きです。
| chiekoa | 2007/01/09 1:32 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「イグアナくんのおじゃまな毎日」「黄色い目の魚」佐藤多佳子
図書館で「一瞬の風になれ」を借りようとしたら、待ち人の多さに挫折、かわりに「イグアナくんのおじゃまな毎日」と「黄色い目の魚」を借りて来て読みました。
| ポコアポコヤ | 2007/01/09 9:48 AM |