プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< パレード [川上弘美] | Top | きよしこ [重松清] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
天使と悪魔 [ダン・ブラウン]
4047914568 4047914576天使と悪魔(上)
天使と悪魔(下)
ダン・ブラウン 越前 敏弥
角川書店 2003-10-31

「ダヴィンチ・コード」で有名になった作家さんの、第一作目だそうです。そうか、「ダヴィンチ・コード」はシリーズ二作目だったのですね…。どうりで主人公の説明が少ないなぁと思っていました。

というわけで、これもラングドンさん(最初に「ラングラドン」と読んでしまったので、未だに私の頭の中ではラングラドンさん…。)が主人公です。(どうでもいいことですが、「殺された被害者の若いきれいな娘さんといっしょに事件にまきこまれる」というのはこのシリーズのお約束なのでしょうか??ただ単に設定が似ちゃっただけ??)

確かに「先が気になる」という点ではおもしろいのですが、描かれている世界がどうもなじめず、そのあたりがちょっとしんどかったです。カタカナ多いし、専門用語多いし、アメリカンジョークわかんないし…。「ダヴィンチ〜」でも思ったのですが、私自身に宗教というものについての素養がまったくないため、どうもなじめないのです。主人公が「総毛立つほど」おどろいたりしても、何がそんなにびっくりなのかよくわからないというか。それってそんなに重大なことなの?と思ってしまうのです。(バカ。)

そもそもこの物語のテーマである「宗教と科学は水と油」という事実(?)ですら、これを読んで「へぇ、そうなんだ」というくらいのものなので、リアリティがないというか、どうしても「お話」の世界にしか感じられないのです。ただ、「教皇選挙」が大事な舞台になっているのですが、その話題がとってもタイムリーだったのでびっくりしたのと、そうか、こうやって決めるのかというのはとてもためになりました。(「コンクラーベ」って字面が「根比べ」と似てるなぁと余計なことを思ったりしました。)

このお話、結末はちょっと切なかったです。しかしすごいスケール。まぁよくも悪くもアメリカ的…?
| 海外作品(その他) | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
いまさらながら、少しコメントを。
確かにキリスト教世界の人の間では常識とされている部分が、日本人にはなかなか伝わらないかもしれませんね。日本人のかなりの部分の人が、神父と牧師の違いもわからないですしね。ただ、そうとうキリスト教世界にとってはショッキングな話であることは確かです。ダヴィンチコードも併せると余計に。一部のカルト的信者から命を狙われたりもしたんじゃないでしょうか。
ほんの少し、予備知識があると、さらに楽しめるかもしれませんね。
| ツヨシ | 2007/04/09 6:47 PM |
ツヨシさん、あ、私もわからないです…(汗)。ツヨシさんは詳しくていらっしゃるのですね。尊敬…。
予備知識というか、素地がそもそも違いすぎて、そこを乗り越えられれば楽しいのでしょうけれど、ついひっかかってしまうのですよね。自分のふがいなさなのですが、翻訳モノはそこでいつもつまづきます。でも読みたくないわけじゃないので今後も読みますけど!
| chiekoa | 2007/04/10 12:53 PM |
いやいや、「詳しい」と言えるレベルでもありませんん(苦笑)ただ、友人の影響もあって、多少、宗教の知識を得たというだけです。
まあ、これは小説だけでなく映画にも言えることですけど、宗教、文化、生活習慣といったバックグラウンドの違いをいかにして乗り越えるかが、向こうの作品を楽しむための最大の壁ですよね。なかでも、コメディが一番難しいですね。
| ツヨシ | 2007/04/10 4:25 PM |
ツヨシさん、そうなんです!あの「アメリカンジョーク」っていうんですか?あれが分からない…。あとやたらいろんなものを「引用」するじゃないですか、あれも分からない…。基礎知識がないからわからないのもあるし、なんでそんなことをするのかもわからないという(笑)。そして私はわりと読みながら自分の頭の中で映像をイメージするタイプの読み方なので、文化がわからないととんでもないものを想像してしまって大変なのです(笑)。
| chiekoa | 2007/04/11 11:13 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック