プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< アヒルと鴨のコインロッカー [伊坂幸太郎] | Top | 弘海 -息子が海に還る朝 [市川拓司] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ゲームの名は誘拐 [東野圭吾]
4334923755ゲームの名は誘拐
東野 圭吾
光文社 2002-11-19

自分が企画したプロジェクトをクライアントに白紙撤回された佐久間。計画は一からやり直し、担当者も変更。そんな決定を下した取引先の副社長、葛城に直談判してやろうと、その自宅を訪れた佐久間は、何者かが屋敷の中から塀を乗り越えて出てくる姿を目撃します。後をつけた佐久間は、その少女が葛城の娘、樹理であるということを知り、彼女と共謀して、葛城にあるゲームを仕掛けることを思いつきます。「誘拐事件」という名のゲームを…。

狂言誘拐を仕掛けて、相手から身代金を奪う。奪えれば自分の勝ち、失敗したら負け。裏の裏をかいて、綿密に練られる犯行計画。佐久間はこのゲームに勝つことができるのか?なるほど、タイトルどおりだな…と思いながら読んでいたのですが、いやぁ、見事に騙されました。騙されたというか、やられたというか。やっぱりうまいなぁ、この人。わかったつもりで読んでいたのに、さらにもう一段上をいっているというか。(私のレベルが低いだけですか?!)なにかきっとあるとは思っていましたが、こうだったとは!このラストはなかなか秀逸です。(ちょっと納得いかないような気がなきにしもあらず、ですが。)そしてこのゲームに、佐久間は勝ったのかな、負けたのかな。うーん。難しいです。

最初はこの「佐久間」さん、あんまり好きじゃなかったのですが、最後には好きになりました。「人生はゲームだ」なんてかっこつけたこと言ってないで…ね。勝ち負けなんてどうだっていいじゃないですか。それとも、男の人ってやっぱりこんな風に考えて生きてるのかなぁ…。つらそうだなぁ…。

そして、わたし的にこの小説の唯一の難点は「ヒロインが魅力的でない」ことでした。だってなんだかかわいくないんですもん…。
| は行(東野圭吾) | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
>男の人ってやっぱりこんな風に考えて生きてるのかなぁ
同じ事を思いました。ホント、辛そうですね。
だから、デキル男の背中からは悲哀が立ち上ってる?

DVDは、原作とは全く違う内容になっているので、それでも良ければ観てください。(笑)
でもその前に、文庫版「ゲームの名は誘拐」の解説を立ち読みしてください。5/12にエントリされているから、単行本で読んでいますよね?
藤木直人さんの解説を読んだ後で「g@me」を観ると、佐久間がもっとイイ男に思えて来ます。
| nemuri_neco | 2005/08/24 3:03 PM |
そうです、単行本で読みました。なるほど、文庫の解説ですね…チェックします!ステキな情報ありがとうございました!!
| chiekoa | 2005/08/24 3:54 PM |
容疑者Xの献身を先に読むつもりだったのですが、なぜかこちらを先に読んでしまいました。
少し、「出来る男はみんなこうだ」みたいなステレオタイプな感じが気になりはしましたが、物語全体は面白かったです。残念ながら自分のことではありませんが、出来る男である友人は全然違いますので、一応、念のため・・・。それと、ヒロイン(と呼ぶべきなんでしょうね)の女の子は、正直なところ怖いですね・・・。なんとも思ってなくて、しかも周りがなんとかしてくれると思っている。一言で言って怖かったです。
| ツヨシ | 2007/02/09 1:35 PM |
ツヨシさん、やっぱりあれは「ステレオタイプ」ですよね。そしてつらそう…男の人って大変だ…。ヒロインの具体的な性格はもう忘れましたが、でもなんかすごく嫌いだったイヤな記憶だけが…(笑)。
| chiekoa | 2007/02/09 4:58 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ゲームの名は誘拐」を再読
「東野圭吾デビュー20周年(私的)イベント、全作再読計画」の第4弾は『ゲームの名は誘拐』です。刊行時、『g@me.』の製作発表時、『g@me.』のDVD購入時、そして今回ですから、4回も読んだ事になります。ファンと言うよ...
| Gotaku*Log | 2005/08/24 2:24 PM |
「ゲームの名は誘拐」東野圭吾
ゲームの名は誘拐発売元: 光文社価格: ¥ 620発売日: 2005/06/14売上ランキング: 4,821posted with Socialtunes at 2005/10/23 高校の時に自分で書いてた小説を最近読み返した。 記事でもネタにしてるけど、こんなのも書いてた。 ある女子高生が誘拐される。し
| 本を読む女。改訂版 | 2005/10/23 3:27 AM |
東野圭吾『ゲームの名は誘拐』
ゲームの名は誘拐光文社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『ゲームの名は誘拐』を紹介します。本書は「g@me」という題名で映画化されているものの原作である。本書を読んでいると、ゲームは頭のいい人じゃないとキャラが立たないかなと思いました。ゲームに登
| itchy1976の日記 | 2006/05/04 9:20 PM |
ゲームの名は誘拐 - 東野圭吾
一気にラストまで読めました。サクサクと進んで行くテンポの良さは気持ちよいくらいです。オイラは推理しながら読むタイプの人間ではないのでこれはこうだろうと推理しなかったのが
| 脳内TraP | 2007/02/09 2:29 AM |