プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ゲームの名は誘拐 [東野圭吾] | Top | コイノカオリ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
弘海 -息子が海に還る朝 [市川拓司]
4022579900弘海 -息子が海に還る朝
市川 拓司
朝日新聞社 2005-02-18

こんなタイトルだし、なんと言っても市川さんだし、どうしよう、このまま弘海くんが魚になっちゃったとかいうオチだったら…そうじゃなかったら死んじゃったり…と心配しながら読んだのですが、大丈夫で安心しました(笑)。だってお父さんは「弘海へ」とかいって手紙書いてて、お母さんは悲しみの底にしずんで泣きながら息子の日記とか読み返したりしてて。これはもう「今生の別れ」くらいの勢いではないですか!やっぱり死んじゃのかしら?!と、どきどきしてしまいました。正直、最後のページをめくるまで心配でした。心配っていうか、疑ってました。すいません。

というか、これって、よくよく考えたら別にそんなに泣くようなことでもなんでもないような気がするのですが。あれ?さびしいはさびしいでしょうけど、そう悲しいことでもないですよねぇ。あれ?親心がわかっていないだけでしょうか?わたし。

しかし、泣くようなことでもないのに、しかも最初からオチがわかっているのに(私の場合は最悪のケースを想像しすぎましたが。)、それでも涙ぐませてしまう、そんなところが市川さんの筆のすごいところだと思いました。やられました。親が子を想う気持ち、十分堪能させていただきました。でも今までの市川さんの作品に比べたら、わたし的にはいまひとつ物足りなかったような。予定調和すぎ??(あとなんか、本の装幀も。ちょっと…。)

自分が親になったら、もう一度読んでみたいと思いました。
| あ行(市川拓司) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
弘海 息子が海に還る朝(市川 拓司/著)
本書を手にしたとき市川 拓司の過去の4作品のことを考えて、多分また泣い…
| 活字中毒のブックレビュー | 2007/05/26 5:55 PM |