プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< すべての雲は銀の… [村山由佳] | Top | ドリームバスター2 [宮部みゆき] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ブラフマンの埋葬 [小川洋子]
4062123428ブラフマンの埋葬
小川 洋子
講談社 2004-04-13

タイトルをよく読めばわかるだろうに…。そこへくるまでうっかりしていて、読み終わって号泣しました。 うわーん、私のバカ。

ブラフマンは動物です。が、どういう動物なのかは作品中に明記されていません。最後までわかりません。はじめは犬かな?と思いました。でも読み進めていくと違う…よね。何だろう?でも、誰もが、自分が愛した動物のことを思い出しながら読むのでないかな…。そして最後に涙するのではないかなと思います。

いろんなレビューを読むと、「博士の愛した数式」に比べるといまいち、という声が多かったですが、個人的にはそうは思わないし、「博士の愛した数式」よりも泣けました。でもハッピーエンドじゃないからたぶんもう読みません…。この残酷さ、悲しさが小川洋子さんらしいのかな。
| あ行(小川洋子) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
祝!移転!のTBです(笑)

というかまだ作業中ですかね?ご苦労様です。
これでJUGEM仲間ですね〜^^

| おおき | 2005/06/21 3:10 PM |
おおきさん、ありがとうございます!
ひたすらコピペするのに時間がかかってます…(涙)。
JUGEMはすごいですねぇ。いじれるいじれる!
| chiekoa | 2005/06/21 3:16 PM |
この本、タイトルがおもいっきりネタバレですよね〜。
気がつかないで読めたのなら、それはそれで羨ましい気がします。
TBありがとね!
| ゆうき | 2006/06/27 11:15 AM |
そう!これだけネタバレなのに、最後にショックを受ける私が間違ってる…(汗)。しかし泣きました。ほんとにびっくりしちゃって(笑)。
| chiekoa | 2006/06/27 12:58 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ブラフマンの埋葬
ブラフマンの埋葬小川 洋子 / 講談社(2004/04/13)Amazonランキング:43,200位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る 「夏のはじめのある日、ブラフマンが僕の元にやってきた。」 という一文で始まる、ブラフマンと僕の、ひと夏の物語。
| 雑食レビュー | 2005/06/21 3:08 PM |
[本]小川洋子「ブラフマンの埋葬」
ブラフマンの埋葬 小川 洋子 / 講談社ふわりとした淡い色合いの表紙がとても美しい1冊です。 芸術家たちの宿泊施設〈創作者の家〉の管理人をしている “僕”のもとに、小動物が迷い込んできた。 “僕”と、“ブラフマン”と名付けたその動物との暮らしは・・・
| Four Seasons | 2006/05/19 7:33 PM |
■ ブラフマンの埋葬 小川洋子
ブラフマンの埋葬 小川 洋子 講談社 2004-04-13 私には、怪我をした動物の面倒を、とても上手にみる友人がいます。治って野生に帰るものもいれば、彼女の家にずっと飼われているものもおり、亡くなる場合ももちろんあります。獣医さんにかかるために高いお金を出
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/06/27 11:14 AM |