プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 宇宙のみなしご [森絵都] | Top | Q.O.L. [小路幸也] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
グラスホッパー [伊坂幸太郎]
4048735470グラスホッパー
伊坂 幸太郎
角川書店 2004-07-31

妻を殺された復讐をするため「非合法的」な会社に契約社員として入社した「鈴木」。相手を殺すのではなく自殺させる、自殺屋「鯨」。上司にこきつかわれ、不満たらたらの殺し屋「蝉」。そして交通事故に見せかけて人を殺す「押し屋」。まったく関係ないはずだった彼らの思惑が交錯したとき…。

正直、読み始めたときは、あれよあれよという感じですごい描写(!)が次から次へと展開されるのに翻弄され、読むのが苦しかったです。えー、なんかいつもの伊坂さんと違う…と思ったりもしてしまいました。でもやっぱり先が気になって、一気読み。そして最後が…えーと、よくわからなかったんですけど…。そこのところだけ、何度も読み返してみました。でもわかんない…。これ、ハッピーエンド…のような、そうじゃないような…。

途中で出てくる登場人物たちの会話は、やっぱり軽妙でおもしろかったですし、魅力的なキャラクターたちだし(健太郎くんと孝次郎くんかわいいし…)、ぐいぐいひっぱられるストーリー展開もさすがです。「やるしかないじゃない。君の言うとおり。」ってところには毎回きゅんとしたりもしました。それでも全体に漂うこのやるせなさというか…暗さというか…。現実と虚構、この境界線がどんどんわからなくなってくる怖さというか。そういうものをひしひしと感じてしまって、読み終わってもその感じが抜けなくて、どよーんとしてしまいました。

いや、読んで損はないです。オススメです。オススメですが…最初の伊坂さん作品としては読まないほうがいいかな!と。

そしてタイトルになっている「グラスホッパー」。これがバッタだということは知っていたので、どうしてこんなタイトル?と思っていたのですが、読み終えたら意味がわかりました。そっかぁ…。

参考:グラスホッパー公式ホームページ
| あ行(伊坂幸太郎) | comments(10) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんばんは♪
本当にお引越しされて見やすくなりましたね。
トラバも快適です(#^.^#)

先日、新ブログをスタートさせました。
またお暇なときにお立ち寄りください。
大好きなあの方の投票を行っておりますよ(笑)
| トラキチ | 2005/06/23 12:58 AM |
トラキチさんに誉められたー!わーい♪
ありがとうございます!

新ブログ、さっそく見に行きました!おぉ。
でもランク付けって難しいですね…!がんばります!
| chiekoa | 2005/06/23 11:12 AM |
トラバありがとうございました。

>最初の伊坂さん作品としては読まないほうがいいかな!と。
同感ですね〜。
ややグロテスクなシーンもありますし、パズル性も低めだし、
面白くないわけじゃなくて、彼っぽくないなと思います。
最初の一冊には『ラッシュライフ』をおしたいです。

健太郎くんと孝次郎くん、かわいかったですね。
唯一ほのぼのしていて。
| KOROPPY | 2005/06/23 2:27 PM |
私は「初・伊坂さん」が『チルドレン』だったので、結構当たりだった!と思ってます。

健太郎くんと孝次郎くん…自分が子ども持つならああいう兄弟がいいなぁ〜!(予定まったくナシですが!)
| chiekoa | 2005/06/23 2:37 PM |
私の最初の一冊は「陽気なギャング〜」でした。

鯨と槿のキャラはよかったです。ただ槿に「桜」が結びついてしまい切り離すのが大変でした。

私の最初の1冊のお勧めは「チルドレン」です。
| カゼトヒナ | 2006/07/02 11:27 PM |
カゼトヒナさん、じゃぁ私は大当たりでしたね♪わーい!
『チルドレン』の表紙にひかれて読んだんですが…はまりましたもん!
| chiekoa | 2006/07/03 7:58 PM |
ちょっといつもと違うのでしょうか? 私は良かったと思うんですが、たしかに初めの方読んでる時は、あれ?って思いました 二人の子供は可愛かったですね 孝次郎のささやき声っていうのも良かった 暗さでは重力ピエロとかのが暗いかなって思ったんですが
| きりり | 2007/02/10 1:08 AM |
きりりさん、いつもと違うっていうか…、まぁよくよく考えたら「いつも」ってなによ?っていう作家さんに対して失礼な話ですよね〜。この頃は「今まで読んできた感じと違うな!」って思った記憶がありますが、今読んだらまた違うのかもしれません。暗いのはダメとか、そういう話じゃないですもんねぇ!
| chiekoa | 2007/02/13 12:26 PM |
初めまして、ぐらと申します。
グラスホッパーの最後について、
バッドエンドと捉えてる方を探索中、
このサイトを発見した次第です。

私は薬漬け落ちでは?と思います。
疑われてる時からすでに薬を盛られてたのかな、とか
物語のどこかからは鈴木の薬による幻覚ではないのか、とか
考えてしまいました。

もやもやしてますw

初訪問でこんなネタですみません。
まずかったら削除願います。
| ぐら | 2007/04/08 2:13 AM |
ぐらさん、こんにちは!
個人的にはハッピーエンドと捉えたい…ところなのですが。
(嗜好としてそういうほうがすき…)。
考え始めるといろいろあるんですよね。
もやもや、わかります!
でもそういう「もやもや」を伊坂さんも狙ってるのかなぁとか思ったり。
我々読者は、所詮伊坂さんの手のひらの上ってことですかね…。
| chiekoa | 2007/04/08 11:00 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
My Best Books!(マイベス)スタートさせました。
当ブログMy Best Books!(マイベス)はみなさんで作り上げる参加型ブログです。 具体的には人気作家(今までに5作品以上上梓されてる作家に限定)の“あなたのベスト3”をご投票していただきます。 投票方法 下記の2通りです。 ★ご自身のブログからのTB(投
| My Best Books! | 2005/06/23 12:55 AM |
『グラスホッパー』 伊坂幸太郎
背中を押して殺してしまう「押し屋」や、対面した相手を自殺させてしまう「自殺屋」。 そんな物騒な"業界"に起きた騒動の顛末を描いています。 一人の行動が別の一人の行動と絡まっていく手法はいつも通りですが、その繋がりに意外性が低かったです。 伏線が最後にひと
| KOROPPYの本棚 | 2005/06/23 2:24 PM |
「グラスホッパー」伊坂幸太郎
グラスホッパーposted with 簡単リンクくん at 2005. 6. 2伊坂 幸太郎角川書店 (2004.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ワタクシ事ですが、伊坂幸太郎を読むのはこれで6作品目(アンソロジー除く)、 それもここ半年以内に一
| 本を読む女。改訂版 | 2005/06/24 1:16 PM |
グラスホッパー 伊坂幸太郎
グラスホッパー伊坂 幸太郎 角川書店 2004-07-31by G-Tools ネタバレ注意! あれ?わたし、まだ読んでなかったんだ・・・の、「グラスホッパー」。 何人かの主要人物がいて、それぞれの物語があって、どこかでつながっていく。形式としては、伊坂さんらしい小説
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/23 11:20 PM |
伊坂 幸太郎の「グラスホッパー」読了
グラスホッパー 伊坂 幸太郎 著 「グラスホッパー」 ★★★ 復讐。功名心。過去の清算。それぞれの思いを抱え,男たちは走る。3人の思いが交錯したとき,運命は大きく動き始める…。クールでファニーな殺し屋たちが奏でる狂想曲。書き下ろし長編。 星5つ級
| Grave of memory | 2006/01/15 1:07 AM |
グラスホッパー/伊坂幸太郎
伊坂幸太郎作品を読む。 鯨・蝉・鈴木の話。う〜ん、さらさら読めた。鯨と槿のキャラはよかった。「罪と罰」読んでみることにしよう。 勝手な欲を言わせてもらうと、「爽快感」がほしかった。 グラスホッパー
| カゼトヒナ | 2006/07/02 11:40 PM |
伊坂幸太郎「グラスホッパー」
「妻をひき殺され復讐を企む男」鈴木 「人はみな死にたがっている」と人を自殺においやる男、鯨 「オレは自由だ」女も子供も殺してしまう、蝉 そして「押し屋」のあさがお(字がでない) この三人の殺し屋とお人好しの鈴木 自分たちのするべきコトを見定めた時、こ
| 聞いてあげるよ君の話を | 2007/02/10 1:19 AM |
グラスホッパー
私はこの小説を読んで初めて劇団と言う働き口があるんだ、と思いました。 最初はピンとこなかったですが読んでる内に面白く感じて読んだあとの興奮は収まり来ませんでした。 全ての符号と言うか常に荒がないようなストーリーテリングには脱帽しました。 きちんと
| 本を読もう | 2007/03/27 7:44 PM |