プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 格闘する者に○ [三浦しをん] | Top | うさぎとトランペット [中沢けい] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
楽隊のうさぎ [中沢けい]
4104377015楽隊のうさぎ
中沢 けい
新潮社 2000-06

中学生になったばかりの克久が、入部したのは吹奏楽部。担当パートはパーカッション。引っ込み思案で、心に「左官屋」を住み着かせ、いつも心を塗り固めていた克久が、吹奏楽部で成長していく姿を描く…?

うーん、なんというか、私にはダメでした。すいません。吹奏楽部のお話だっていうから、もと吹奏楽部員だった自分としてはぜひ読まねば!と、勢い込んで読んでみたのですが、なんか…ちょっと期待はずれ。「てにをは」にあれ?っと思ったり、誰人称で話が進んでいるのかがさっぱりわからなかったり、読みにくかったというのもあるのかもしれませんが、そういう技術云々の話だけじゃなくて、全体的に…うーん、何というか。(自分の理解力を棚に上げてます。えらそうにスイマセン。)

確かに「吹奏楽部」というものについてはよく知っているのだろうなという書き方です。部活の体制とか、コンクールの仕組みとか、練習の仕方とか。でも、それはあくまでも外側から見た姿であって、その内側にいる中学生たちの姿を描ききれているかといったら、かなり物足りないなと思ってしまったのでした。テーマはいいのに、中途半端なのです。実際に今現役でがんばってる子たちがこれ読んだら、怒るんじゃないかな?くらい。

コンクールとか、練習とか、こんなんじゃなかった。私たちが感じていたのは、こんなことじゃなかった。もっと、必死だったし、一生懸命だったし、真剣だった。勝ち負けとかじゃんくて、音楽というものについて。吹奏楽にほんとうにほんとうに「青春」をかけていた私としては、ちょっと、かなり納得がいかなかったのでした。こんなに甘くない!間違いなく!!(全国大会の常連でこれ?ますますありえない!)

だって、私は今でも忘れていないのです、あの熱さを…!

と、思わず熱く語ってしまいましたが、(思い入れがあるのでつい…。)、まぁ、この小説では「中学生の心の成長」みたいのを描くための一つのツールとして吹奏楽部を使っただけで、あくまでもそれを通じて彼の姿を描きたかっただけで、別に熱い青春吹奏楽小説を書きたかったわけではないのかなぁと。そういう意味ではよく書けていると思いますし(またえらそう?)、子供というよりはむしろ親が読むといい小説なのかもしれないなぁと思いました。

そして、そう言いつつも、この続編の「うさぎとトランペット」をこれから読むのですが。だってトランペットだったし!私!
| な行(その他) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
この記事を読んで、「パーカス本だ」と、思って、
最近やっと読めました。
色んな意味で、中途半端な小説なのは確かだよねー。

所さんのTV番組の影響で、一時「軽音」「バンド」に押されて下火になっていた吹奏楽部が、全国の中学高校で、ブームになっているそうですよ。嬉しいですね。
| ゆうき | 2005/10/28 1:42 AM |
焦点がわかりにくいんですかね…。私はうっかり「吹奏楽部!!!」に焦点を当てて読んでしまったので、こういう評価になってしまったのだと思います。冷静にならねば…。

今ブームなんですか!それはうれしい話題!
あの頃はすごかったなぁ我ながら…。もう一度あの空気を感じてみたい気もします。社会人バンドに入れてもらうべき?!
| chiekoa | 2005/10/28 2:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック