プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 楽隊のうさぎ [中沢けい] | Top | 泳ぐのに、安全でも適切でもありません [江國香織] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
うさぎとトランペット [中沢けい]
4104377023うさぎとトランペット
中沢 けい
新潮社 2004-12-22

前作「楽隊のうさぎ」の続編ですが、前回の主人公だった中学生たちは、ここでは中学を卒業し、脇役として登場します。

今回の主人公は小学五年生の宇佐子です。クラスメイトのちょっと変わった女の子と親しくなった宇佐子。クラリネットを練習している彼女につられて、市民吹奏楽団「ピンクバナナ」に出入りするようになった宇佐子は自分もトランペットを吹くようになり…というストーリーです。

前回と違い、「中学校の吹奏楽部」がメインでなくなったので、そこに関しては熱くならず、落ち着いて読めました(笑)。

でも…やっぱりなんだかちょっと物足りなかったです。子供が音楽と出会ってそして変わっていく。それが描きたいのはわかるのですが、それにしては音楽がいまいち魅力的に書かれていないなぁと。これなら音楽じゃなくったっていいじゃないか、サッカーでも刺繍でも、と思ってしまったのです。前作に登場した彼らのその後も、このエピソードはいるのやらいらないのやら。

思い入れが強すぎる素材っていうのは、読みづらいのかもしれないなぁ…。

なお、全然本題とは関係ないですが、個人的に宇佐子のお父さんがとてもお気に入りでした。このお父さんはいいなぁ。
| な行(その他) | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
トランペットアンサンブルコンサート
すいません!トランペト好きの方とお近づきにと思い、送信させてもらいましたが、もし、気分を害されましたら、削除してください。すいません。 トランペットアンサンブルコンサート先日5日川口文化センターリリア音楽ホールで行われた武蔵野音楽大学トランペット会主
| 人生日記 | 2007/03/08 5:43 PM |
管楽器修理屋さんの思い出
管楽器がお好きな方と交流を持てたらと、トラバをしてみました。もし、気分を害されましたら削除してください。すいません。 管楽器修理屋さんの思い出先のトランペットの記事に、真っ先にコメントを下さったリペアーマンさんのブログを尋ねましたら、管楽器の修理をし
| 人生日記 | 2007/03/12 1:54 PM |