プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 好き好き大好き超愛してる。 [舞城王太郎] | Top | れんげ野原のまんなかで [森谷明子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ささらさや [加納朋子]
4344001168ささらさや
加納 朋子
幻冬舎 2001-09

突然の交通事故で死んでしまった「俺」。あとに残され、二人ぼっちになってしまった妻・サヤと、まだ赤ちゃんのユウ坊。世界中で、二人を守れるのは自分だけ、二人の味方になってやれるのは自分だけ。死んでしまったけれど意識はある…幽霊になってしまった彼は、二人に何か困ったことが起こる度、誰かの体を借りて二人を助けにあらわれますが…。

この物語はこれだけ「泣かせる」設定なのに、あえて泣かせに走らず、暗くもならず、むしろほんわか温かく描かれています。いや、そこがむしろ泣けたりもするのですが…。やわらかな雰囲気の挿画もステキです。

何しろ人がよくて、押しの弱いサヤ。読んでいてあまりに頼りない彼女にもどかしさを感じることもありました。でもそんな彼女を、私の代わりに「俺」が「馬鹿っサヤ!」と叱りつけてくれました。二人はステキな夫婦だったんだなぁ…。こんなに愛のこもった優しい「馬鹿」は、なかなか聞けるものではありません。

そして、新しく出会ったステキな人々に支えられ、少しずつでも成長していくサヤ。そんなサヤをずっと見守っていた彼も、やがて気づきます。自分がいなくても、サヤを助けてくれる人たちが、もうたくさんいるということに…。

この物語は連作短編になっていて、一番最初の「トランジット・パッセンジャー」と最後の「トワイライト・メッセンジャー」の二つが「俺」の視点から描かれているのですが、この二章がもう切なくて切なくて…胸が痛かったです。

最初から死んでしまっているのだから、こうなることはわかっていたのに、やっぱり最後には胸がつぶれるような思いでした。でも思ったような愁嘆場がなくてよかった…。いなくなる前に、最後にサヤと自分にステキなプレゼントを残していった彼。それを受け取ったサヤは、泣いて泣いて、でもきっと笑顔を見せたと思います。サヤは弱いようにみえますが、こういう「すべてを許せる」ということが、ほんとうは一番強いことなのですから。

唯一残念だったのは「喫茶店のマスター」。彼…このエピソード要りますか?!なんか唐突すぎたというか。郵便配達くんの方がまだ…。

ちなみに私が読んだのはハードカバーの単行本ですが、読み終わってからもう一度表紙を見て、そして裏表紙を見て、泣きました。
| か行(加納朋子) | comments(4) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
この本は、私のめっちゃ好きな本の一つです。
最後、かなり泣けますね・・・。

この続きが発売されているのをご存じですか?
確か、「あしたてるてる」だったと思います。
まだ読んでないんですが、かなり期待しているところです。
早く読まなければ・・・。

| kotori | 2006/02/23 11:42 AM |
読みましたよ〜。とてもステキでした。
さらに泣けます…!!ぜひ読んでみてください!
| chiekoa | 2006/02/24 5:56 PM |
最初と最後の夫の視点の物語、すごくよかったですね。

私も途中で郵便配達の男の人とどうにかなる方向なのかって思ってたんですけど…マスターとどうにかなるかもしれないかもしれないって匂わせていましたよね。
| なな | 2006/04/04 8:51 PM |
そうそう、でもいいんですよ!他の男は!ぷんぷん。
いらないいらない。いいのっ!
(↑なんだか妙に感情移入してますが…(汗))

だって〜(泣)。
| chiekoa | 2006/04/05 4:38 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『ささらさや』 加納朋子 (幻冬舎文庫)
ささらさや加納 朋子 / 幻冬舎(2004/04)Amazonランキング:29,014位Amazonおすすめ度:育児中のママにおすすめ人間をますます好きになれます人は関わり合いをもって生きていくモノAmazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 最新作『てるてるあした』は本
| 活字中毒日記! | 2005/06/23 12:49 AM |
「ささらさや」加納朋子
「ささらさや」加納朋子(2001)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、ファンタジー、ミステリー、短編連作、幽霊 、エブリデイマジック blogで、勧められた作家、作品。いわゆる幽霊モノ。幽霊モノとは、死んだ人間が幽霊となってしまい、ふつうに生きている人間
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/07/10 6:31 AM |
「ささらさや」 加納朋子
ささらさやposted with 簡単リンクくん at 2005. 7. 2加納 朋子幻冬舎 (2001.10)通常1〜3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/07/12 7:57 PM |
「ささらさや」加納朋子
ささらさやposted with 簡単リンクくん at 2005. 7.26加納 朋子幻冬舎 (2004.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 例によってMy Best Books!に参加するため、 加納朋子さんの本で家に溜め込んでいる本を読んでいた。 あと数冊読
| 本を読む女。改訂版 | 2005/07/31 1:30 AM |
ささら さや*加納朋子
☆☆☆☆・ ささら さや・・・・・。 逝ってしまったあの人にもう一度会わせてくれる哀しくて懐かしい魔法の音。  サンキュ、サヤ。そして、バイバイ。 夫を突然の事故で失ったサヤは残された赤ちゃんのユウ坊とふたり 「佐々良(ささら)」という街へ移住する。 
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/08/11 7:59 AM |
(書評)ささら さや
著者:加納朋子 最愛の妻・サヤと生まれたばかりのユウ坊を残して夫は事故死してしま
| たこの感想文 | 2006/03/11 4:22 PM |
「ささらさや」加納朋子
ささらさや 加納 朋子 突然の事故で夫を亡くしたサヤは2ヶ月になるユウ坊と佐々良市に移り住む。そこで出会う人たち、困った時に助けてくれる夫。少しずつ強くなっていくサヤの物語。 どうしてたらこんなに薄幸に慣れるのかって言うくらい幸せと縁のないサ
| ナナメモ | 2006/04/04 8:52 PM |
[本]
「ささらさや」加納朋子(図書館)を読む。面白い。 非日常センスの「日常の謎」ミステリ。連作 なおかつ この巻で完結。 赤ちゃん保育小説としても秀逸。騙されやすく気の弱いヒロインのへなちょこ育児を幾分ビターに描写。 2話目で何故か泣けた。 しかしヒロイン友達の
| 「短歌と短剣」探検譚 | 2007/07/20 9:29 PM |