プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< φは壊れたね [森博嗣] | Top | 若竹七海ベスト本投票 [ぼくの若竹七海な日常] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
海神(ネプチューン)の晩餐 [若竹七海]
4062083388海神(ネプチューン)の晩餐
若竹 七海
講談社 1997-01

1912年に起こったタイタニック号事件。まさに沈もうとしている船の上で、乗客として乗り込んでいたある探偵作家は、その未発表原稿を瓶に入れ封印し、海にそれをゆだねます。
そして二十年後の1932年、横浜を出港した大型客船「氷川丸」に乗り込んだ本山の手元には、その小説の原稿がありました。この原稿に隠された秘密とは?そして船上で次々と起こる奇妙な出来事の謎は??

物語の舞台が、満州事変の直後、日本が中国を侵略し始めたその頃で、まさにその事件の余波が取りざたされている現在、なんだか途切れることなく連綿と続く歴史の不思議というものをすごく感じてしまいました。

登場人物たちは皆とても好感が持て、ストーリーもおもしろく、ぐいぐい読ませるのに、その中にそこはかとなく漂う暗い感じ…。見え隠れしていたその暗さが、深刻な影を落とすラストには、とても重い宿題をもらったような気持ちになりました。この後の日本がどういう道を突き進んでしまうかを知っている私たちとしては…。なんというか、どうしようもできないやるせなさというか。時代の波に翻弄された彼らの人生が、何とも胸に苦く、苦しかったです。

でも、ほんとに全体のトーンは決して暗くないですし、おもしろかった、読んでよかったです。

そしてこの本の中にはいろいろ「本当にあったこと」や「実在した人物」が盛り込まれているらしいのですが、一番びっくりしたのが「日本人でタイタニックに乗船していて助かった人がいて、その人は細野晴臣さんのお祖父さん」ということです。知らなかった!
| わ行(若竹七海) | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
若竹七海さん、どんどん読んでくれてるんですねー。ファンなので嬉しいです。この本は若竹七海さんの中では、ちょっと毛色の変わった重さがあるよね・・・。個人的な重さじゃなくて、社会的な重さっていうか・・・(あ、難しい事言おうとしたら、自分でもわけわかんなくなってきた(笑)。いつか「火天風神」の感想も書いてみてくださーい。ちょっと古い本だけど面白いの。テンション上がりますよ〜。
| ゆうき | 2005/06/23 4:44 PM |
私も最近すっかり若竹さん好きに…。これはゆうきさんとざれこさんの影響かと思われます(笑)。
『火天風神』とはまたすごいタイトルですね!オススメありがとうございます!今度読んでみます。ちなみに今、手もとには『閉ざされた夏』があります。季節的にいいかなと思って!(内容知らないですがタイトルから…。)
| chiekoa | 2005/06/23 5:29 PM |
クレヨン王国で こちらのホームページを知ったちえりんです。
何か 新しい人を読みたいと 思い、
chiekoaさんの 本の紹介を読んで この本 チャレンジしました。
とっても おもしろかったです!
別の本も読んでみます!
| ちえりん | 2006/08/27 9:12 PM |
ちえりんさん、こんにちは!
ありがとうございます!しかしまたすごいところからチャレンジされましたね(笑)。他にも色々、ぜひ読んでみてください!感想楽しみにしてまーす!
| chiekoa | 2006/08/28 7:04 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
Reading Baton
でこぽんさん(id:yookoo)、のところから、バトンきました。ここは読書専門サイトですから、いつかは回ってくるんじゃないかなあと、思っていましたが、こんなに早く回ってくるとは・・・!うれしいな♪ではさっそく・・・。 □ お気に入りのテキストサイト(ブログ)
| Yu-Ki’s Reading Diary | 2005/06/23 4:37 PM |
若竹七海『海神の晩餐』
若竹 七海 海神(ネプチューン)の晩餐 初めて読んだ作家。 プロローグは1912年4月 タイタニックの沈没 本編は1932年 豪華客船『氷川丸』船上 エピローグは1941年 太平洋戦争開戦直前 時代背景は暗く重い。 だけど 華やかな一等船室での  上流社会の
| 時遊くらぶ-図書館- | 2006/08/27 9:43 PM |