プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 海辺のカフカ(下) [村上春樹] | Top | しまなみ幻想 [内田康夫] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
スプートニクの恋人 [村上春樹]
4062096579スプートニクの恋人
村上 春樹
講談社 1999-04

恋愛小説…なんですよね。恋愛のこと書いてますもんね。でもなんだかちょっと普通の恋愛小説とはやっぱりちょっと違うというか全然違うというか。うーむ。ハルキさんの本は、何を読んでも読み終わってから「うーむ」ってなっちゃいます。

私は、この人の小説を読んでいて、主人公の「表情」を浮かべることがいつもどうしてもできません。どの作品も。表情のない人しか浮かばないのです。どうしてでしょう。私の頭の中では、皆一様に無表情なのです。想像力が乏しいだけでしょうか。

本筋とは関係ないですが印象に残ったところ。

 屮泪哀ップ(スナフキンの絵がついている)」
 先日読んだ「海辺のカフカ」には、ムーミンの絵がついたマグカップが出てきました。なぜいつもムーミンシリーズ?たまたま?

◆屬△覆燭辰討箸どきものすごくやさしくなれるのね。クリスマスと夏休みと生まれたての仔犬が一緒になったみたいに」
 ついこういう表現を探してしまいます。ハルキさんの「〜みたいに」は独特でとてもおもしろいです。

「あまりにもすんなりとすべてを説明する理由なり理論なりには必ず落とし穴がある。」
 ほんとにそう思います。「これぞまさに運命」みたいなのって、なんだかうさんくさいと思ってしまいます。疑り深いだけですか??


| ま行(村上春樹) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック