プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 火天風神 [若竹七海] | Top | スローモーション [佐藤多佳子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
むかしのはなし [三浦しをん]
4344007417むかしのはなし
三浦 しをん
幻冬舎 2005-02-25

「かぐや姫」「浦島太郎」「桃太郎」…。そんな誰もが知っている日本の昔話に重ね合わせて描かれる、7つの短編から成る物語です。

それぞれの短編の頭に、元になった昔話が抜粋で記述されているのですが、それがなくても立派に独立した短編として成り立っているように思えます。(むしろ「これとあの昔話にどんな関係が?」と思ってしまうことも…。すいません、読解力なくて。)そして、それぞれが独立しているのかと思いきや、少しずつリンクしていく物語。つながって紡がれる、その物語の行き着く先は…。

あとがきのなかで三浦さんはこう言います。
「なにかを語り伝えたいと願うときとは、きっとなんらかの変化が起きたときだろう。喜びか、悲しみか、驚きか、定かではないけれどとにかく、永遠に続くかと思われた日常のなかに非日常性が忍び入ってきたとき、その出来事や体験について、だれかに語りたくなるのだ。だれでもいい、だれかに。」
語り継がれる「昔話」としての「むかしのはなし」と、それぞれが語る「自分の過去の話」としての「むかしのはなし」。

この「現代の昔話」が語られるきっかけになった、非日常的な「なにか」。携帯メールや、電話や、日記といった現代の「形」で、どこにでもいそうな普通の人間たちが語るこの物語。彼らが伝えたかったことはなんだろう。愚かな、でも愛すべき人の営み。いとしいけれどちょっと哀しい、そんなことを思いました。

ちなみに、私は「ロケットの思い出」が一番好きでした。
(単に犬好き??)
| ま行(三浦しをん) | comments(8) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんにちは♪
先日は直木賞アンケートならびにグランプリへのご参加ありがとうございました。

それはそうと町田さんの『告白』良さそうですね。
以前1冊読んだことがあるのですが、ちょっと文体が合わない(同じ関西人なのに)ので敬遠してたのですが、そろそろチャレンジしてもいいかなと思います。

それはそうと、マイベスなんですが東野さんスタートしました。
またお暇なときにお立ち寄りください。
| トラキチ | 2005/07/17 1:19 PM |
投票方法を間違えまして、ご迷惑おかけいたしました…。
ありがとうございました!

『告白』よかったですよ!私も町田さんはあの文体がだめで、初めて読んだ『夫婦茶碗』でリタイアして以来、ずっと読んでなかったのですが、あれがはまるところにははまるのだ!ということが最近やっとわかるようになってきました。
今ではむしろお気に入りです…くほほ。

東野さんのマイベス、参加させていただきます!
| chiekoa | 2005/07/17 2:41 PM |
TBさせて頂きました。
三浦さんの作品は初めて手にとりました。力のある作家さんだなぁと思いました。
| 早乙女 | 2005/07/21 9:06 PM |
早乙女さん、これが初だったんですね。
ほかにもいろいろ、ほんといろんな作品がありますから、
ぜひ読んで感想聞かせてください!
(っていうほど私も読んでませんが…)
| chiekoa | 2005/07/21 11:35 PM |
chiekoaさんは、「ロケットの思い出」が一番お好きだったのですね^^
私もロケットと、最後のモモちゃんのお話の2つが面白かったです。
まだまだ、しをんさん作品は、読み始めたばっかりなので、今後も色々読みあさって行きたいと思います(^_^)

私は、子供の頃野犬に追いかけられたのがトラウマになって?恐い・・・と、現実では、近づけなかったりするのにもかかわらず、犬好きです。「三四郎はそれから門を出た」で、しをんさんも、そんな事言ってましたよね?頭の中では犬を溺愛してる・・みたいな^^

今、三四郎を呼んでいる最中なのですが、今、chiekoaさんのレビュー先に読んで来ちゃいましたw 私もあの「冷静と情熱の間・・・コンパで・・・」の話を読んで、解るっ!!よくぞズバリと言ってくれた!(と言えるほど、自分は、本とか読んでないので、、恥ずかしいんですが・・・。でも、こういうのって、音楽でも映画でも、似たような事有りますよね・・) でも、やっぱり、そういう事をズバっと言える、しをんさん偉い、好き!と思ってしまいました。
| latifa | 2006/12/12 4:58 PM |
latifaさん、でっすよね〜!よく言った!拍手喝さい!って感じでした。いつも心の中で言っているので…(笑)。
| chiekoa | 2006/12/13 1:30 PM |
こんにちは♪
わたしも「ロケットの思い出」が一番好きです。
chiekoaさんのおっしゃるとおり、単に犬好きだからかもしれませんが('-'*)エヘ
作品全体に漂う物憂げなかんじが、なんともハマりました。
雨の日の読書にいいかも…なんて思ってみたりして。
| Rutile | 2006/12/26 5:56 PM |
Rutileさん、そうですね〜雨の日!よさそうです。
そういえばしをんさんってばこんな本も書いてたのね…と思う今日このごろ。やっぱり再読したいです!
| chiekoa | 2006/12/27 6:02 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
むかしのはなし 三浦しをん
ISBN:4344007417:detail 「日本昔話」が、この本の中でどう語りかえられたのか、お楽しみいただけたなら嬉しい。 と、あとがきにあるが、これはちょっと言い過ぎ。語り変えたというより、インスピレーションを得た、とか、暗喩として組み込んだ、と、言ったところ
| ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary) | 2005/07/01 5:32 AM |
むかしのはなし*三浦しをん
☆☆☆・・かぐや姫・花咲爺・天女の羽衣・浦島太郎・鉢かつぎ・猿婿入り・桃太郎という昔話を下敷きにして今現在生まれるいつの日かの昔話7編である。それぞれの物語の冒頭に下敷きにされている昔話のあらすじが載せられているのだがそれなしでも充分にひとつの物語と
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/07/09 9:31 PM |
むかしのはなし
むかしのはなし 三浦 しをん 人は変化する世界を言葉によって把握する。どんな状況においても、言葉を媒介に誰かと繋がっていたいと願う…。語られることによって生き延びてきた物語である「日本昔話」を語り変えた書下ろし7編を収録。 語り、を重視して思い
| darjeeling and book | 2005/07/09 10:46 PM |
むかしのはなし/三浦 しをん
やっとこさ読み終わりました。 だれもが知ってる7つの昔話のちょっとクールな現代版物語…と言いたいところですが関係を見出す方が難しかったりします。 ブチブチと途切れ途切れに読んだので後半やっと「ん?」「おや?」とページを戻しながらアチコチに連鎖してい
| ひまさえあれば | 2005/07/15 9:30 PM |
第133回直木賞発表!
前回に引き続き予想通り朱川湊人さんが受賞されました[:拍手:] 辛辣さでは負けても予想の確かさではメッタ斬りの人には負けません(笑) これで3回連続ドンピシャ的中です。 第131回予想はこちら 今回は一人受賞の確率の方が高いと思っていたのでスンナリと
| 活字中毒日記! | 2005/07/16 10:30 PM |
『むかしのはなし』 三浦しをん (幻冬舎) 
むかしのはなしposted with 簡単リンクくん at 2005. 5. 3三浦 しをん幻冬舎 (2005.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 三浦しをんは末恐ろしい作家である。 子供の頃、誰もが読み聞かされた“むかしばなし(日本昔話)”を手玉に
| 活字中毒日記! | 2005/07/16 10:32 PM |
むかしのはなし
むかしのはなし わたしを記憶するひとは誰もいない。 わたし自身さえ、わたしのことを忘れてしまった。 胸のうちに、語り伝えよという声のみが響く。 これはたぶん、思い出のようなもの。 あとはただ、ゆっくりと忘れ去られていくだけの (帯より) 昔話をモ
| a bird shop | 2005/07/17 6:17 PM |
むかしのはなし  三浦しをん(幻冬舎)
むかしのはなし三浦 しをん幻冬舎 2005-02-25売り上げランキング : 10,470Amazonで詳しく見る by G-tools 7つの短編が収められている短編集だと事前に頭にあったが、微妙に繋がっているとは思いもしなかった。 それぞれの話の冒頭にむかしばなしがあり、その話をモチ
| 作家志望の日々 | 2005/07/21 8:56 PM |
「むかしのはなし」三浦しをん
むかしのはなしposted with 簡単リンクくん at 2005. 8.11三浦/しをん 著幻冬舎 (2005.2)通常1〜3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 直木賞候補になった三浦しをんさん。 伊坂氏を抜いて最年少候補ですか?だって私より年下の人が
| 本を読む女。改訂版 | 2005/08/15 11:29 PM |
「むかしのはなし」 三浦しをん
むかしのはなしposted with 簡単リンクくん at 2005. 8.21三浦しをん著幻冬舎 (2005.2)通常1〜3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/08/21 3:22 PM |
「むかしのはなし」三浦しをん
むかしのはなし三浦 しをん 「日本昔話」を元に三浦しをんさんが考えた、いま語られる「昔話」「ラブレス」かぐや姫。「ロケットの思い出」花咲か爺「ディスタンス」天女の羽衣「入り江は緑」浦島太郎「たどりつくまで」鉢かつぎ「花」猿婿入り「懐かしき川べりの町の物
| ナナメモ | 2005/08/23 10:06 PM |
[本]三浦しをん「むかしのはなし」
むかしのはなし 三浦 しをん / 幻冬舎「かぐや姫」「浦島太郎」「桃太郎」など日本古来の昔話に インスパイアされた小説7篇を収録。 あとがきには「いま『昔話』が生まれるとしたら、 と考えた結果」生み出された物語であると 記されているのですが、話の舞台は
| Four Seasons | 2006/03/22 8:47 PM |
「むかしのはなし」三浦しをん と「最後の恋」感想
「最後の恋」という何人かの作家さんによる短編集の一つに、三浦しをんさんの『春太の毎日』があり、それを読んで、一目惚れ?? 次に読んだのが「むかしのはなし」で・・・
| ポコアポコヤ | 2006/12/12 5:35 PM |
『むかしのはなし』三浦しをん
シェアブログ1152に投稿 7人の男女が語る『むかしのはなし』が収められています。 おなじみの日本昔話を、現代風・しをんさん風にアレンジしていて、 やがて舞台は日本だけにとどまらず宇宙にまで及ぶ、 壮大で、で
| 道草読書のススメ | 2006/12/26 6:24 PM |
『むかしのはなし』 三浦しをん
『むかしのはなし』 三浦しをん 対談などを読んで、ずっと気になっていた作家・三浦しをん。 初めて読んだのですが、重すぎず軽すぎず安心して楽しめる7編の短編集です。 「かぐや姫」「花咲か爺」「天女の羽衣」などの昔話が下敷きになっていて、 それぞれ全く別の
| 勝手に装丁室 | 2008/01/03 1:40 PM |