プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< むかしのはなし [三浦しをん] | Top | 妄想炸裂 [三浦しをん] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
スローモーション [佐藤多佳子]
スローモーション
佐藤 多佳子
偕成社 1993-04

主人公は高校一年生の女の子、千佐。バイクで事故ってから一日中家でごろごろしてるニ十二歳の「ニイちゃん」と、ちょっと奇妙な同級生、及川周子。二人が出会って、何かが変わり始めた。十六歳の千佐が見つめる世界の物語です。

なんというか、あの高校生ぐらいだったころの「居心地の悪さ」みたいなものが、ものすごくリアルな物語でした。女の子同士の距離の取り方や、クラス内での自分のポジションや、ちょっとしたいじめや。それなりに楽しくやっているのに、何か違う、どこか違う。そういう感覚がすごく生々しかったです。

しかし千佐はほんとうに賢い。賢いというか、冷静というか、クールというか(同じだ)。こんな風に自分の周りや世の中が見えてるってすごい。私は全然こんなじゃなかったと思います…。

「児童文学」と言ってしまうには、いつもよりちょっと温度が低め。もうちょっと大人。出会いと別れ、ほろ苦い青春小説でした。
| さ行(佐藤多佳子) | comments(2) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました☆

 たしかに、ちょっと温度が低めでしたね。
 千佐以上に、及川さんはさらに大人に見えました。

 ところで、ほかにもいろんな本をたくさん読んでおられますね。
 いくつか読ませていただきました。
 これからまたちょくちょく寄らせていただきますね♪
 よろしくお願いします。
| miyukichi | 2006/12/12 7:39 PM |
miyukichiさん、コメントありがとうございます!
本を読むのは…それが私の人生なので(笑)。これからも遊びにきてくれるとうれしいです!よろしくお願いします!
| chiekoa | 2006/12/13 1:31 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「スローモーショーン」佐藤多佳子
「スローモーショーン」佐藤多佳子(1993)☆☆★★★ ※[913]、国内、児童文学、ヤングアダルト、現代、小説 ネットで、ちょっと話題になっていた佐藤多佳子氏を図書館の書架で見かけたので、借りた。 もともと児童文学は好きなのだが、この「ヤングアダルト」
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/07/01 5:03 AM |
▲ スローモーション 佐藤多佳子
スローモーション 佐藤 多佳子 ゴトウ ヒロシ ジャイブ 2006-06-01 文庫化されたので読みました。もとは、1993年4月に出版された作品です。再読のように思いますが・・・記憶にはありません(笑)。 主人公は高校1年生の千佐。22歳のニイちゃんは元不良
| 本を読んだら・・・by ゆうき | 2006/10/27 12:35 AM |
スローモーション
 佐藤多佳子:著 『スローモーション』    女子高1年のあたしと、腹違いのニイちゃん、一平。  そして、あたしの同級生で、すべての動作がスローな周子。  この3人のつくる空間が、なんか優しくっていい。{/hikari_pink/}  淡々としたあたしのモノローグは、
| miyukichin’mu*me*mo* | 2006/12/10 11:17 PM |