プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< スプートニクの恋人 [村上春樹] | Top | 今夜誰のとなりで眠る [唯川恵] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
しまなみ幻想 [内田康夫]
4334923747しまなみ幻想
内田 康夫
光文社 2002-11-19

ここのところ小難しい本ばかり読んでしまい、これを読んでなんだかホッとしました。よかった、ちゃんと意味わかる…。

おなじみ、浅見さんシリーズです。四国に、瀬戸大橋以外の橋で渡れるということを全然知らなかったのでびっくりしました。「しまなみ海道」行ってみたいです。その前に瀬戸大橋か…。(まだ行ったことないです。)

最近の浅見さんシリーズに多い、「正義を行う」系(?)の結末ではなかったので、ちょとびっくりしました。そういえば昔は全部こうだったなぁ…。現実の人間の心の難しさや、感情、なんかを考えると「正義を行う」の方がしみじみと迫るものがあるのですが、単純にこういうのもやはりよいと思いました。だってお話の中くらいめでたしめでたしでいいじゃないですか…。現実、こんなにきびしいんですから。
| あ行(内田康夫) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック