プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< メリーゴーランド [荻原浩] | Top | さよなら、スナフキン [山崎マキコ] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
人生ベストテン [角田光代]
4062128101人生ベストテン
角田 光代
講談社 2005-03-02

短編集です。

ひとことで言うと…もうちょっと歳取ってから読んだ方がよかったかなぁ?と。
いや、もうじゅーぶんに歳取ってるんですけど、そこはかとなくターゲットがもう少し上のような…。ここに書かれている気持ちが私には実感できなかったんです。どの短編にしても、主人公たちの達観っぷりというのが、まだ私には理解できないなと。なんかもう少し人生の経験をつまないとダメかなと。

印象に残ったのは最後の二つ。表題作「人生ベストテン」と「貸し出しデート」。

「人生ベストテン」は、読み終わって思わず自分の人生のベストテンを考えてしまいました。…うーん、結論出ず。小さいことを入れればいくらでもありますけど、「ベストテン!」と言われると、10個もないなぁ。まぁ、私の人生のベストテンに入るような出来事はまだまだこれから起こるのだ!ということで。(希望的観測。)そして、同窓会には参加すべし!(←?)

「貸し出しデート」は「勘違い田吾作」くんに対する主人公の辛辣さが面白くて好きでした(笑)。悲しいお話なんですけど、暗くなくて。あぁ、でもこの後どうなるのか…。やっぱり、え、そうなのかなぁ…。

あ、あと「飛行機と水族館」のこんな一言に深ーくうなずきました。

自分にとってものすごく大きなことで、もう今までとは何もかもが違っちゃっうのに、なんかこうして話すと馬鹿みたい
そう、なんか人に話すとたいしたことのない、どこにでもある話になっちゃうことって、たくさんありますよね…。もどかしい。でも、そういうもの。

あと5年くらいしたら、もう一度読み返してみたいなと思いました。

| か行(角田光代) | comments(4) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん☆TBありがとうございます。
5年後に読んだら、もっと実感が湧くのかしら?
その間に、人生ベストテンがどれだけ書き変えられるのか楽しみですよね。
| Roko | 2005/07/04 9:33 PM |
Chiekoaさん、TBありがとうございます。
私はたぶん、主人公たちとかなり年が近いです^^;
でも、実感が湧かないというか、どうもすっきりしなくて・・。
自己紹介のバージョンを何パターンも考えるところとか、リアルでどきっとしたのですけどね。
「勘違い田吾作くん」との不毛なデートは、
おかしいんだけど、かなしくて何だか印象に残ってます。
| june | 2005/07/04 11:08 PM |
chiekoaさん、TBありがとうございました。
chiekoaさんより確実に5つは年上であるだろう私ですが
部分的にあーっと思うところはあっても理解しがたい!
そんな本なのかもしれませんね。
| なな | 2005/07/04 11:15 PM |
Rocoさん、あぁ、切実にそれを希望します!!
ベスト5くらいはこれから起こってもらわないと…!

juneさん、私も限りなく歳近いと思われますが!
修行が足らないだけでしょうか…。

ナナさん、なんだか歳の問題じゃないような気もします。
人生の経験値??少なすぎ??
| chiekoa | 2005/07/05 11:07 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
人生ベストテン
人生ベストテン 講談社 角田光代 このアイテムの詳細を見る  「寝つけない夜は、ベッドのなかで薄い水割りを飲みながら、我が人生のイベントベストテンなどを思い浮かべてみる。自虐的な趣味だと思うが気が付くとやっている。これをやると、主だったできごとは、
| ついてる日記 | 2005/07/04 9:20 PM |
人生ベストテン
人生ベストテン 角田光代 角田さんの本を読むのは初めてでした。「対岸の彼女」の評判もいいみたいだし、テレビで角田さんを見たときにとても好感を持ったので、すごく楽しみでした。「人生ベストテン」というタイトルにも惹かれたし。 でも、どの短編も「だからな
| 本のある生活 | 2005/07/04 10:55 PM |
「人生ベストテン」
人生ベストテン角田 光代6つの短編。「床下の日常」水漏れしたマンションに壁紙を張りに行った僕、現場に立ち会っている奥さんに昼ごはんに誘われる。 「観光旅行」恋人と別れる事になりそうな私、その事実から逃れるためにイタリアに旅行に来た。そこで出会った日本
| ナナメモ | 2005/07/04 11:15 PM |
「人生ベストテン」 角田 光代
6つの短編集。30代後半から40歳くらいの女主人公の話が多い。最初の「床下の日常」は主人公はめずらしく男性だけれど、描いているのは大人の女性。 主人公たちには、人並みの幸福を手に入れたいからと安易な選択をせず、ちゃんと自分に素直に生きてきた、という感じ
| 忘れられぬ風景を求めて | 2005/07/23 11:53 PM |
「人生ベストテン」 角田光代
人生ベストテンposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.14角田 光代 / 角田 光代著 / 角田 光代著講談社 (2005.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/09/04 7:52 PM |
人生ベストテン 角田光代
人生ベストテン 角田光代  講談社 2005.03  床下の日常  観光旅行  飛行機と水族館  テラスでお茶を  人生ベストテン  貸し出しデート 6つの物語が収録された短編集。主人公が女性の話が4つと男性の話が2つ。 とても楽しく読めた。特に女性が主人公の話が
| イチゴイチエ | 2006/02/03 1:09 AM |
「人生ベストテン」角田光代
人生ベストテン発売元: 講談社価格: ¥ 1,470発売日: 2005/03/02売上ランキング: 149,756おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/03/04 装丁は可愛い。でも、相変わらずの角田さんである。 装丁が可愛いので、もしかして今回は毒気少な目でいくのかな、と 勝
| 本を読む女。改訂版 | 2006/03/06 4:30 PM |
『人生ベストテン』 角田光代
「ベストテン」といいつつも、ワーストまではいかずとも、 どちらかといえば、バッドな物語。 ものすごーく悪いことかと問われれば、そうでもなく、 「ツイてないなぁ」と、軽く舌打ちしたくなる程度。 でも、夜友人に電話で、「ねぇねぇ聞いてよぉ。 今日サイ
| *モナミ* | 2006/08/21 7:55 PM |