プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 六番目の小夜子 [恩田陸] | Top | 不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ [菅野彰] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
図書室の海 [恩田陸]
4101234167図書室の海
恩田 陸
新潮社 2005-06

夜のピクニック』の予告編として書かれた「ピクニックの準備」を目当てに読みました。それ以外にもお目当てはいろいろあって、『六番目の小夜子』の番外編「図書室の海」や、三月シリーズに登場する理瀬の幼い頃の物語「睡蓮」などなど。読みたかったもの満載。ミステリィあり、ホラーあり、SFありと、盛りだくさんの短編集でした。「恩田陸の世界」を満喫しました。ふぅ!

「ピクニックの準備」では、歩行祭前夜の貴子と融、そして「ある人物」の心模様が語られます。明日がどんな日になるのか、まだ知らない彼ら。それぞれの思惑を胸に、夜が更けていく。どきどきします。もう一度「夜のピクニック」を読みたくなっちゃいました。(もう、大好き!)

「図書室の海」は『六番目の小夜子』に登場する関根秋のお姉さん・夏の物語です。「六番目の小夜子」の時点では、もうあの高校を卒業してしまっていた彼女が、まだ高校生だったころの、彼女の「サヨコ」の物語。これを読んでいたら、高校時代のあの図書室にもう一度行ってみたくなりました。人がいなくて、静かで、窓から光が差し込んでいて、ちょっと埃の舞っていた、あのけだるい午後の図書室に。

そして印象に残ったのが、図書カードのこと。図書室の本の裏表紙のところにささっていたあのカード。一番乗りだとうれしかったり、気になる人の名前があるかどうか探したり。小さなどきどきの思い出。学校の図書室で、街の図書館で、私の読んできた本に付いている足跡。電子化の波にもまれて、これからどんどんなくなっていってしまうのでしょうか。便利さと引き換えに、失っていくものもたくさんあるんだなと、そんな事に思いを馳せました。
| あ行(恩田陸) | comments(12) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
図書カードには柊も思い出があります(笑)
町の図書館はもうほとんど電子化されているけれど
学校の図書館にはこのカード、健在なのでしょうか…。
残ってて欲しいです。学校には。

関根一家の登場する『象と耳鳴り』、
恩田陸さんの短編集の中でもお薦め!だと思います。
機会がありましたら、是非是非♪
| | 2005/07/08 5:04 PM |
ほんと、残ってて欲しいです。この本読んでしみじみ思いました。自分の名前が、母校の図書館の本のスミに眠ってるのを想像するのって、ちょっとうれしいな…とか思うんですよね。

しかし「象と耳鳴り」ってすごいタイトルですね。さっそく探してみます!
| chiekoa | 2005/07/08 5:44 PM |
恩田陸さんの作品は
いろんなところがいろんな風にリンクしていて
そんなところを探すのも愉しいですよね。
| ふらっと | 2005/07/08 8:30 PM |
残念ながら、わが中学・高校ではいち早く電子化が進み、僕が入学した六年前には既に図書カードというものは撤廃されていました。たぶん、まだまだ図書カードの残っている学校はたくさんあると思うんですけど、これからの世代には電子化のほうが受け入れられやすいのでしょうね……個人的には図書カード、経験してみたかったです。そうしたら、僕も伝説となれていたかもしれないのにっ。
 ……などとくだらないことに思いを馳せました。『象と耳鳴り』は恩田さんには珍しく本格系ばかり揃った短編集ですよー。
| street-kids | 2005/07/08 9:27 PM |
学校の図書室からも、図書カードは消えているのですね・・。
私にも図書カードには思い出があります。
みんな似たようなことやってるのねと、うれしかったりして(笑)
でも、あれって個人情報の山といえば山ですよね。
趣味思考がまるわかりです。
| june | 2005/07/08 10:30 PM |
ふらっとさん、ほんとそうなんですよね!でもすぐ忘れちゃう方なので「あれ?どっかででてきたような…でもどこだっけ??あーっ!思い出せないっ!」ってなることが多く、精神衛生上よろしくないことも多々(笑)。

street-kidsさん、ジェネレーションギャップを感じますね…。もうないんですか!古きよき時代…。しかし、そう考えると体験できたことはよかったような。そういえば図書委員長でした、私。

juneさん、そうだ!確かに!すごい個人情報ですよねぇ。気にしたことなかったです…。そういうことも気にしないといけなくなってしまった現代が、ちょっぴり哀しいです(涙)。
| chiekoa | 2005/07/09 12:52 AM |
chiekoaさん☆おはようございます。
図書カード懐かしいですね。
学生時代に紀伊国屋書店で、図書カードを作るバイトをしたことがあります。
図書カードを見て、前に誰が読んだのかな?って、確かにそんなことを考えたこともありました。
懐かしいなぁ!
| Roko | 2006/06/30 8:35 AM |
ですよね!懐かしいですよね!
でも「懐かしい」ってこと自体が悲しいです。
いいものなのになぁあれ。
そりゃ便利じゃないかもしれませんけど…。
なくなってしまうのは悲しいです。

だってそこから恋が始まったりするんですよ!
(昔そういうマンガを読みまして…)
| chiekoa | 2006/06/30 2:54 PM |
私も図書カードの部分は気になりました。
中学の時、カードに書くのが、たくさん本を読んでるな〜って実感できたりして、嬉しかったりしましたね。
どの作品も良かったです。
重みのある短編集でした。
| 苗坊 | 2006/11/08 8:00 PM |
苗坊さん、そう!そうなんですよ!すでに本を読みたくて読んでいるのか、カードを増やしたくて読んでいるのか、目的を見失いそうになるくらいに、私にとっては大事なものだったんです、図書カード。なくなっちゃうんですねぇ…。悲しいなぁ。
| chiekoa | 2006/11/09 1:04 PM |
図書カード、懐かしいですね。・・・懐かしいっていうものになってしまったんですね。もうどこでも電子化が進んでますからね。
しかし・・・この本はできればもっと恩田作品を色々読んでからの方が良かったと後悔しています。何作はスピンオフ的なものですしね。夜のピクニック以外は元がわかりませんでした。
・・・最近、chiekoさんの影響で恩田作品を少しずつ読むようになりました。前はなんとなく手を出しづらかったんですが。
| ツヨシ | 2007/03/15 6:19 PM |
ツヨシさん、そうなんですよー、なんかさみしいですよね。
この本は確かに恩田陸さんを読みつくした後に(笑)読んだらもっと楽しかったかもしれないですねー。三月シリーズとかもからんでますし。私の影響なんて、なんか、そんな風に言っていただけてうれしいです!いろんな芸風…じゃなかった、作品がありますから、お気に入りを見つけてくれたらうれしいな!と思います。
| chiekoa | 2007/03/16 6:05 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「図書室の海」
図書室の海恩田 陸著2年前位に読んだ事がある本。その頃恩田さんの「ドミノ」を読んで、他の本もと思って手に取った本でした。確か「図書室の海」が 「六番目の小夜子」の番外編と書いてあって「次にはそれを読もう」とメモして、そのまま最近「六番目の小夜子」を読
| ナナメモ | 2005/07/08 7:10 PM |
図書室の海*恩田陸
☆☆☆・・表題作を含む 10篇の短篇集。 遺伝子の隙間、記憶のひだには 何が埋もれているかわからない。 デジャ・ヴ とは 遺伝子の記憶なのだろうか。 終わりのない合わせ鏡を覗き込んでしまったような いい加減に終わらせたいのに もうひとつ奥の鏡を覗き込んでしまう
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/07/08 8:28 PM |
図書室の海
図書室の海 恩田陸 初めての恩田さんの短編集。色々なタイプの短編どれもそれぞれうまくて、改めて幅の広さに驚かされる。でも恩田さんは長編の方が好きだな。 「イサオ・オサリヴァンを探して」、「オデュッセイア」「図書室の海」が良かった。「ある映画の記憶」
| 本のある生活 | 2005/07/08 10:18 PM |
「図書室の海」恩田陸
図書室の海posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.14恩田 陸 / 恩田 陸著新潮社 (2005.7)通常2??3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る ドリカムの曲「眼鏡越しの空」でこんな歌詞があった。 図書館で借りた空の写真集 カードに 強くて
| 本を読む女。改訂版 | 2005/07/16 12:37 AM |
「図書館の海」 恩田陸
図書室の海posted with 簡単リンクくん at 2005.10.21恩田 陸著新潮社 (2005.7)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/11/06 7:13 PM |
「図書室の海」恩田陸
タイトル:図書室の海 著者  :恩田陸 出版社 :新潮文庫 読書期間:2006/06/20 - 2006/06/21 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] あたしは主人公にはなれない−。関根夏はそう思っていた。だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から
| AOCHAN-Blog | 2006/06/29 10:05 PM |
図書室の海
図書室の海posted with amazlet on 06.04.30 恩田
| ついてる日記? | 2006/06/30 8:32 AM |
(書評)図書室の海
著者:恩田陸 10編を収録した短編集。 『予告編』集なんていう言われ方をしている
| たこの感想文 | 2006/07/05 2:29 PM |
図書室の海 恩田陸
図書室の海 あたしは主人公にはなれない―。関根夏はそう思っていた。 だが半年前の卒業式、夏はテニス部の先輩・志田から秘密の使命を授かった。 高校で代々語り継がれる“サヨコ”伝説に関わる使命を…。少女の一瞬のときめきを描く『六番目の小夜子』の番外篇「図
| 苗坊の読書日記 | 2006/11/08 7:58 PM |
図書室の海
恩田 陸 図書室の海 六番目の小夜子 で初めて恩田陸の作品を読んだが、 この図書室の海はその六番目の小夜子 の番外編である表題作や 夜のピクニックの前日譚が入った短編集だ。 六番目の小夜子も背筋が震えたが、この図書室の海もいい意味で
| Moving Planet(惑星ブログ) | 2006/11/17 12:29 AM |
図書室の海
表題作「図書館の海」を含む全10編の短編集。 1999年に「象と耳鳴り」にて短編の経験はあるが、あちらは同一主人公による推理小説なので連作短編になるのかな。完全な短編というのは初めての作品集。 他の恩田陸作品とリンクしている作品があるが、それはそれ
| 本を読もう | 2007/04/17 9:35 AM |