プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ [菅野彰] | Top | DIVE!! 1 前宙返り3回半抱え型 [森絵都] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
楽園のつくりかた [笹生陽子]
4062113880楽園のつくりかた
笹生 陽子
講談社 2002-07

都会で生まれ育ち、私立中学に入学、エリート目指してまっしぐら。座右の銘は『必勝』。そんな優が家族の都合で突然田舎に転校することに。そこで彼を待ち受けていたトンデモナイ生活とは…。

田舎生活になじめずぶつくさ文句を言う優。不満爆発の彼は大真面目なんですけど、そこがまたおもしろおかしいというか!「会場模試を受けさせろ!ダメなら自腹で受ける!」なんて親に宣言する中学二年生なんて、なかなかいないと思います(笑)。あと自己紹介のときに「優は優秀の優と書きます」なんて自分で言う子なんて(笑)。

ほんと、この優くんがかわいい!かしこくて、背伸びして、ちょっと突っ張ってて、でも根は素直で。とってもいい子。「少しは子どものSOSをキャッチしろよ。」なんて自分で思っちゃうところがいい!そして「かっこ悪いから自分では言わないけど」ってところがまたいい!お父さんの言うこととかじっくり聞いちゃったりして。うーん、こういう息子が欲しいなぁ。

なーんて、楽しく読み進んでいたら!
大どんでん返しが!!えぇぇぇぇ!!そ、そんな!

彼の新しいクラスメイトたちが、あんなにやさしかったのは、それは彼らが「痛み」を知っているから。それがちょっと切なくて、でもうれしかっです。そんなこの子たちがこんなにまっすぐで、曲がらずにいてくれたことが、とても。

最後のシーン、優からお父さんへのメール。そのタイトルを見たら、中身を読まなくてももう彼は大丈夫って思いました。最後まで読み終わって、最初に思っていたのとは違ったかもしれないけれど、でも、やっぱり優くんみたいな息子が欲しい!と思いました。

【追記】
装幀の絵は松尾たいこさんです。裏表紙もステキです。ちょうと先日読んだ江国さんの「ヴァラエティ」の中で、絵国さんが「松尾たいこさんの絵が大好き」と言っていたのを読んだ直後だったので、運命!(←何の?)と思いました。
| さ行(笹生陽子) | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
なかなかよくできたプロットでしょ?
笹生氏の作品では、1,2を争う出来だと思ってます。
この作品、先月角川文庫に入ったんですけど、そのとき著者さんからサイン本を贈っていただきました。けっこう自慢だったりします(笑)

TBさせてもらいますね。

| おおき | 2005/07/09 3:37 PM |
ちなみに争っているもうひとつの作品は何でしょうか?!私はまだ『ぼくは悪党になりたい』と、この作品しか読んでいないので…。
サイン本!いいですね〜!著者さんからって笹生さんから贈っていただいたということですか?どんな裏技を!(笑)
| chiekoa | 2005/07/09 4:42 PM |
もうひとつはちえこあさんの読まれたやつです。でも他の作品も完成度はとても高いです。ぜひ読んでみてください。
サイン本は笹生さんからいただきました。ネット上の某所で交流させていただいてます。もちろん直接お会いしたことはありません…^^;が、かなりいい人ですよ〜。

| おおき | 2005/07/09 5:38 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
楽園のつくりかた
楽園のつくりかた笹生 陽子 / 講談社(2002/07)Amazonランキング:51,668位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る とある事情から、都会に住むもうすぐ受験を控えた中学2年生、猛勉強中、という立場から、見たこともないど田舎の、分校の生徒となってしまった優は、
| 雑食レビュー | 2005/07/09 3:39 PM |
「楽園のつくりかた」 笹生陽子
児童文学評論で紹介されてた作品。 この人の最新作「ぼくは悪党になりたい」もかなり人気があるっぽいので、結構気になってた。
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/07/25 5:30 AM |