プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< DIVE!! 1 前宙返り3回半抱え型 [森絵都] | Top | DIVE!! 3 SSスペシャル’99 [森絵都] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
DIVE!! 2 スワンダイブ [森絵都]
4062105209DIVE!!(2)スワンダイブ
森 絵都
講談社 2000-12

オリンピック出場への第一歩ともいえる「アジア共同強化合宿」への参加権をかけた試合にのぞむMDCの選手たち。試合の行方は?そしてオリンピック代表の選考は…。

この巻の主人公は沖津飛沫。伝説のダイバーと呼ばれた沖津白波を祖父に持つ彼。オリンピックに出場できず、故郷の村に帰ってきた祖父。祖父は負けた、負けたんだ…。そんな思いを捨てきれない彼。それでも自分に「飛込み」を叩き込んだ祖父の思いは??自分はなぜ飛込みをやっているのか??そんな彼の葛藤が描かれます。

海で育った彼は、プールという狭い世界に反発を覚えたりもします。それでも、彼は「飛込み」を知ってしまった。あの一瞬の快感を知ってしまったのです。そんな彼に襲い掛かる試練。彼はそれをどう乗り越えていくのか…。状況は深刻でも、それに負けないのびのびとした彼の「海の子」な感じがとてもいい!ほんとに森絵都さんは一人一人の書き分けがうまいというか、全員のキャラがたっているというか、すばらしいです。

そしてこの巻は、オリンピック代表の内定が、選考会を待たずに突如決定されるところで幕を閉じます。いったい何があったのか?選ばれたのは誰なのか?それは3巻に続く…。

DIVE!!(1)前宙返り3回半抱え型
DIVE!!(2)スワンダイブ
DIVE!!(3)SSスペシャル’99
DIVE!!(4)コンクリート・ドラゴン
| ま行(森絵都) | comments(2) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
知季と要一と飛沫はそれぞれ別に魅力的ですよね。
コーチ陣にしても、他の中学生にしても、地味でも個性があります。
第2巻ではピンキー山田に吹き出しました。
| 斎藤れい | 2006/12/23 12:14 AM |
れいさん、ピンキーいいですよね!!
ふふふ、彼は後にもっといい男になりますから、
後半をお楽しみに!くっくっく(笑)。
| chiekoa | 2006/12/25 4:13 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
再掲 ◎「DIVE!!2」 森絵都 講談社 950円 2000/12
いやあ、評者も娘を持つ親なのだなあと感じた次第である。娘を持つ親だから、こういうことを考え悩んじゃうのね、と思った次第である。その次第は、さておいて(おい!おい!)。 前作「DIVE!!1」を紹介したときも説明したように、本シリーズ(多分4作完結)
| 「本のことども」by聖月 | 2005/07/10 1:26 PM |
DIVE!!〈2〉スワンダイブ
DIVE!!〈2〉スワンダイブ森 絵都 / 講談社(2000/12)Amazonランキング:35,991位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見る 第二巻。今回の主役は、知季に代わって、夏陽子のスカウトによって津軽から上京した沖津飛沫。幻の天才ダイバーと呼ばれた沖津白波の孫である。第
| 雑食レビュー | 2005/07/10 9:20 PM |
少々懐かしく
? 季節柄かあちらこちらでまたこの本が紹介されていた。 http://chiekoa.jugem.jp/?eid=221 http://diarynote.jp/d/55479/20050628.html 当時、微力ながらこの本に協力できたことが うれしく、懐かしい今日この頃です。(^^) 森 絵都
| 飛び込み大好きー! KANETO Diving Club | 2005/07/21 11:26 PM |
森絵都『DIVE!!:2スワンダイブ』
森絵都『DIVE!!:2スワンダイブ』(講談社、200012) スポ根に、友情やらライバル心やらコーチとの熱いやりとりが どんどん加えられた第2巻でした。
| uc-road:blog | 2006/12/23 12:09 AM |