プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 超・殺人事件―推理作家の苦悩 [東野圭吾] | Top | ダックスフントのワープ [藤原伊織] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
月魚 [三浦しをん]
4048732889月魚
三浦 しをん
角川書店 2001-05

二十四歳、古書店の若き当主・真志喜と、幼馴染で同じ業界に身を置く瀬名垣。小学生だったある夏に起きた「事件」以来、二人は密かな罪の意識をずっと共有してきていた―。ある日、本を買い付けに行くという瀬名垣の手伝いで一緒に出掛けることになった真志喜。過去の呪縛から一歩も動けずにいる二人を、そこで待っていたものは…。

「水底の魚」と「水に沈んだ私の村」の二編が収録されています。

のっけから漂うこの耽美な雰囲気は…そこはかとなくBLのかほり?とか思いつつ読みました。曖昧で危うい関係、微妙なバランス。具体的な描写が始まったらどうしよう!と思いつつ読みました。でも寸止め(笑)。触れるか触れないかくらいの距離に悶える感じ。わたしはこの手の話はダメかと思っていたのですが、これはそんなにキライじゃなかったです。「水に沈んだ私の村」の方は、真志喜と瀬名垣が高校生の頃のエピソードなのですが、それを読んだら余計になんだか大丈夫になりました。自分でもびっくり。でもこれは小説だからOKだっただけで、マンガだとNGかも…(汗)。

そう、読んでいてすごく「マンガ」の絵が浮かぶのです。コマ割りまで浮かんできそうな…それだけ描写が鮮やかということでしょうか。(すごくステレオタイプだからというのもあるかもしれませんが)。でも、描写して描写して描写して、「あとはご想像にお任せします。」みたいなのには…きゃー!どきどき!

この物語の舞台は現代のはずなのに、なんだかとても昔の話を読んでいるような、そんな不思議な気持ちになりました。っていうか、君たち繊細すぎ!!もっとたくましく生きなさい!(それを言ってはダイナシ。)

なお、わたしが読んだのは単行本ですが、文庫本だともうひとつ書き下ろしで短編がついているそうです。なんか損した気分…。
| ま行(三浦しをん) | comments(15) | trackbacks(9) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんばんは。
トラックバック&コメント、ありがとうございました。
記事、楽しく読ませていただきました。
描写して描写して…あたりが可笑しかったです。
私からも、ぜひTBさせてくださいませ。
今後も宜しくお願い致します。
| ましろ | 2005/07/14 7:25 PM |
ましろさん、来てくださってありがとうございます!
しかも楽しんでいただけたようで、とてもうれしいです!
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!
| chiekoa | 2005/07/14 10:53 PM |
そう!三浦さんはほとんどマンガなのですよ。
いい意味でね。これから化ける可能性は秘めているけど…。
直木賞候補になったことがいい刺激になるといいですね。
| kadock | 2005/07/15 11:25 AM |
「いい意味でマンガ」その通りだと思います!
ご本人が好きなんでしょうね、相当…!
| chiekoa | 2005/07/15 1:58 PM |
はじめまして。
TBさせて頂きました。
二人の微妙な関係が、妙に良い感じですよね。
これからも、よろしくお願いします。
| romi | 2005/10/10 9:47 PM |
romiさん、はじめまして!
微妙すぎてどきどきしちゃいますよね…きゃー!
若いってすばらしい…。
| chiekoa | 2005/10/11 11:33 AM |
この作品は古きよき時代の日本を感じさせますよね。
わたしも読みながらそう感じました。
一応設定は現代のはずですが・・・
雰囲気的には好きな部類の作品でした ^^
| tamayuraxx | 2005/12/06 10:16 PM |
私も好きな雰囲気です!
もうちょっと深いところまでいっちゃうと…
「きゃー!」ってなっちゃうかもしれませんが(笑)。
| chiekoa | 2005/12/08 6:29 PM |
私のあんまり誉めていない記事に、TBをくれてありがとう。

> 寸止め

に、大笑いさせてもらいました。では!
| ゆうき | 2005/12/21 11:12 PM |
これ以上書かれると…ひいてしまいそうな気がしますが、
これは大丈夫でした。美少年…実際にはそういませんがね!
| chiekoa | 2005/12/22 3:49 PM |
これ、すーーーーっごく好きです!!

文庫本の表紙がとてもきれいですよね。。
話の内容も、好きな感じです!
| kotori | 2006/02/23 11:44 AM |
こんにちは。
私、大好きなんです!この作品。
私も、始めは「うっ!?」って思ったのですが^^;
平気でした。
むしろ、はまって行きました。
2人の関係がいじらしくて切なくて、良いなぁと思いましたね。
単行本を買って読んだのですが、ついつい文庫本も買ってしまいました。
| 苗坊 | 2006/05/05 10:03 AM |
そうなんですよ!平気どころかはまるんですよね!
すごいなぁ、しをんマジック…。
文庫版はまだ未読です。追録ものだけでも読まねば…。
| chiekoa | 2006/05/08 12:45 PM |
微妙に感想が似ててわらってしまいました。繊細な二人ですよねぇ。比べてあたしときたら!この人たちに比べたらガテン系のおっちゃん並ですか!?腕白でもいい。たくましく育ってほしいッ(←古)
| まみみっくす | 2006/08/14 5:39 PM |
ですよね!ですよね!あんなんじゃこの世界を生き抜いていけないって…(笑)。女は強し。ちなみにそのCM、もう通じないんじゃぁ…ひー!
| chiekoa | 2006/08/16 3:23 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
月魚*三浦しをん
☆☆☆☆・古書店「無窮堂」の若き三代目・本田真志喜と幼いころその父と共に無窮堂に出入りし、ある事件の後立ち去った瀬名垣太一の物語である。罪と罰を描いた作品 といわれるが、この罪とは何を指すのだろうか。見抜くことのできる目を持ってしまった瀬名垣の罪なの
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/07/14 1:12 PM |
月魚
 すっかりはまってしまった三浦しをん作品3冊目となる『月魚』を読んだ。雨のしとしと降る日に読んだせいか、読み終えたら妙に切ない気持ちになっていた。登場人物たちの抱える闇の深さ、対照的な2人の青年の幼少期にいろんな意味でショックを与えた出来事、それに対
| まっしろな気持ち | 2005/07/14 7:31 PM |
月魚
月魚  幼馴染である古書店の三代目とせどり屋の息子が ある事件がキッカケとなりお互いに罪の意識を感じて生きていくようになる それでも二人ともかたちは違うけど古本の道をえらび、 またどうしてもお互い離れられないでいる。というような話 すごく漫画っぽい
| a bird shop | 2005/07/17 6:15 PM |
月魚
 “月魚”
| slowly but surely | 2005/10/10 9:45 PM |
[本]三浦しをん「月魚」
月魚 三浦 しをん / 角川書店長編「水底の魚」とそのサイドストーリーにあたる短編 「水に沈んだ私の村」「名前のないもの」の3本が収録された1冊。 (「名前のないもの」は文庫版のみの書き下ろし) 昔ながらの古書店の若き3代目店主・真志喜と、 十数年前に
| Four Seasons | 2005/12/06 10:08 PM |
月魚 三浦しをん
月魚三浦 しをん 角川書店 2001-05by G-Tools 古書店「無窮堂」の若き当主・真志喜と、その友人で真志喜の祖父に目をかけられ、真志喜とは兄弟同然に育った瀬名垣。幼い2人は兄弟のように育ったが・・・。 「古書」という、経験が物を言う世界に生きる、若い2人
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/12/21 11:11 PM |
月魚 三浦しをん
月魚 月魚 オススメ! 秘密を抱え、彼は彼に会いに行く。あの雑木林の向こう、古書店「無窮堂」まで。 瀬名垣太一は古書店「無窮堂」で向かっていた。 都心から遠くもないその場所は、珍しく雑木林がある。 その古書店には、幼馴染の本田真志貴がいる。2人は友
| 苗坊の読書日記 | 2006/05/05 10:01 AM |
「月魚」三浦しをん
月魚発売元: 角川書店価格: ¥ 540発売日: 2004/05おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/07/13 今日の午前中、せっせとこの本の感想を仕事の合間に少しずつ書いてたんだけど、 まさか、こんなタイムリーな記事になろうとは思いもよらず。 だって、直木賞の
| 本を読む女。改訂版 | 2006/07/15 2:05 AM |
「月魚」 三浦しをん
月魚posted with 簡単リンクくん at 2006. 2.23三浦 しをん〔著〕角川書店 (2004.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2006/08/14 5:34 PM |