プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ダックスフントのワープ [藤原伊織] | Top | ユージニア [恩田陸] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
告白 [町田康]
4120036219告白
町田 康
中央公論新社 2005-03-25

舞台となるのは明治初期、河内地方の小さな村。明治26年5月に河内国赤阪水分村で実際に起こった殺人事件をモデルに描かれた小説だそうです。物語の中で克明につづられるのは、主人公・熊太郎がこの村に生まれ、育ち、そして事件を起こすに至るまでの人生。彼の考え、彼の思い。
なぜ熊太郎はこんな事件を起こしたのか?―「人はなぜ人を殺すのか」。

どこまでが現実で、どこからが小説なのか、そんな境界すらあいまいになるような、すごい迫力でした。人が頭の中で考えていることを、感じていることを、美しいことも醜いことも全てが赤裸々に描かれるその模様は、圧巻です。まさに渾身の力作。すごいの一言。傑作です。

あの町田さん風の語り口と、この明治初期の時代の感じと、河内弁の雰囲気が絶妙にまざりあって、なんともすごい雰囲気をかもしだしています。でもそれが全然違和感ないというか、ベストマッチというか。「実際に起きた殺人事件」という重いテーマのこの作品が、ここまで暗くならずに最後まで描ききれているというところに、町田さんの筆力のすごさを思いました。

熊太郎は「頭の中でいろんなことを考えすぎてそれを言葉にできず、考えているうちに迷いが生じてまごまごしてしまう」癖がある男なのですが、この「頭の中で考えているいろんなこと」がつらつらと書き連ねられ、さらにあれやこれや「迷いが生じ」るその内容も具体的にとうとうと語られ、そのあげくに熊太郎がいかなる行動をとったか、という過程が微に入り細に入り、実に詳細に(しかもあの語り口で)描かれるので、それがおかしくもあり、しかしその内容は哀しくもあり、私は笑ったらいいのか泣いたらいいのか。くほほ。(←これ、伝染ります。)

自分の言葉が人に届かない、伝わらない。それ以前に、本当の思いが言葉にできない。自分でも「自分はこうである」というその事実を十分自覚していて、それなのに、それでも、できない。そのもどかしさと苦悩。そして彼はなんというかもう、馬鹿正直で、滑稽に、鮮烈に描き出される彼の姿に、傍で見ている方も歯がゆくて苦しくて。読み終えて、なんというか言葉がありません。すごいものを読んだ、と思います。

帯にある「人はなぜ人を殺すのか」という問いかけ。その答えは、これだけの枚数を費やしてなお、語りつくせないものなのかもしれないと思いました。
| ま行(町田康) | comments(17) | trackbacks(15) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
勧めて良かったです。
この小説の持つパワーをちえこちゃんなりにちゃんと読み解いていると思います。
そこをうまく表現できなくてなんかわけわからない批評文がネットにはゴロゴロしてますが(舞城作品にも多いのですが)ちゃんと自分で書き綴っていてとっても好感を覚えました。
それでいいんだと思いますよ!
そうすることによって自分の中で深く咀嚼して次の本を読み解く実になっていくのだと思います。
僕は最近はBarbieをアップするのにヒーコラしているので、書評までアップできないのですが、また書きたくなりました。ありがとう。
| kadock | 2005/07/16 7:55 PM |
Kadockさんのおかげでこの本が読めてほんとうによかったです!
ありがとうございました。
しかもこんなにつたない感想を肯定していただいて…。
うれしいです…。
Kadockさんの書評もぜひ読ませていただきたいので、お時間が空きましたら(この時期ムリでしょうか?!)どうぞよろしくお願いします!
| chiekoa | 2005/07/16 10:07 PM |
読みました。もうなにがなにやらわからん感想を書きなぐりました。くほほ。いやあ、すごいですなこいつは。
| ざれこ | 2005/08/12 8:02 PM |
言いたいことを書き忘れてたので再度すいません。ちえこあさんの感想読んで、うお、ちゃんと感想まとめられる人がここにおる、とうらやましく思いました。
| ざれこ | 2005/08/12 8:03 PM |
まとまっておりませんです…。きょほほ。

この本は読んで、こんなにすごいのに、何がすごいかってことを文章にしようとすると、それがとてもむずかしくて、もどかしい思いをするくらいでした。どう書いたら伝わるんだろうって。もっともっとすごいのにって。主人公と同じですね。(いや、比になりませんが!)そしてこれを書いていてつい文章が長くなってしまったのは、たぶんこの本の影響と思われます…。
| chiekoa | 2005/08/12 11:22 PM |
話題の作品やっと読了。676ページは長かった・・。
自分のブログの記事も、なんだか異様な量になってしまったが、簡単に言えば「ごっつうええ話」。
でも冷静に考えると、やっぱり熊太郎は村の迷惑者。たぶん、傍にいたら、大変。触らぬ神に祟りなし・・だと思います。
作品としてはオススメの一冊ですが、愛すべき隣人じゃなそう。きっと雫井脩介の「火の粉」あたりの怖さかもしれない。ほほほぉぉ。
| すの | 2005/11/13 5:05 PM |
この作品は、町田氏の今までの小説の中で最も完成度が高い。
どうしょもないだめ男がどんどんだめになっていくのは、いつものパターンだが、神話とSFとドストエフスキーが、関西漫才口調で、美しく破綻し最後は「あかんかった」でしょう。
熊太郎のように、ならないように、この世で生きていくにはどうすればよいのか。
個人的に一番好きな「告白」のシーンは弥五郎と梁、兄妹の別れのところ。目に浮かぶようなあれは、痛い程哀しい。
| わか | 2005/11/29 1:52 AM |
わかさん、はじめまして!
私はまだほとんど町田さんの作品を読めていないのですが、
やっぱりレベルの高い作品だったのですね!
ほかもこれから読んでみたいと思っています!
| chiekoa | 2005/11/29 12:21 PM |
こんにちは。月初に読み終わり、ようやく感想を書きました。
自分の中で未消化な部分は多々あったんだけど、ちえこあさんの感想を読んで、そうそうそれが言いたかった!とすっきりしました。
TBさせていただきました。
| あおちゃん | 2005/12/23 12:47 PM |
あおちゃんさん、ありがとうございます。
この本は今年のナンバーワンでした!
| chiekoa | 2005/12/27 7:10 PM |
chiekoaさん、こんにちわ!
私も感想に、「すごいものを読んでしまった。」と書いてます。(あ、まねしたわけではないです 汗汗)
ほんと、これ以外、どうやって感想を書いたらいいのか・・トウ感じで、読み終わって呆然としていましました。
ほんとすごかったです。
くほほ。(うつりますよね 笑)
| june | 2006/03/02 10:51 AM |
マネとかじゃなくて、誰もがそう思う、そのくらいすごい本なのだと思います!厚さにめげず、たくさんの人に読んでほしい…。勧めづらいけど、すごく勧めたい本です!
| chiekoa | 2006/03/02 4:46 PM |
はじめまして。昨日読み終えて、なんとも哀しい気分になりました。こんなに傑作だとは思わなかった。痛すぎます。ネイティブで河内弁喋れそうな気分になりました。
| かめちゃん | 2006/03/09 5:59 PM |
かめちゃんさん、はじめまして!
ほんとうに、傑作ですよね。すばらしいと思います。
この読後感…あの厚さを読みきったものにしか味わえないものかと思うと、いつまでも浸っていたい感じでした。
| chiekoa | 2006/03/10 5:18 PM |
chiekoaさん、こんにちは!
遅ればせながら読みました。
もう〜あちらの世界へ行きっぱなしで戻って来れません(笑)
凄いものを読んでしまいました。
やり切れなさがいつまでも消えずもやもやしたまんまです。
感想書いたのですが、上手いこといかず悲しいです。

TBさせていただきました。
| リサ | 2006/05/03 4:52 PM |
そろそろ帰ってこられたでしょうか(笑)。
でもわかります、ほんとうにわかります。
感想なんて…書けません!…とかいいつつリサさんも他の方もうまいこと書いてるなぁといつも感心しておりますが。でもいいんです!あの衝撃は…感想書くところじゃないんだー!ということで…。
| chiekoa | 2006/05/04 2:40 PM |
こんにちは〜 町田さんって初めてで内容知らずで..読み始めて少したってから、これは何だ!とかなりな威圧感を文章で感じました かなり感想書きずらい、色んなことを考えさせらえても尚辿りつかない感じに焦燥です 事件に至るまえの、頭のなかと言葉が並んだところの描き方とか素晴らしくて驚かされました
| きりり | 2006/11/09 1:01 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
◎◎「告白」 町田康 中央公論新社 1950円 2005/3
 町田康の傑作、ここに極まれりである。676頁を費やした大作、本書『告白』の中で作者が何を描いているのかというと、ただただ明治を舞台にした河内十人斬りという事件の終末へ向けて、主人公熊太郎の生き様を描写しているだけなのである。人が十人惨殺される事実のた
| 「本のことども」by聖月 | 2005/07/16 12:30 PM |
町田康のことども
◎◎ 『くっすん大黒』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『夫婦茶碗』   ○ 『へらへらぼっちゃん』 既読書評なしm(__)m   ○ 『屈辱ポンチ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『つるつるの壺』 既読書評なしm(__)m ◎◎ 『耳そぎ饅頭』 既読書評なしm(__)m   ◎
| 「本のことども」by聖月 | 2005/07/16 12:31 PM |
告白*町田康
☆☆☆・・ 人はなぜ人を殺すのか 河内音頭のスタンダードナンバー<河内十人斬り>をモチーフに、 町田康が永遠のテーマに迫る渾身の長編小説!                        (帯より)676ページの大作である。評判もずいぶんいいらしい。でも、
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/07/16 5:20 PM |
『告白』読了。
 しばらく感想を書くパワーが燃え尽きてしまって、溜まるに任せていたら10日も経ってしまった…あかんではないか。しばらくはちょっと頑張って未アップ分を消化していこう!  数えてみたら8作分も溜まってるよ…きゃー。一気に頑張ろうという気が萎えてきたわ(苦
| 日々のちょろいも | 2005/07/20 12:27 PM |
「告白」町田康
告白posted with 簡単リンクくん at 2005. 8.12町田/康??著中央公論新社 (2005.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る この本は河内十人斬りをテーマにしてるらしいんやけども、河内十人斬り?なんやそれ、知らんがな。私大阪出身
| 本を読む女。改訂版 | 2005/08/12 8:01 PM |
「告白」町田康
「告白」町田康(2005)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、近代、明治、小説、河内十人斬り、河内音頭 町田康に最初に出会った小説がこれだったら、過日あまり評価できなった同氏の短編集「浄土」 [http://blogs.yahoo.co.jp/snowkids1965/14257991.html] の印象はもっと違
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/11/13 4:59 PM |
「告白」町田康
タイトル:告白 著者  :町田康 出版社 :中央公論新社 読書期間:2005/11/29 - 2005/12/07 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人はなぜ人を殺すのか−−河内音頭のスタンダードナンバーで実際に起きた大量殺人事件をモチーフに、永遠のテ
| AOCHAN-Blog | 2005/12/23 12:47 PM |
町田康【告白】は面白そうだ!
先日の町田康【東京飄然】に続いて、またまた町田康。 今度は小説。 【告白】(中央公論新社 1995円) を読み始めました。 書き出しからつかまれる。 なんというか、 白菜かなにかをバッサリ切りおろすかのような 入りかた。
| ぱんどら日記 | 2006/01/07 12:08 PM |
町田康【告白】
すごく面白いんです。 だけど好き嫌いは分かれるだろうな。 というか、この小説を思いっきりの笑顔で「だ〜いすき♪」と言える人は、かなり少ないかも。 主人公の「熊太郎」に対しては、なんかもう……感情移入とか、思いいれとか、エールを贈るとかいうよ
| ぱんどら日記 | 2006/01/10 4:32 PM |
「告白」町田康
告白 なんだか、すごいものを読んでしまった・・・という気がします。町田さんの文章は時として読むのが辛いときがあるのだけれど、これは大丈夫!言葉に勢いがあってどんどん読めました。くどいとは思うのですが、アクの強い河内弁のリズムに自然と乗ってしまい、ラ
| 本のある生活 | 2006/03/02 10:49 AM |
『告白』町田康
告白町田 康中央公論新社2005-03-25by G-Tools 人はなぜ人を殺すのか――河内音頭のスタンダードナンバーで実際に起きた大量殺人事件<河内十人斬り>をモチーフに、永遠のテーマに迫る渾身の長編小説。殺人者の声なき声を聴け! 明治26年、河内水分で実際に起きた「
| ひなたでゆるり | 2006/05/03 4:48 PM |
町田康「告白」
「河内十人斬り」別名「水分騒動」 明治二十六年に、城戸熊太郎、谷弥五郎の二人が恋の恨み、金の恨みを晴らさんが為に 十人斬りをした挙げ句、金剛山に立て籠り自決した事件 熊太郎の幼い頃から最後の時までを綴る--第41回谷崎潤一郎賞受賞 図書館でななめ読んだ
| 聞いてあげるよ君の話を | 2006/11/09 2:56 AM |
告白 町田康
告白 この本は 「ひなたでゆるり」のリサさん にオススメいただきました。 ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 言いたいことがたくさんあります! それほどいろんなものが詰まった本でした。 まずは、一言で終わるところから。 600ページを超え
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/11/16 2:03 PM |
町田康【告白】
すごく面白いとは思うが、人によって好き嫌いが分かれるだろうな。 というか、この小説を思いっきりの笑顔で「だ〜いすき♪」と言える人は、かなり少ないかも。 主人公の「熊太郎」に対しては、なんかもう……感情
| ぱんどら日記 | 2006/11/20 11:25 AM |
読書メモ『告白』
冬休みに半分まで読んで、それから置きっぱなしにしていた『告白』を今日読みました。文庫でも800ページは長い・・・ だけど、最後のあたりは一気呵成に読めてしまいます。それだけ読みやすくて、乗りやすい文章です。 「河内十人斬り」という実際に起きた大量
| 自由の森学園図書館の本棚 | 2009/03/16 11:26 AM |