プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 告白 [町田康] | Top | ひな菊とペパーミント [野中柊] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ユージニア [恩田陸]
404873573Xユージニア
恩田 陸
角川書店 2005-02-03

まず最初に…これから読まれる方がいたら、いろんな書評とか感想とかあらすじ紹介とか、そういう予備知識はゼロで読むことをオススメします。そして、夏の暑い日に読むのがいいと思います。私もその状態で読んで、さらに図書館で借りたので帯がなかったのですが、読み終わってみると、それがベストだったなと思ったので…。(ってこの先自分の感想を書いたりするわけですが。)

意味ありげなプロローグ、誰が誰にとも知れず唐突に語り始められる話。いきなり雰囲気に呑み込まれました。いったい何が起こったのか?何がなんだかわからない。手探りで読み進めていく、その状況がすでに怖く、また故意にゆがめられた文字組みの居心地の悪さが不安にいっそうの拍車をかけて、何かものすごい怖いものをこの人たちは相手にしているのではないか、自分は読んでいるのではないかという気がずっとしてしまって、ぞっとしました。壊れかけた世界。そこに君臨する、人知の及ばない何か、圧倒的な力を持つ何か。

正直、読み終わって何が何だったのか、結局どうなったのか、何があんなに怖かったのか、それすらよくわからないような状態です。でも、もう一度読み返して筋道立ててそれをすっきりさせようという気にはなりませんでした。(いつもはそういうことしがちなんですけど…。)このラストには賛否両論あるみたいですが、私はこれでいいと思います。この漠然とした読後感ごと、この物語なんだなぁと。あぁ、堪能。『Q&A』に通ずるものがあると思いました。

そして、やはり注目すべきはこの本の作り。文字組みやフォントのみならず、本全体のデザインというか意趣がとても凝っています。表紙を開いたその一枚目からど肝をぬかれました。誰かと思ったら祖父江さん。さすがです。(これ、文庫化できるのかしら…。)
| あ行(恩田陸) | comments(12) | trackbacks(16) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
Chiekoaさん、こんにちわ
装丁も含めてこの本に漂う雰囲気には、ものすごく惹かれます。
読んでいて怖くて仕方がないのに、どうしても目をそらすことができませんでした。
でも、これが直木賞候補というのはきつかったような・・。大好きなのだけれどとるとしたら、この作品ではないだろうなという感じがしてしまいました。うまく説明できないけど。
| june | 2005/07/17 3:35 PM |
文庫化かぁ。難しそうですね…確かに。どうなっちゃうんでしょう。できるだけ忠実に再現して欲しいものですね。
| ゆうき | 2005/07/17 5:33 PM |
Chiekoaさん、こんばんは。
今日、この本を図書館で借りてきたところです。
読むのがとっても楽しみになってきました。
恩田さんの作品は「Q&A」しか読んだことがないので、
とっても楽しみです。わくわくドキドキ。
遠足の前orプールに入る前みたいな気分です。
| ましろ | 2005/07/17 9:07 PM |
juneさん。確かに直木賞って感じじゃなかったのかもしれませんね〜!これが初ノミネートってのにもおどろきましたけど!「直木賞メッタ斬り!」の『ユージニア』のところはとても楽しく読んじゃいました…!

ゆうきさん、ほんとうそうですよね〜!あの最初のページから!でも無理かしら…。いや、せっかくこだわったんだからぜひ!

ましろさん、今頃読んでらっしゃるところかなぁ。私までどきどきわくわく…。
感想楽しみに待ってます!
| chiekoa | 2005/07/17 11:08 PM |
chiekoaさん☆コメント&TBありがとうございます。

どんなにマネしてみても自然と違ってしまうのが個性ですよね。
だから、同じ本を読んでも感想が違うのは当然。
chekoaさんのように、他の人が感じたものを、「そういうのもあるんだなぁ」って思える素直な気持ちを持ち続けられることが、一番素敵なことだと思います。
| Roko | 2005/07/18 1:08 AM |
chiekoaさんおはようございます。
確かにとても怖かったですね。
読んでいて何かに追い立てられているような、焦りを感じました。
私は気になって何度もページを行きつ戻りつ、最後まで読んで又最初に戻りパラパラと読み返しました。
文庫にするのは難しいかもしれないですね、確かに。
| なな | 2005/07/18 9:14 AM |
Rocoさん、わぁ!そう言っていただけると救われます…。
全然自分が気づかなかったこととか、知ることができて、ネットってすばらしいなぁと日々思ってます。一昔前じゃ考えられないことですよね。いろんな人の感想が聞けるなんて!

ななさん、あの焦燥感が怖いですよね。でもそこがうまい!と思ってしまいます。私の場合、伏線になっている部分が「読んだ気がするけどどこだったっけ?!」ってなって途中何度か戻ったりしました…かっこ悪い(笑)。
| chiekoa | 2005/07/18 11:38 AM |
chiekoaさん、こんばんは♪
ごぶさたしております。
ようやく第3回の最終発表させていただきました。
恩田さん、ベスト10入りですね。

マイベス、角田さんも始めました。
またお時間ある時にお願いします。
| トラキチ | 2005/10/11 1:04 AM |
はじめまして!
やっと最近ユージニアを読むことができました。
なんともいえない読後感ですよね。
けっこうボリュームたっぷりだったのですが先が気になって一気読みでした!
本の装丁、すごく素敵でしたよね。
TBさせていただきました。
またおじゃまさせていただきます!
| Ricco | 2006/03/01 10:57 AM |
Riccoさん、はじめまして。
外も中もすごくすてきな本ですよね。
こういう本に出会えるから、本読みはやめられません…。
また遊びにきてください!待ってます!
| chiekoa | 2006/03/02 4:45 PM |
またまたおじゃまします
私は文字でなく自分の目がおかしいかと思いました 
終わり方がとても気持ち悪い、終わり方だけではないんですが、謎をこんなに散りばめられて
ちょうど暑い時に読んだので、お話になぞられた感覚を楽しめました
| きりり | 2006/08/04 8:09 PM |
いいときに読まれましたね!
私ももう1年経つんだなぁと今しみじみしました(笑)。
ほんと、目がおかしいのかと思いますよね、
知ってて読んだからよかったですけど、
知らなかったら酔ってたかも…。
| chiekoa | 2006/08/07 2:51 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ユージニア*恩田陸
☆☆☆☆・ 誰が世界を手にしたの? 遠い夏、白い百日紅の記憶。死の使いは、静かに町を滅ぼした。 知らなければならない。あの詩の意味を。あの夏のすべてを。                         (帯より)ねっとりと絡みつくような夏の日に 北陸の
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/07/17 12:37 PM |
ユージニア
ユージニア 冒頭から、ページの作りといい書かれている内容といい、ぐっとひきつけられてしまいました。美しいのに禍々しい予感を抱かされるのです。 物語の舞台である古都K、町の名士であり特徴のあるお屋敷に住む医師一家の大量殺人事件、生き残った盲目の美少女
| 本のある生活 | 2005/07/17 3:29 PM |
ユージニア 恩田陸
ISBN:404873573X:detail ★★★★☆ ネタバレあり。 まず装丁にひき付けられます。表紙も綺麗ですが、内部のデザインもとても凝っています。違う大きさのページ。様々な角度で、微妙に斜めに印刷された文字列。それが、この本全体に漂う不安感にとても合っていて、
| ゆうきの読書日記(Yu-Ki’s Reading Diary) | 2005/07/17 5:34 PM |
『ユージニア』 恩田陸 角川書店
ユージニア恩田 陸 著角川書店 (2005.2)ISBN : 404873573X価格 : 1,785オンライン書店ビーケーワンで詳細を見るAmazonはこちらある夏の日、還暦祝いと米寿のお祝いに毒入りの飲み物が届けられる。近所の人も含む17人が死んだ。現場に残された一枚の手紙。「ユージニア
| でこぽんの読書通信 | 2005/07/17 10:00 PM |
○「ユージニア」 恩田陸 角川書店 1785円 2005/2
 多視点一人称であり、記憶問わず語りの小説という構成をとっている本書『ユージニア』である。ただし、記憶と記録の話であり、一人称での主観的な見方から物語が綴られているので、真相とは何か、そういうものを追求すると物語全体のどこかが綻んでしまう。はまりの悪
| 「本のことども」by聖月 | 2005/07/17 11:56 PM |
ユージニア
ユージニア 恩田陸 角川書店 このアイテムの詳細を見る  10年前の今日、仕事場にいたわたしは、昼食で外に出るまであの事件を知らなかった。今だったらインターネットや携帯メールでもっと早く情報が伝わったのだろうけど、あの頃はTVやラジオのニュースでしか情
| ついてる日記 | 2005/07/18 12:55 AM |
「ユージニア」
ユージニア恩田 陸ある夏、地元の有力者の家で起こった集団毒殺事件。その家族で唯一生き残った盲目の少女。その事件に関わった人たちの回想録のような形で物語が進んでいく。事件の関係者が誰かの質問に答えてる形をとっている章が多かった。話しているのが誰で他の人
| ナナメモ | 2005/07/18 9:15 AM |
第3回新刊グランプリ!グランプリ発表!
遅れましたが、第3回新刊グランプリの最終ランキング発表を致します。 加点前ランキングはこちら 第1位410点[:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:][:拍手:] 対岸の彼女 角田 光代 第2位346点[:拍手:][:拍手:
| 活字中毒日記! | 2005/10/11 1:02 AM |
[新刊本]「ユージニア」恩田陸
ユージニアposted with 簡単リンクくん at 2005.11.14恩田 陸著角川書店 (2005.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る + ChiekoaLibrary +のちえこあさんからのエントリです。 ちえこあさんのレビューはこちら。
| (非公認)読者大賞blog | 2005/11/14 1:15 AM |
「ユージニア」恩田陸
ユージニア発売元: 角川書店価格: ¥ 1,785発売日: 2005/02/03売上ランキング: 18,203おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/11/24 感想をどう書こうか迷ったけど、多角的視点からこの本を眺めてみることとします。 どう読むか、で全然感想が変わる、不思議
| 本を読む女。改訂版 | 2005/11/27 12:46 AM |
「ユージニア」 恩田陸
ユージニア 恩田 陸 ある夏、地方都市で起きた大量毒殺事件。 名士である青澤家で、近所の人たちを含む17人が毒殺された。 事件にまきこまれ唯一生き残ったのは、目の見えない少女。 その後犯人は自殺という形で発見され、事件は解決したように思われたの
| 本とミルクティー | 2006/03/01 10:52 AM |
第59回日本推理作家協会賞ユージニア
第59回日本推理作家協会賞は以下の通り決まりました。 【長編および連作短編集部門】 恩田陸「ユージニア」   【評論その他の部門】 柴田哲孝「下山事件 最後の証言」と   郷原宏「松本清張事典 決定版」の2作品です。   【短編部門】 平山夢明「独
| 及川的大人のブログ | 2006/05/22 9:11 PM |
ユージニア 恩田陸
ユージニア ■やぎっちょコメント かっちりとした作りの装丁に比べてうすっぺらい表紙。でもその表紙の裏は写真になっていてなんだかちょっとオシャレ。読む前からそんなことを考えてしまいました。 ミステリーですよね。この本は。完全に。 陸ちゃんはあんまりジャ
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/07/02 7:04 PM |
恩田陸「ユージニア」
蒸し暑い夏の日、不機嫌な雲が空にのたくっていた 『船の窓のある家』で、米寿の祝いの最中に毒入りの飲み物で十七人が死んだ たった一人の生存者は目の見えない娘 緋紗子   犯行を認める遺書を残して男が自殺した 歳を隔てて、事件現場を目撃した少女は「忘れら
| 聞いてあげるよ君の話を | 2006/08/04 8:14 PM |
(書評)ユージニア
著者:恩田陸 ユージニア価格:¥ 1,785(税込)発売日:2005-02-03
| たこの感想文 | 2006/08/24 3:28 PM |
『ユージニア』恩田陸
ユージニア恩田 陸 (2005/02/03)角川書店この商品の詳細を見る あの夏、青沢家で催された米寿を祝う席で、 十七人が毒殺された。 ある男の遺書によって、一応の解決をみたはずの事件。 町の記憶の底に埋もれた大量殺人
| まろ茶らいふる | 2006/11/13 5:56 PM |