プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 夏の魔法 [本岡類] | Top | 私の好きな探偵 [(非公認)読者大賞blog] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
落下する夕方 [江國香織]
4043480016落下する夕方
江國 香織
角川書店 1999-06

八年間をともに過ごした恋人・健吾から突然別れ話をきりだされてしまった梨香。彼の出て行った後の部屋に、別れの理由「他に好きな人ができたから」というその相手・華子が突然やってきます。ここに住まわせてほしいという華子。そして彼女との同居を受け入れる梨果。奇妙な三角関係の行方は…。

この「華子」の魅力が全然わからない…不思議な魅力といわれても…こういう自由奔放でなんか周りの男をダメにするタイプの女性。あんまり好きじゃないです。実際まんまと皆ダメ男になってるし。この子を好きになるポイントが見つけられない。存在していてもいいから、私の周りにはいないでね、というタイプ。ダメ!です。

そもそも華子だけじゃなくて、主人公の梨果の気持ちすら、私にはどうもよくわからない。っていうか理解できない!好きな人の好きな人といっしょに住むなんて!無理!絶対無理!ありえない!私なら追い出します。いっしょに住んで、あろうことかちょっとそれがいいかもと思うなんて…無理です!!

逆に男性の気持ちはよくわかったんですけれど。このどうしようもない感じ。(なんでだ!私だって仮にも女なのに…。)

そういうところで全然共感はできませんでしたが、この長い長い失恋の物語は、読んでいて心に痛かったです。シチュエーションはリアリティないですが、こんな風に、時間がたって、ちょっとずつちょっとずつ恋を失っていくということ。その描写はとてもリアルでした。この二つの相反する感じが、この小説の魅力なのかな…。

映画になってるそうなので、ちょっと観てみたいかもと思いました。
| あ行(江國香織) | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
梨果のひたむきな愛が痛い話でしたね。
梨果の周りの空気がとまってるような閉塞感を今でも思い出します。
| なな | 2005/07/22 12:15 AM |
他人事ながらしんどいものがありました…。うー。
私なら絶対絶対絶対ありえないですけど!(苦笑)
| chiekoa | 2005/07/22 12:53 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「落下する夕方」
落下する夕方江國 香織8年一緒に住んでいた梨果と健吾。「好きな人ができた」と出て行った健吾の替わりに梨果の部屋に来たのは、健吾が好きになった華子。この本を読んだのは今回が3回目。一度目は多分本が出てすぐに、2回目は友達と話をしていた時に。男が一人、愛
| ナナメモ | 2005/07/22 12:20 AM |