プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< もういないあなた [堀田あけみ] | Top | 嘘をもうひとつだけ [東野圭吾] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
夏のロケット [川端裕人]
4163180206夏のロケット
川端 裕人
文芸春秋 1998-10

なぜ「サントリーミステリー大賞優秀作品賞」受賞作品なのかよくわかりませんが…(ミステリー?)。青春時代を共に過ごした仲間たちが、年月を経て再び出会い、青春時代にかなえられなかった夢に向かってひたすら走っていく、そしてその夢はまた果てることなく続いていく…そんな青春ど真ん中の小説でした。合言葉は「火星へ!」。いくつになっても、夢はあきらめちゃいけません。青春に年齢は関係ないですね。

最近本を読んで、ストーリーに裏切られることが多かったので(苦笑)、つい疑り深ーく読んでしまったのですが、全然そんな必要なかったです。どきどき、わくわくしながら読んでいってそのまま最後まで読めば気分爽快。でも続きも読みたいなぁ…。

もうすぐ、もうすぐ火星に手が届く。夢がかなう。そんな主人公たちの気持ちが伝わってくる本の表紙もとてもステキでした。これから読まれる方は、全部読み終えてから、もう一度この表紙を眺めてみてほしいです。

子供だったころ、どうしても集めたくて、でもお金がなくてできなかった「お菓子のオマケ」。それを大人になってお金が自分の自由になるようになってから実現する、それが大人買い。これは、桁の違う大人買いのお話かもしれません(笑)。
| か行(川端裕人) | comments(4) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ちえこあさんの「壮大な大人買い」の
話にとっても同感!
5人それぞれ違う思惑があったり、大人になると
いろいろ大変だけど。
それでもみんなで何かに打ち込む姿って
なんだかついみとれてしまいます。
| mamimix | 2005/11/02 11:38 PM |
いいですよね〜、こんな大人買い。
私だったら…おぉ、結構難しい!
とりあえず好きな本を好きなだけ買って、えーと、あとは…??
ほんと、この本は心打たれて大好きです!
| chiekoa | 2005/11/04 5:10 PM |
たまたま図書館に文庫本があったのでそちらを手にとって見ました。
単行本の表紙もいいですね。
文庫本はロケットの軌跡を見る5人と芦川さん。
それぞれの服装も本を読んでから見ると「納得」なのです。
| なな | 2005/12/23 11:46 PM |
そう、どっちもいいですよね〜。
文庫のもお気に入りです。みんなそろってますし♪
| chiekoa | 2005/12/27 7:11 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「夏のロケット」 川端裕人
夏のロケットposted with 簡単リンクくん at 2005.10.25川端 裕人著文芸春秋 (2002.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/11/02 11:49 PM |
夏のロケット 川端裕人著
主人公の高野は中学時代のバイキング火星到着以来火星に憧れを抱いていた高校生、あるとき強引に天文学部に勧誘されそこで仲間と共にロケットを作り始める、結局すべての打ち上げは失敗に終わり仲間もそれぞれの道に進んで行った その後新聞記者となった高野は過激派の
| ミステリ、漫画なんかの感想 | 2005/12/14 1:03 PM |
「夏のロケット」川端裕人
夏のロケット川端 裕人 高校時代、火星に憧れ、「天文部ロケット班」でロケットの打ち上げ実験に熱中していた主人公の高野。 社会人となった今は新聞社で科学記事などを書いている。過激派のミサイル爆発事件の取材で同期の女性記者芦川純子を手伝う事になり、現場写
| ナナメモ | 2005/12/23 11:46 PM |
「夏のロケット」川端裕人
タイトル:夏のロケット 著者  :川端裕人 出版社 :文春文庫 読書期間:2006/07/21 - 2006/07/25 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 火星に憧れる高校生だったぼくは、現在は新聞社の科学部担当記者。過激派のミサイル爆発事件の取材で同
| AOCHAN-Blog | 2006/08/18 5:27 PM |
夏のロケット/川端裕人 〜大人の力と少年の想い〜
登場人物が絶妙。それだけで引っ張られてしまう。天才的なひらめきと頭脳でロケットを
| 読書のblog | 2006/11/25 10:11 PM |