プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 図書館の水脈 [竹内真] | Top | 風味絶佳 [山田詠美] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ポーの話 [いしいしんじ]
4104363014ポーの話
いしい しんじ
新潮社 2005-05-28

うまくあらすじとかが書けません。タイトルどおり、これは、ほんとうに、ただ、ポーの話。

「うなぎ女」の子ども、ポー。ポーは、ちいさな子どもです。まだ何も知らない男の子です。ほんとうの悲しみも、罪悪感も知らない。たいせつなものが何なのか、つぐないとは何なのかもわからない。天真爛漫で、それゆえにとても残酷で。白でもあり黒でもある。そんなポーの成長物語…なんて言葉ではくくれないような、くくりたくないような。深く深く、何かを問い続ける、探し続ける物語です。

そしてポーを取り巻く登場人物たちは、さまざまな、ほんとうにさまざまな、魅力的で個性豊かな人々でした。うなぎ女に始まり、メリーゴーランドに、ひまし油に、天気売り。いったい、いしいさんの頭の中ってどういうことになっているんだろう!という「いしいしんじの世界」全開です。

そしてやっぱり「音」。いしいさんの書く物語には、「音」があるなといつも思います。読み終わっても胸の奥でずっと響いているような気持ちになる「音」。

うなぎ女たちの子どもを思うその「愛」に胸がいっぱいになり、天気売りの一言一言に胸をつかれる思いがし。この物語の中でポーが見て、聞いて、知ったことを、私も見て、聞いて、知りました。

なにも心配はいらない。これは私たちの仕事。私たちのなすべきこと。
かあさんたちの命は、いつもおまえのしあわせとともにある。
何度も何度も繰り返す、聞こえない声でささやかれるメッセージ。こんな風に子どもに自分の姿を見せられる、こんな風に子どもを愛せる、そんな親になりたいと思いました。

先にいったひとびとはすべて、生きているものたちの親だ。遠く離れた父母の命は、いつも、この世に生きる、息子や娘たちのしあわせとともにある。
死ぬことだって、ほんとうはこんなことなのかもしれない。
読んでいる間よりも、読み終わってからじわじわと効いてくる本でした。
| あ行(いしいしんじ) | comments(13) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
不思議な本でした。
うなぎの話題がどこかで出るたび「ポーだ」って思い出してしまいます。
川に沈んでいった人々、そして「うなぎが食べる」って言葉がとてもとても印象的でした。
TBさせていただきました。
| なな | 2005/07/29 4:13 PM |
私よりによってこの本、「土用の丑の日」に読んじゃったんですよね…。
そして食べちゃったんですよね。うなぎ…。
しかも「活うなぎ」を。

なんか胸中複雑でした。ほんとに。
でもこの本は静かに心にしみるステキな本だと思います!
| chiekoa | 2005/07/29 5:49 PM |
わはは、土用の丑の日にうなぎを食べつつポーの話…って、ついつい想像しちゃいました(笑)。
| ちょろいも | 2005/07/29 9:48 PM |
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
この作品は不思議な雰囲気だけれど、とっても好み
でした。五つ星作品です。
いしいさんの作品はどれも独特ですよね。
| ゆこりん | 2005/07/29 9:56 PM |
ちょろいもさん、しかもそのお店「活うなぎ」のお店だけに、
お店に水槽があってその中にうなぎがたくさんですね…。
あぁ、微妙でした。意図したわけじゃないんですけどねぇ…。

ゆこりんさん、私も五つ星です!
最初のうちは読みづらかったんですけど、
だんだん引き込まれました。堪能…。
| chiekoa | 2005/07/29 10:19 PM |
読みましたー。すごく感想書くの難しかった!でも、ちえこあさんのおっしゃるとおり、読み終わってからじわじわ効いてきますね。今ちょうど、じわじわ効いてます・・・。けっこう重たいですね。でもいい本だった!

いしいさんの本、ちえこあさんにオススメしていただいたものを含めて、図書館に予約を入れました。あまり待たずに読めそうです。楽しみ!
| ゆうき | 2005/08/13 2:02 AM |
ゆうきさん、そう言っていただけるとなんだか私もうれしいです!
私もまだ全部読んでるわけじゃないですけど…どれもオススメです!
感想楽しみにしてますね!
| chiekoa | 2005/08/13 9:12 PM |
読みましたーやっと。
chiekoaさんも書かれてた,うなぎ女のメッセージいいですよね!!
「おまえのしあわせとともにある」という言葉で
マンガ「BANANA FISH」で最後にエイジがアッシュに送った手紙を思い出しました。
なんというか究極の愛?そんなのを感じました。
| mamimix | 2005/12/19 7:47 PM |
お疲れ様でした!
難しい話じゃないですけど、結構読むのに体力使いますよね。
いい意味で…。

「BANANA FISH」人気あるのは知ってるんですけど、読んだことないんですよ。よいですか?オススメですか?
| chiekoa | 2005/12/20 11:33 AM |
ちえこあさんが新刊本のベストであげて下さってたので、読みました。なんて感想書いていいのかいまだに困ってますが、とてもよかったです。
しかし、うなぎ食べた日に読んじゃったんですねえ・・(笑)
いきなり絡みますが「BANANA FISH」は読むべし!です。有無を言わさず読むべし!それだけ言いたくて書きました(笑)また感想書いたらTBにきます。
| ざれこ | 2006/01/30 1:14 AM |
そう、感想の書きづらい…でも心の中の特別な場所におきたい、そんな本でした。

うなぎは…おいしゅうございました。えぇ。

「BANANA FISH」了解っす!ブックオフに行ってきまっす!
| chiekoa | 2006/01/30 11:56 AM |
こんにちは。TBさせていただきました。
ほんと、読み終わってからじわじわきいてくる本ですね。命のつながりについて考えさせられます。
| chloe | 2006/02/02 3:01 PM |
choleさん、こんにちわ!
いいですよね、なんか心にどっしりきますよね。
装丁もぴったりでとてもステキだと思います。
| chiekoa | 2006/02/03 4:28 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ポーの話」
ポーの話いしい しんじ橋がたくさん架かる大きな川を中心にした町。ある春の日、うなぎ女から生まれた子、ポー。水かきをもち、うなぎのように長い事水の中に潜っていられるポーはうなぎ女たちに大事に育てられている。大きくなり、女に好かれるメリーゴーランド、その
| ナナメモ | 2005/07/29 4:09 PM |
ポーの話(いしいしんじ)
貧しいけれど幸せな日々。泥川でうなぎを捕る「うなぎ女」を母に持つポーは、愛情に...
| のほ本♪ | 2005/07/29 9:51 PM |
ポーの話 いしいしんじ
「ポーの話」いしいしんじ(2005)☆☆☆★★ ※[国内]、現代、小説、物語、おはなし、うなぎ女 ポーという名の不思議な生き物の男の子の話。500年ぶりの大雨、氾濫のあと、愛し育ててくれたうなぎ女たちの下を離れ、生まれ育った川を下り、様々な人と出会い、とも
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/08/05 8:50 AM |
ポーの話 いしいしんじ
ポーの話いしい しんじ新潮社 2005-05-28by G-Tools また、不思議な本を読んでしまったぞ・・・。 大きな泥の川が中心を流れ、たくさんの橋がかかる町。川に近い下の方と、水害の少ない上のほうとで、歴然とした経済格差と差別のある町。そんな町で、ポーは、泥の
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/13 1:44 AM |
[新刊本]「ポーの話」いしいしんじ
ポーの話posted with 簡単リンクくん at 2005.11.14いしい しんじ著新潮社 (2005.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る + ChiekoaLibrary +のちえこあさんからのエントリです。 ちえこあさんのレビューはこちら。
| (非公認)読者大賞blog | 2005/11/14 1:16 AM |
「ポーの話」 いしいしんじ
ポーの話posted with 簡単リンクくん at 2005.12. 4いしい しんじ著新潮社 (2005.5)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/12/19 7:50 PM |
「ポーの話」いしいしんじ
ポーの話発売元: 新潮社価格: ¥ 1,890発売日: 2005/05/28売上ランキング: 11,731おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/01/30 新刊本のベストでちえこあさんがあげてくださった本。 いしいしんじさんの本はなんとなく買った「ぶらんこ乗り」が 手元にある
| 本を読む女。改訂版 | 2006/01/30 1:45 AM |
「ポーの話」 いしい しんじ
「ポーの話」いしい しんじ 「じゃあさ、ほんとうのつぐないって、いったいどういうのだろう?」 「みんなそいつを、一生かけてさがすんじゃないかね。泥のなかをのたくるみたいに」 泥のなかから生まれ、うなぎ女たちの手によって育てられたポーの物語。 いつも
| 読書三昧。 | 2006/02/02 3:02 PM |
「ポーの話」
「そうだな。犬じじのいうとおりだ」 ポーは大きくうなずき、「じゃあさ、ほんとうの
| COCO2のバスタイム読書 | 2006/04/10 12:58 AM |
『ポーの話』 いしいしんじ
この人の物語は、とても優しいんだけれど、 その中に残酷さをはらんでる予感が、 読み進んでいくうちに、暗い雲のように、 ざわざわと広がっていく。 絶対に、よくないこと、不幸なことが起こる予感が、 優しい語り口の中に、隠されている。 この人お得意の
| *モナミ* | 2007/04/11 7:09 PM |