プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 世界中が雨だったら [市川拓司] | Top | 天使がいた三十日 [新堂冬樹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
オロロ畑でつかまえて [荻原浩]
4087743160オロロ畑でつかまえて
荻原 浩
集英社 1997-12

「村おこし、すべ」。そんな一言から始まった、山奥のど田舎、大牛郡牛穴村の村人たちと、東京の弱小広告代理店の仕掛けた「村おこし」の秘策とは…?!

この村の人たちがなんかもうユーモラスでしょうがなくて、面白おかしく読みました。それにしても彼らのこの「秘策」、こんなんでこの後どうするんだろう?!と、読みながらハラハラしていたのですが、そこはすてきなサプライズが!うーん、よかったなぁ!読後感もとても気持ちよい物語でした。

それぞれの章のタイトルのあとに、辞書の抜粋みたいなそのタイトルの解説が入っているのですが、それがまた面白くて。くすくす笑っちゃいます。(伊坂幸太郎さんの『陽気なギャングが地球をまわす』を思い出しました!)

作者さんが元コピーライターだというだけあって、広告代理店のシーンはおみごと。特にこの代理店のコピーライターさんが考えるキャッチコピー。わたしは「どれもいけてる!」と感心してしまいましたです。はい。

そしてラストも含め全ては作中に出てくるこの一言につきるのかなと思います。

「裏の庭で見つからないものは、どこ行ったって見つからない。」
ちょっと自分の周りを見渡してみれば、すてきなことはたくさんあふれてるんですよね。そう、すぐそこに…!

ちなみにこの物語、最後まで読んだら、その先の「作者紹介」までちゃんと読むことをオススメいたします。ふふふふふ。
| あ行(荻原浩) | comments(10) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
>陽気なギャング
わたしも「あ!おんなじぃ〜♪」と思いながら読みました^^

それにしても、≪ゴンベドリ≫ってすごい名前ですね。
| ふらっと | 2005/08/08 12:44 PM |
こんにちは♪
この本、笑えますよね♪でも、笑いの中にも
ほろっとしたものもありました。
本当に楽しめる1冊です(o^-^o)
| ゆこりん | 2005/08/08 1:14 PM |
なんとも読了感のよい本でしたね。
初荻原本だったのですが、はまりそうな予感です。
オロロ豆、食べてみたい、、。
| あおちゃん | 2005/08/08 1:40 PM |
ふらっとさん、なんてったって「●●ドリ」ですからね!
ネーミングセンスも笑えますね(笑)。

ゆこりんさん、ほんとそうですよね。
これがデビュー作だなんて…!

あおちゃんさん、荻原さんの本は私もまだ少ししか
読んでいないので、これからバンバン読むつもりです!
オロロ豆は…おいしいんですかね?!
ちなみに私は、タイトルになっているんだから、
もっと活躍(?)するのかと思ってました(笑)。
| chiekoa | 2005/08/08 2:03 PM |
こんにちは!
タイトル…意味深いですよねぇ。
こんなドタバタものも悪くないな、と楽しんで読みました。
そうそう『陽気なギャング〜』みたいだなぁと私も納得!
オロロ豆も気になるし、あの変な虫も気になります…。
| リサ | 2005/08/08 2:31 PM |
ちょっと調べてみたら、続編の舞台はこの村ではないみたいですね。
うーん、残念。豆も虫も気になりますけどねぇ!
でもあのラストでそのまま先を続けるのは…無理か(笑)。
| chiekoa | 2005/08/08 4:30 PM |
ラスト1ページは私も爆笑でしたよ。
で、このタイトルって「ライ麦畑でつかまえて」をパロったって
どこかに書いてあって、どう見たってそうやのにそれ読むまで全く気づかなくて、
そんな自分が哀しかったです。

続編は任侠ですよ(笑)こちらもかなり笑えます。
| ざれこ | 2005/08/08 5:59 PM |
題名が『ライ麦』からとったのはわかったんですけど、そもそもその『ライ麦』をさっぱり覚えていないもので、内容的にどうなのかは…どうなんでしょうね。
誰もそこには言及していないという(笑)。

続編は任侠ですか!!!それはまた…(想像中)。
| chiekoa | 2005/08/08 6:20 PM |
こんばんは。
荻原さんの本を初めて読みました。とても面白かったです。
コピーライターをしてらした方なんですね。知りませんでした。続編も読んでみたいです。
| EKKO | 2006/04/25 12:22 AM |
EKKOさん、『犬はどこだ』からこれを読まれたんですね!あんな書き方されたら気になりますよねぇ(笑う)続編もオススメですよ。ぜひ読んでみてください!
| chiekoa | 2006/04/25 11:47 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
オロロ畑でつかまえて*荻原浩
☆☆☆・・ 第10回小説すばる新人賞受賞作 文章は軽妙にしてユーモアに満ち、話は風刺の力にあふれて爽快であり、 近ごろ稀な快作である。こういう作品に余計な選評は不要、とにかくお読みになって、 読者それぞれの立場でたのしんでいただければよい。      
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/08/08 12:45 PM |
オロロ畑でつかまえて(荻原浩)
過疎に悩む牛穴村。村おこしをしようと、慎一たちは東京の広告会社を訪れる。そこで...
| のほ本♪ | 2005/08/08 1:14 PM |
「オロロ畑でつかまえて」荻原浩
タイトル:オロロ畑でつかまえて 著者  :荻原浩 出版社 :集英社文庫 読書期間:2005/07/26 - 2005/07/27 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘
| AOCHAN-Blog | 2005/08/08 1:16 PM |
『オロロ畑でつかまえて』荻原浩/集英社文庫
オロロ畑でつかまえて荻原 浩集英社2001-10by G-Tools 人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ、オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が、村の起死回生を賭けて立ち上がった!ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロダクション、ユニバ
| ひなたでゆるり | 2005/08/08 2:28 PM |
「オロロ畑でつかまえて」荻原浩
オロロ畑でつかまえてposted with 簡単リンクくん at 2005. 7. 6荻原 浩集英社 (2001.10)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 「明日の記憶」の荻原浩のデビュー作。 「明日の記憶」しか読んでないんで、それはさすがにテーマが重
| 本を読む女。改訂版 | 2005/08/08 5:56 PM |
オロロ畑でつかまえて 荻原浩
オロロ畑でつかまえて荻原 浩集英社 1997-12by G-Tools 超ど田舎の牛穴村が、村おこしのために、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは!? あらすじを書くと、「過疎化」「地方行政」「メディアの影響」など社会的な事を考えたくなってし
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/08 10:27 PM |
オロロ畑でつかまえて (荻原浩)
山村の村おこしを題材にしたドタバタ喜劇。この作家の出世作です。 脚本家の三谷幸喜氏の作風を連想しました。現実的な設定の舞台に現実離れした(ありえないような)事件を引き起こし、そこで繰り広げられるドタバタ劇を笑いと涙とスリルを交えて描きつつ(ただし『
| 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog | 2005/08/09 1:01 AM |
【小説】 オロロ畑でつかまえて/萩原浩
オロロ畑でつかまえてposted with amazlet at 05.08.24荻原 浩 集英社 (2001/10)Amazon.co.jp で詳細を見る
| 大阪生活、ときどき本。 | 2005/08/24 8:55 PM |
『オロロ畑でつかまえて』  荻原 浩  集英社文庫
        オロロ畑でつかまえて 「犬はどこだ」のなかで「オロロ畑」という言葉が出てきて、元ネタがわからなくて「?」だった私。それならば読まなくてはということで買って積んでいた1冊です。この方の作品は初めてでした。確か、若年アル
| アン・バランス・ダイアリー | 2006/04/25 12:23 AM |
(書評)オロロ畑でつかまえて
著者:荻原浩 過疎化に悩む東北地方の寒村・牛穴村。この現状を打破しようと青年会が
| たこの感想文 | 2006/07/09 5:57 PM |
オロロ畑でつかまえて
********************************************************************** 人口わずか三百人。主な産物はカンピョウ、ヘラチョンペ オロロ豆。超過疎化にあえぐ日本の秘境・大牛郡牛穴村が 村の起死回生を賭けて立ち上がった! ところが手を組んだ相手は倒産寸前のプロ
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2006/12/03 12:41 PM |