プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< オロロ畑でつかまえて [荻原浩] | Top | ななつのこ [加納朋子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
天使がいた三十日 [新堂冬樹]
4062129647天使がいた三十日
新堂 冬樹
講談社 2005-06-21

幸福の絶頂から、突然の不幸な出来事によって地獄の底へ突き落とされてしまった主人公・日吉。作曲家だった彼ですが、仕事を捨て、自堕落な生活をするようになってしまいます。生きる気力すら失っってしまった彼。そんな彼の前にある日現れたのは…。

どちらかというと『忘れ雪』的な作品でした。(安心しました…。)
このタイトルですし、最初の方を少し読めばなるほど、これはこうなって最後はこうなるのかな…と予想していたとおりに話が進んで、どうもできすぎな感じは否めませんでしたが、(というわけで泣けはしませんでしたが)、最後に予想外のちょっとステキなプレゼントがあってうれしかったです。

そういうわけで、ストーリー的にはありがちで、特に感動とかもしなかったんですけど、何しろこのマリーが…かわいいのです。胸キュンでした…!あのまなざし、しぐさ、ついうちの犬(犬種が全然違いますが)を想像してしまって、たまらない気持ちになりました。こんなにもまっすぐ、自分を信じてくれる存在。人間が人間にもたらしてくれる奇跡よりも、犬が人間にもたらしてくれる奇跡のほうが、私は全然信じられます。なんであの子たちはこんな人間たちのことを、そんなにも思ってくれるんだろう…。学ぶことばかりです。

でも新堂さんは犬を飼ったことが…あるのでしょうか?部屋で飼ったりしてトイレは?とか、フライパンから皿に移したばっかりのチャーハンなんて熱くてダメだってば!とか、そういうどうでもいいところが気になってしまったりしました(笑)。あと、主人公の職業がせっかく「作曲家」なのですから、もっともっと、音楽というものの力、その奇跡も書いてくれたらよかったなぁと思います。

ちなみに図書館で借りたので、あの「帯」がついていなくてよかったです。初版からこういう帯がついてるっていうのが、なんだか「みえみえ」でいやなのです。はー…。そしてなぜこの本をこの季節(夏)に出すのかがちょっと謎でした…。
| さ行(新堂冬樹) | comments(9) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
おお、読まれましたか。
やはり犬好きは胸キュンとなっちゃいますよね。
ああ、そういえば、音楽のシーンが少なかったような…。
表紙はいただけたいですよね。
| でこぽん | 2005/08/09 12:47 PM |
でこぽんさん、わしづかみでした…。
紹介していただいて、ありがとうございました!
この表紙は…なんで初版からこんな帯が付いてるの??と。
発売前にわざわざ読ませてるってことですよね。
あざとい…。せっかくきれいな表紙の写真もダイナシです。
| chiekoa | 2005/08/09 1:46 PM |
やっぱり犬好きな人に響く本ですよね。
だけど、やっぱり予想できる展開でなんだか…
次は「びっくりしちゃう」ほうの本を読んでみようと思います。
| なな | 2005/08/09 11:24 PM |
ななさん、もうこの本のストーリーのことは忘れましょう!
そこには全然感動できなかったですからね…。
マリー…かわいい…それがすべてということで(笑)。
| chiekoa | 2005/08/10 3:11 PM |
犬好きは、やられちゃってますね(苦笑)

これは新堂冬樹ではない!と言い切ってしまいます。
| すの | 2005/09/01 8:45 AM |
chiekoaさん、こんにちは。またTBさせていただきました。
この作品、優しい雰囲気が良かったです。
マリー可愛いですよねー。
色んな仕草や様子が思い浮かぶ文章でした。
| tamayuraxx | 2005/10/24 11:09 PM |
ほんとにもうただマリー…ラヴ!でした。
ストーリー的にはあざといかな?と思ってしまったのですが(いやな大人なわたし)、マリーですべてチャラです!
| chiekoa | 2005/10/25 5:23 PM |
主人公を慕うマリーのけなげさ、愛らしさが
印象的でした。
| 藍色 | 2006/05/22 11:53 AM |
犬というのは…期待することは何もしてくれませんが、何も期待してないときにやってくれるので、泣けます!
| chiekoa | 2006/05/22 4:47 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
[読書]天使がいた三十日/新堂冬樹
ISBN:4062129647:detail ★★★★☆ や〜ん。ああ、もうすっごい可愛い。 犬好きには堪らない内容です。 一度でも飼ったことのある方には涙モノでしょう。 さすが動物好きの新堂タンでした。 可愛い可愛い。 内容?ああ、それはないです。 でも、そんなことはほとんど関
| でこぽんの読書日記 | 2005/08/09 12:45 PM |
「天使がいた三十日」
天使がいた三十日新堂 冬樹作曲家の友哉。最愛の妻をクリスマスイブに亡くす。友哉は自暴自棄になりすべてを失い、一年後のクリスマスイブに雪の降る公園で妻のもとへ旅立とうとする。そこに表れたのは近所のお金持ちの家で飼われ、虐待されていた犬のマリーだった。友
| ナナメモ | 2005/08/09 11:20 PM |
「天使がいた三十日」新堂冬樹
「天使がいた三十日」新堂冬樹(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、文芸、ハートウォーミング、犬、愛 新堂冬樹という作家が好きだ。バイオレンス、ピカレスク、アウトロー、ハードボイルド、ミステリー、悪徳、裏社会、底辺の人間たち、どろどろ、愛憎
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/09/01 8:36 AM |
[本]新堂冬樹 著「天使がいた三十日」
天使がいた三十日 新堂 冬樹 / 講談社 ISBN : 4062129647 スコア選択: ※※※※1年前のクリスマスイヴに最愛の妻を亡くして以来、抜け殻状態の 日々を送り、自殺を考えるようになった元音楽家の主人公。 彼は妻の命日に、虐待されていた1匹の犬・マリーと出会う。
| Four Seasons | 2005/10/24 11:04 PM |
天使がいた三十日、新堂冬樹
カバー写真はPhilipCoblentz/BrandXPictures/GettyImages。 「小説現代」2004年2月号から2005年4月号の連載を改題、加筆、修正。 1998年、第7回メフィスト賞受賞デビューして血み
| 粋な提案 | 2006/05/22 11:54 AM |
天使がいた三十日
********************************************************************** その愛は、雪のように白く儚く しかしそれ故に、心に沁みわたる。 メリー・クリスマス。 あのときの夏乃は、これから何回……いいや 何十回もそのセリフを口にできると 信じて疑わなかったこ
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2006/07/31 10:43 PM |
天使がいた三十日
クリスマス。 立ち直れない作曲家の前に現れたアイリッシュ・セター。 そこから物語は始まりました。
| のりぞーちゃんのブックレビュー | 2006/11/15 2:29 PM |