プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 天使がいた三十日 [新堂冬樹] | Top | うなぎ鬼 [高田侑] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ななつのこ [加納朋子]
4488426018ななつのこ
加納 朋子
東京創元社 1999-08

短大生の駒子がある日出会った一冊の本。「ななつのこ」というタイトルのその本がとても好きになった駒子は、作者に宛ててファンレターを出します。身近に起こったちょっとしたエピソードを盛り込んだそのファンレターに返事が来て…。

うまいなぁ!と思ってしまいました。この本はその、中に出てくる「ななつのこ」という本の七つの短編のエピソードと関連した、同じく七つの短編から成っています。この、入れ子構造。ややこしい!ですが、それがすごく面白かったです。ほんとうに、なんてことない日常の「謎」にからめた物語。作者と駒子の往復書簡と、駒子の日常生活を織り交ぜて語られるこの物語は、最後の一話までとても楽しく読めました。ラストもとてもよかったです!

ちなみにわたしはこの本を単行本で読んだのですが、開くなりいきなり一枚どどーんと作者さんの写真があったのでびっくりしました。そして時代を感じました(笑)。奥付を見てみたら1992年に出版された本でした。十年以上前。でもそんな古さなんて、まったく感じさせないお話たちでした。
| か行(加納朋子) | comments(9) | trackbacks(8) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは(^ー^)ノ

わたしも偶然,先週このお話読みました!
上手ですよね!!
とてもデビュー作とは思えない。
3部作になってると聞いて,早くも続編を
図書館に予約してます。

作者の写真にびっくりしたのも一緒です(笑)
普通表紙裏に,証明写真くらいの大きさで
載ってるくらいですもんね。
しかも視線があさってだし。
| mamimix | 2005/08/10 9:52 PM |
うわー私は単庫本を読んでしまったので
その写真は見れませんでした。
残念。
読みながら、自分が大学生の頃の大学生だなぁと思ってたのですが、92年、やっぱり近かった。

| なな | 2005/08/10 10:30 PM |
わぁ!ステキな偶然♪うれしいですねぇ!
三部作とは知らなんだ…。私も予約します!

あの写真、びっくりしますよね!「まじですか!」って(笑)。
あれじゃアー写(アーティスト写真)だ…。
受賞作だから扱いが大きいのでしょうか??(大きすぎ?)
| chiekoa | 2005/08/10 11:51 PM |
ななさん、図書館でぜひ!!
この気持ちをわかちあいましょう…!
(なんかちゃかしてるみたいで申し訳ないですが…。)
| chiekoa | 2005/08/11 11:30 AM |
これ、わたしの、初加納朋子作品です。写真にびっくりした記憶、あります・・・(笑。でも、そんな事は関係なく、一気に大ファンになりました。いまでこそ、日常の謎、なんていうジャンルも、連作短編という形式も、だいぶ見慣れてきたけれど、当時は北村薫さんくらいしか知らなくて、すごく新鮮だったんです。続編もおもしろいよ〜。
| ゆうき | 2005/08/13 1:58 AM |
わぁ!ゆうきさんも驚かれましたか!(笑)。
確かに今すごく多くなりましたよね、こういうどろどろしてない心温まるミステリー。加納さんは先駆者だったんですね。続編、楽しみです!
| chiekoa | 2005/08/13 10:55 AM |
こんばんは。
FC2のトラックバックの調子がイマイチなので
JUGEMのブログも借りてみて
試しに投稿してみたら
勢い余ってTBまで送っちゃいました〜^^ゞ
同じ記事なので、お手数ですけれど
二つ目のほうは削除してくださいませ m(_ _)mゴメンナサイ
| ふらっと | 2005/08/14 10:33 PM |
ふらっとさん、トラバはFC2のせいでたまにできないのでしょうか?
他の方はできているので、私のせいかと…。
| chiekoa | 2005/08/15 3:42 PM |
よくわからないんですけれどね。
ほかにもTBできない方がいるので
こちら側の問題なのかなぁ?と。

でもFC2、使い勝手はかなりいいので
まだ悩み中です@移転
お引越し作業何度もしてきて
考えると気が遠くなるし^^;
| ふらっと | 2005/08/15 4:55 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ななつのこ」加納朋子
ななつのこposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.16加納 朋子東京創元社 (1999.8)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 帰りの電車で読む本がなくて本屋に寄って即座に買った本です。 あーそういやまだ読んでなかったと。 この
| 本を読む女。改訂版 | 2005/08/10 2:48 PM |
「ななつのこ」加納朋子
ななつのこ加納 朋子十九歳、短大に通う入江駒子。「ななつのこ」という本を買い、著者の佐伯綾乃にファンレターを書くことにした。ファンレターに自分の周りで起こったちょっと不思議な出来事を書いたら、佐伯からその不思議な事件の謎解きをした返事が届いた。なんだ
| ナナメモ | 2005/08/10 10:27 PM |
ななつのこ*加納朋子
☆☆☆・・ 第3回鮎川哲也賞受賞作 郷愁を誘う幻想的な作品集『ななつのこ』の著者との交流を通して、 日常の中の謎を解き明かしていく主人公―― 期待の女流作家が贈るほのぼのとした連作推理長編!   (帯より)短大に通う入江駒子が書店の新刊本コーナーで偶然見
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/08/14 5:41 PM |
ななつのこ*加納朋子
☆☆☆・・  第3回鮎川哲也賞受賞作  郷愁を誘う幻想的な作品集『ななつのこ』の著者との交流を通して、  日常の中の謎を解き明かしていく主人公――  期待の女流作家が贈るほのぼのとした連作推理長編!   (帯より) 短大に通う入江駒子が書店の新
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/08/14 10:22 PM |
(書評)ななつのこ
著者:加納朋子 入江駒子、19歳、短大生。そんな彼女が、ふと見つけた短篇集『なな
| たこの感想文 | 2005/10/03 6:58 PM |
「ななつのこ」加納朋子
タイトル:ななつのこ 著者  :加納朋子 出版社 :創元推理文庫 読書期間:2005/11/12 - 2005/11/14 お勧め度:★★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 表紙に惹かれて手にした『ななつのこ』にぞっこん惚れ込んだ駒子は、ファンレターを書こうと思い立
| AOCHAN-Blog | 2005/11/29 2:15 PM |
『ななつのこ』  加納朋子  創元推理文庫
        ななつのこ 『いったい、いつから疑問に思うことをやめてしまったのでしょうか?いつから与えられたものに納得し、状況に納得し、色々なことすべてに納得してしまうようになってしまったのでしょうか?いつだって、どこだって、謎は
| アン・バランス・ダイアリー | 2006/09/13 7:33 AM |
ななつのこ
駒子シリーズ第一作。 駒子が、偶然手に取った絵本の著者佐伯にファンレターを書くことに。 しかし、それはただのファンレターではなく、日常で起きた不思議を書いたものでした。 絵本では、主人公のはやと君が出遭った不思議なことをあやめさんが解いていくの
| 本を読もう | 2007/04/26 5:28 PM |