プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 嘘をもうひとつだけ [東野圭吾] | Top | すべてがFになる [森博嗣] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
天国はまだ遠く [瀬尾まいこ]
4104686018天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ
新潮社 2004-06-23

仕事やらなにやらで行き詰まり、果てしなく落ち込んでいたところに、「読んでみたら?」とお勧めしてくださる方がおり、その日の会社帰りに本屋を探しまくって買って帰り、その日のうちに一気に読んでしまいました。

「ずっと前から決めていた。今度だめだと思ったら、もうやめようって。」
そんな書き出しで始まるこの物語。読みながらだんだん主人公が今の自分と重なって、お話の中でいっしょに苦しみ、いっしょに迷って、そしていっしょに楽になっていきました。読み終えたときには、誰かが「大丈夫だよ。」って背中をぽんと押してくれたような、そんな気持ちになりました。

苦しい、苦しい、もうだめだって思ってしまっているときには、そのことしか見えなくなって目の前が真っ暗になってしまっているけれど、ほんとは、それだけじゃなくて、もっとたくさんのことがあって、たくさんの人に守られて、自分は生きているんだな、と、そんなことを思い出させてくれる本でした。

この本にめぐり合うことが出来て、ほんとうによかったと思います。
| さ行(瀬尾まいこ) | comments(17) | trackbacks(11) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
トラックバック、ひとつ失敗しちゃいました。タイトルのないほう、消しておいていただけますか?ごめんなさい。

この本で転職決められたんですか?でも、瀬尾さんの本って、すごい淡々と描かれてるのに、人を動かせる力があると思うんで、なんかわかります。
| ざれこ | 2005/06/24 1:22 AM |
消しておきました!トラバありがとうございます!

実話ですよ〜。あたりまえですけど(笑)。なんかすごく肩の力が抜けたっていうか、ふっと楽になって、動くことができました!こういう本との出会いには感謝、感謝です。
| chiekoa | 2005/06/24 12:22 PM |
 chiekoaさんの瀬尾小説NO.1なんですね。
本当に素敵な小説ですよね。
うまく言えませんが、静かに自分が満たされて行く気がしました。
私はこれで、未読が『卵の緒』です。
順番逆ですね^^;

読了したら、また必ず来ます!

T.B.させて下さいね。
| ☆すぅ☆ | 2005/10/07 4:35 AM |
人生を変えるきっかけをくれた本なので…。
大好きです!とてもとても大切な本です!
| chiekoa | 2005/10/11 11:12 AM |
ここまで愛される本って、幸せですね・・・。
出会えたchiekoaさんも幸運ですが、本が羨ましいです。
妬けるくらい絆を感じましたよー。
| ☆すぅ☆ | 2005/10/16 2:53 AM |
chiekoaさま

だいぶ前に読まれた本なのですね。
私は,久しぶりに瀬尾まいこさんの本を読みました。

この本の雰囲気が瀬尾さんの魅力なんでしょうね。
じわっと心に染み入る本でした。
民宿のお兄さんみたいに,飄々と暮らしていければいいですね。

TBさせていただきました。
| よっさん。 | 2006/05/11 9:50 PM |
よっさん。さん、こんにちわ。
そういえばもうだいぶ前ですね〜。今のこの職場に移るきっかけをくれた本なのですが、そうか、もう1年半以上たつのですね…。しみじみ。久しぶりに、読み返してみようかと思います!
| chiekoa | 2006/05/12 11:55 AM |
こんばんわ^^ TBさせていただきました。
自殺未遂って割にはキョトンとしちゃう展開でしたね。
冒頭の千鶴のような時期に、田村さんのような朴訥な人に出会えることは幸せだと思います。みんなが出会えるわけじゃないし、代わりに、こういう本と出会えれば幸せなのかもしれません。
そう思うと書物の威力ってすごいですね。
| 斎藤れい | 2006/06/27 8:48 PM |
なんか深刻な感じではなくて…でもすごく好きな本でした。そっか、田村さんに出会うかわりに本に出会ってるからいいんですね。れいさん、いいこと言った!
| chiekoa | 2006/06/28 6:25 PM |
おぉ、褒められてしまった(笑
| 斎藤れい | 2006/06/28 9:06 PM |
素敵な作品でした。
とても好きな作品ですよね。
自分と重なるって言うのが、わかります。
自分も田村さんに慰められているような感じになりました。
れいさんの言うとおり、こういう作品に出会えて、幸せだと思うべきですよね^^
| 苗坊 | 2006/09/24 6:28 PM |
私の中で瀬尾さんの本のナンバーワン!です。
(『幸福な食卓』と競ってますけど…!)
人生にこういう本との出会いがあるから、
読書ってやめられないんですよね〜しみじみ。
| chiekoa | 2006/09/25 3:37 PM |
初めまして。やぎっちょさまのところから遊びにきました。この本今読書中です。瀬尾さん「幸福な食卓」しか読んでないのですがそれが良かったのでベスト3なども参考にさせていただきました。
| 菱沼 | 2006/11/18 6:24 PM |
菱沼さん、こんにちは!
この本は文庫になったので、また買ってちょうど先日読んだばかりです。これと『幸福な食卓』とは、お目が高い!(笑)。まだそんなに冊数出てないですけど、他にも素敵な本をたくさんかかれてますから、読んでみてくださいね!
| chiekoa | 2006/11/20 1:05 PM |
 こんばんは♪
 またまたTBさせていただきました。

 chiekoaさん、すごくよいタイミングで
 この本と出合われたんですね。
 ほんとによかったです。
 私も、今そういう状況にいるわけではないけど、
 この本にはとても癒されました◎
| miyukichi | 2007/01/05 9:57 PM |
miyukichiさん、そうなんですよ〜。
この本があって今の私がおりまする…。
出会いってすばらしい!今でも大事な一冊です。
文庫も買っちゃいました〜。
| chiekoa | 2007/01/06 10:53 AM |
こんばんは★
ちょうど色々悩んでいるときにこの本を読んだので、
瀬尾さんのほんのりした文章の中にも、
少なからず衝撃を受けました。

ラストで千鶴が都会に戻ってやるべきことを見出すことを決意したシーンがとても印象的でした。

私もゆっくり居場所をみつけられたらいいなぁと思いました。
そうそう、私もこの本を読んである決心を固めることができました。
う〜ん、瀬尾さんってスゴイ(今更ですが)
| Rutile | 2007/05/01 10:23 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「天国はまだ遠く」瀬尾まいこ
天国はまだ遠くposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.24瀬尾 まいこ著 / 瀬尾 まいこ新潮社 (2004.6)通常1〜3週間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 「図書館の神様」が書評サイトでとても評判の瀬尾まいこさん。 とりあえず最新刊から
| 本を読む女。改訂版 | 2005/06/24 1:07 AM |
『天国はまだ遠く』 新潮社
天国はまだ遠く瀬尾 まいこ / 新潮社(2004/06/23)Amazonランキング:5,477位Amazonおすすめ度:たまには甘えたっていいじゃないの近年稀に見る作家の登場ではないか心がやさしくなれるAmazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 本好きにとって“一心不
| 瀬尾まいこ応援BLOG! | 2005/06/25 10:41 PM |
「天国はまだ遠く」 瀬尾まいこ
天国はまだ遠くposted with 簡単リンクくん at 2005. 5.31瀬尾 まいこ / 瀬尾 まいこ著新潮社 (2004.6)通常2〜3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/10/06 11:53 AM |
『天国はまだ遠く』
私の本当の居場所を知る! hReview by ☆すぅ☆ , 2005/10/07 天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ 新潮社 2004-06-23        読了後のしんみりと、それでいて清々しい清涼感は、やはり瀬尾ワールドならでは! 読み始めすぐから主人公が、
| 「女流作家」の楽しみ方! | 2005/10/07 4:35 AM |
[本]瀬尾まいこ「天国はまだ遠く」
天国はまだ遠く 瀬尾 まいこ / 新潮社会社での仕事や人間関係に行き詰まって、人里離れた北の村に やってきた千鶴は、とある民宿の一室で睡眠薬による 自殺を試みて失敗する。 そのまま民宿に居続けるうち、民宿の主人や村の人々との 交流によって千鶴は少しずつ
| Four Seasons | 2006/01/11 10:07 PM |
天国はまだ遠く/瀬尾 まいこ
 瀬尾 まいこ著。  仕事や人間関係に疲れた主人公が自殺しようと思い,たどり着い
| だるだるノオト | 2006/05/11 9:41 PM |
瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』
瀬尾まいこ『天国はまだ遠く』(新潮社、200406) 仕事がうまくいかない、趣味もとってもやりたいわけじゃない、 気心許して話せる友達はいつの間にかいない、体調ももうずっとおかしいまま、 死んじゃおうかな・・・ そう思って暮らしてきた主人公千鶴23歳。 ずるず
| uc-road:blog | 2006/06/27 8:38 PM |
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
天国はまだ遠く オススメ! 山田千鶴は、全ての準備を整えた。 彼氏には別れの手紙を書いたし、 部屋も売ったし、荷物もまとめた。 あとは、出発するだけ。 自らの命を絶つために。。。 死ぬために山奥へ向かい、北を目指し、古い民宿にたどり着いた。 そこで、
| 苗坊の読書日記 | 2006/09/24 6:26 PM |
ŷ??
 瀬尾まいこ:著 『天国はまだ遠く』    いろんなことに行き詰まり、  何もかも(自分の命さえも)捨てるつもりで  たどり着いた、山陰か北陸の鄙びた村。  「木屋谷」というその集落で、  “再生”していく「私」――。  筋書きは、もう読み始めてすぐから
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/01/05 9:55 PM |
天国はまだ遠く 瀬尾まいこ
天国はまだ遠く この本はやっぱり本が好き♪のミーさんにオススメいただきました。ありがとうございました。 ■やぎっちょ書評 こんなに気分と体力とモチベーションが落ちている日は(そこまで言うと余計落ちるぞ!)薄くて「ぬるまゆったり」小説に限る。 とい
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/27 11:58 AM |
『天国はまだ遠く』瀬尾まいこ
シェアブログ1152に投稿 私自身仕事の事や自身の生き方で真剣に悩んだこともあり、 というか今でも絶賛悩み中で、にっちもさっちもいかないとか思ってるんですが、 とにかくまぁ、そういう心境で読んだので、 毎日の生活
| 道草読書のススメ | 2007/05/01 10:21 PM |