プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 天国はまだ遠く [瀬尾まいこ] | Top | ばらっちからカモメール [西原理恵子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
すべてがFになる [森博嗣]
4061819011すべてがFになる
森 博嗣
講談社 1996-04

王道のミステリー、でした。まさに。孤島で密室で…。すごいトリックで。

うーん。絶句。なぜ思いつくのか、そこがすごいです。

いちおう元理系でUNIXかじったことがあるので、中に出てくる用語くらいは全部わかったのですが、そういう問題じゃなくて頭がこんがらがりました。だって…登場人物の名前が難しいんですもん!

主人公が「犀川創平(さいかわそうへい)」と「西之園萌絵(にしのそのもえ)」。ほら、言いにくい…。読むときに頭の中ですら発音できず、結構苦労してしまいました。(そんなの私だけでしょうか。)

これを1作目として「理系シリーズ」なるものが続いているそうで、それも読んでみたいなぁと思いました。しかしこんな理系ネタでシリーズ?考えつく作者さんの頭がミステリーです。

-----------
【後日追記】
あぁ、なんてこと書いているのかしら、当時の私ってば!!!!
顔から火がでそうです。恥ずかしいです。ばっかじゃないの?!あぁ!
ほんとごめんなさい、若気の至りにも程があります、あぁ!
でも戒めのためにこの感想は消さないの…くぅ…。

今はこの本のそのすごさを、意味をかみしめる日々ですので、どうかお許しを…。
| ま行(森博嗣(S&Mシリーズ)) | comments(8) | trackbacks(14) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
私は、結局、ここから再読する覚悟が出来ました(笑)
ちえこあさんに追いつけるのは、本当にいつになることやら・・・です。
このシリーズは、王道の本格ミステリーなのに、ワトソン役がいない、
というか、ワトソンも天才、というのが変わってますよね。
面白かったです。では!
| ゆうき | 2006/01/23 11:02 PM |
おぉ、ゆうきさんついに!
森ワールドへいらっしゃいませ(笑)。
わたしも地味に再読してます。S&Mは次に『封印再度』を読む予定…。大好きなんです!これ!楽しみ!
| chiekoa | 2006/01/24 6:23 PM |
こんにちは^^TBさせていただきました。
もんのすごく、森さんの作品を読んでらっしゃいますね。
びっくりです。
想像以上に森ワールドは凄かったですね。
パソコン用語なんて、わからないったら^^;
森さんの作品はたくさん持っているくせに読んでいないので^^;
地道に読んでいこうと思います。
| 苗坊 | 2006/06/12 6:34 PM |
大好きなんです〜!
これを最初に読んだころは、後にこんなにはまるとは…。だから感想がものすごく適当ですね(笑)。
| chiekoa | 2006/06/13 1:58 PM |
下北でお薦めいただいた本、やっと読みました。
嵌りました!全部読みます!!!
| なな | 2006/12/01 10:05 PM |
ななさん、「ひろし→博嗣」変換ワールドへようこそ!(笑)。
まさにワールドと呼ぶしかない世界ですから…楽しんでください!ちなみに今日は『幻惑の死と使途』を再読中。昔の感想はあまりにも適当すぎて顔から火が出そうなのですが、これにいたっては感想も書いておらん…。
| chiekoa | 2006/12/04 12:31 PM |
はじめまして。
「しかしこんな理系ネタでシリーズ?考えつく作者さんの頭がミステリーです。」
に大爆笑(?)させていただきました!

私も同じ本を読んだのでTBさせてもらいますね!
| junn_411334 | 2007/01/28 5:03 PM |
junn_411334さん、「そんなこと言ってた日もあったのね…」という…あぁ、私はおばかさんですよ!
シリーズをこれから先のも読んでください。ぜひぜひ。
仲間になってくれるととってもうれしいです(笑)。
また遊びに来てくださいね!
| chiekoa | 2007/01/29 1:08 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「すべてがFになる」森博嗣
すべてがFになるposted with 簡単リンクくん at 2005. 6.21森 博嗣講談社 (1998.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 森博嗣を一躍有名にしたデビュー作らしいですね。 いやあ、今更読みましたってな感じです。 面白かった
| 本を読む女。改訂版 | 2005/06/21 10:05 AM |
再掲 ○「すべてがFになる」 森博嗣 講談社文庫 733円 1998/12
メフィスト賞受賞作。前にも紹介したように、京極夏彦作品的な本を、出版者側が原稿持ち込みを前提に、どんどん出していこうと目論んだ賞である。大体、本格(推理)系に属するのだが、その本格性には独自なものが多い。例えば、この賞を産んだといってもいい京極堂シリ
| 「本のことども」by聖月 | 2005/06/22 11:43 PM |
すべてがFになる (森博嗣)
人気シリーズの第一作であり、森氏の出世作でもあります。 このシリーズは数年前に全巻読みました。記憶が薄くなっているのでここにアップするに当たって再読しました。この手の娯楽小説は、余程のことが無い限り再読すると色褪せて感じられます。このシリーズも例に
| 読んだモノの感想をわりとぶっきらぼうに語るBlog | 2005/06/23 10:41 AM |
すべてがFになる
すべてがFになる森 博嗣著講談社 (1996.4)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 孤島のハイテク研究所で、完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀
| ちょっくら読書1000冊目指してみようか。 | 2005/09/27 9:48 AM |
すべてがFになる 森博嗣 ★★★★☆
すべてがFになる森 博嗣 講談社 1996-04by G-Tools 言わずと知れた、森博嗣さんのデビュー作。再読。 最初に読んだとき、あんなに小難しくて読みづらいなあと思った本が、ものすごく読みやすかったので、びっくり。読みやすいし、面白いし、キャラたってるし、ラス
| IN MY BOOK by ゆうき | 2006/01/23 11:00 PM |
森博嗣『すべてがFになる』
森博嗣『すべてがFになる』(講談社、199604) 噂の森博嗣ミステリ、読んでみました。 噂っつっても、噂になったのはあたしが高校生の頃なんですけどね(笑 どうも現実離れした設定が多いようですね、森博嗣氏。 前に読んだ『女王の百年密室』でもそう思いましたが。
| uc-road:blog | 2006/06/03 12:09 PM |
すべてがFになる 森博嗣
すべてがFになる オススメ! 天才博士、真賀田四季。 彼女は14歳の時に両親殺害の容疑をかけられる。 それ以来、彼女は孤島の研究施設に閉じこもるようになる。 研究所の地下に住み、人前に出る事はない。 それから15年。 大学生の西之園萌絵は、N大学工学
| 苗坊の読書日記 | 2006/06/12 6:33 PM |
すべてがFになる
孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺
| ミステリーマニア | 2006/11/22 7:10 PM |
「すべてがFになる」森博嗣
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER 森 博嗣 十四歳のとき両親殺害の罪に問われ、孤島のハイテク研究所で完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。教え子の西之園萌絵とともに、島を訪ねたN大学工学部助教授・犀川創平は、1週間外部との連絡
| ナナメモ | 2006/12/01 10:05 PM |
すべてがFになる
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER 森 博嗣 出版社/著者からの内容紹介 密室から飛び出した死体。究極の謎解きミステリィ。 コンピュータに残されたメッセージに挑む犀川助教授とお嬢様学生・萌絵。 孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離され
| a bird shop | 2006/12/05 9:11 AM |
「すべてがFになる」 講談社ノベルズ 森博嗣 著
森博嗣を初めて読んだのは数年前、「そして二人だけになった」だった。ちょうど読書熱が高まっていて、ミステリーが読みたいと思い書店で探していたとき、タイトルに惹かれて買ったのがきっかけ。中高時代に読みあさった作家、アガサ・クリスティの傑作「そして誰もいな
| Nobody knows | 2006/12/23 11:50 AM |
すべてがFになる
********************************************************************** 孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された 生活を送る天才工学博士・真賀田四季(まがたしき)。 彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を 切断された死体が現れ
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2006/12/30 12:43 AM |
すべてがFになる
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER [要旨] 孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授
| 乱読日記 | 2007/01/28 5:06 PM |
すべてがFになる 森博嗣
すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER ■やぎっちょ書評 「すべてがFになる」及び、森博嗣さんを勧めてくださった皆さん。ありがとうございます。が、この本が限界かもしれませぬ。。。 前に読んだ「スカイ・クロラ」の散文調な様子はなく、それは良かったのですが
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/19 1:36 AM |