プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 神様からひと言 [荻原浩] | Top | 探偵伯爵と僕 [森博嗣] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
下妻物語・完 ―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 [嶽本野ばら]
4093861536下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件 (完)
嶽本 野ばら
小学館 2005-07

茨城県下妻。そんなど田舎で浮きまくりのバリバリロリータ少女・桃子と、これまた時代遅れなバリバリヤンキー少女・イチゴ。ある日彼女たちが乗ったバスで殺人事件が発生!イチゴが容疑者に浮上して…?!

下妻物語―ヤンキーちゃんとロリータちゃん』の続編にあたる物語です。前作に引き続き、全開の桃子とイチゴに楽しませてもらいました!笑わせてもらいました!そして泣かされました!

何がおもしろいって、やっぱりまずは桃子とイチゴのやり取りが最高です。前作よりもかなりパワーアップして成長して帰ってきた二人。クールに見せていつも心の中でお上品にかつ激しく人を罵っている桃子、おバカで天然ボケ全開のブタゴリラな熱い熱いイチゴ、この二人キャラクターがもう涙が出るほどおもしろいのです。もう笑った笑った…。

そして今回はそういうおもしろさだけじゃありません。なんといっても「ミステリー」です。(タイトルに殺人事件ってついてますし。)嶽本さんがミステリーって、どうなるのかと思っていたら、こうなるのですね(笑)。いつもと一味違う感じで、楽しめました。

嶽本さんの書く本は、いつもただおもしろいだけじゃなくて、その中にあるものすごい切なさというか、「少女」の姿、気持ちにすごく圧倒されます。この本も例外ではありません。自分がすごく不安定だったあのくらいの歳のころに、嶽本さんの本と出会えたら、涙が出るほどうれしかっただろうなぁと思います。わかってくれる人がいた、味方が、いた、って。(残念ながら出会ったのは二十歳過ぎ、すでにだいぶ乙女から遠ざかった頃でしたが…。)

実は私、ちょっときかっけがあって、この物語に出てくる「貴族の森」に行った事があります。もちろんその際に下妻のジャスコ(田んぼのどまんなかにどどーんとある)も見てきましたし。なんだか思い入れがある作品なので、続編が出たのはうれしかったんですけど、「完」なのかぁ。終わっちゃうのかぁ。すごく残念…。いっそシリーズでずっと続けて欲しいくらい、大好きな大好きな本です。
| た行(その他) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんばんは。
この作品、私も好きです!
あんまり好意的な意見を見かけなかったので、
chiekoaさんのレビューを読んで、
とっても嬉しくなっちゃいました。
トラックバックさせてくださいまし。
| ましろ | 2005/08/22 9:43 PM |
ましろさん、そうなんですか!
すごくおもしろかったのに…。
まぁ下妻シリーズは他の野ばらさん作品とはちょっと印象が違いますもんね。野ばらさんの書きたいこと、伝えたいことは同じなのだと思いますが…!
| chiekoa | 2005/08/23 12:02 PM |
こんばんゎ!
また来ましたっみュヵです!
私下妻物語見たいと思っているんですが
私の周りにないんですよ〜
でも、嶽本野ばらさんの「ロリータ」←ちょっと
違いますが(笑)
は読みました!2作お話がついた本で。
最初のは自伝的恋愛で、野ばらさんが本当に
こんなことしたのかな?と思ってしまうぐらい
リアリティがあります!ブランドの名前も多く
でてくるし(笑)私がわかったのはヴィヴィアンだけ
でした(笑)もし読んだことがなければ一度読んで
見てください〜では!また来ます^^


| みュヵ | 2006/09/06 6:36 PM |
そう!みュヵさんくらいのお年頃はどんぴしゃりターゲットですよね〜、野ばらさん。『ロリータ』(あの字はでませんねぇ)は読んでないです。読んでみますね!私もヴィヴィアンしか分からない可能性大…(っていうかそのそもヴィヴィアンを他の野ばらさん作品で知った私。)
| chiekoa | 2006/09/06 6:42 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
下妻物語・完
 茨城県の下妻に引っ越してきたロリータ少女・桃子と、絶滅寸前のヤンキー少女・イチゴが出会い、2人が無二の親友になるまでの仁義(この言葉は結構好きである)と友情と笑いに満ちた物語である、嶽本野ばら・著『下妻物語』(小学館文庫)。映画化されたゆえ、多くの
| まっしろな気持ち | 2005/08/22 9:46 PM |
「下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」嶽本野ばら
下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件発売元: 小学館価格: ¥ 1,470発売日: 2005/07売上ランキング: 52902おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/09/05 シリーズ2作目にして完結編。1作目でむちゃくちゃ楽しめて、 ついでに映画も熱狂
| 本を読む女。改訂版 | 2006/09/05 1:49 AM |
「下妻物語・完」嶽本野ばら
下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件嶽本 野ばら (2005/07)小学館 この商品の詳細を見る 桃子とイチゴの下妻最強コンビが帰ってきました。 桃子の大好きなロココ・ブランドの「BABY」。 そこのモデ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/01 4:34 PM |