プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< HEARTBEAT [小路幸也] | Top | コールドゲーム [荻原浩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
リリィ、はちみつ色の夏 [スー・モンク・キッド]
4418055142リリィ、はちみつ色の夏
スー・モンク・キッド 小川 高義
世界文化社 2005-06-18

1964年サウスカロライナ。母を亡くし、父と二人で暮らすリリィ。酷薄な父親にがまんがならず、家を飛び出したリリィを受け入れてくれたのは養蜂家の黒人姉妹でした。彼女たちを手伝いながらいっしょに暮らすようになったリリィは…。十四歳の少女の過ごした、ひと夏の物語です。

このタイトルと表紙を本屋で見かけてからずっと気になっていて、やっと読むことのできた本です。外を吹き抜ける風や、野を飛び回る虫たちの羽音、そんなものまでリアルに伝わってくるような…、読んでいるだけで、見たことも行った事もないそのサウスカロライナの大地の風景が目の前に浮かんでくるような…。ため息が出るほど秀逸ですばらしい描写を堪能しながら読みました。

でもこの物語は、このタイトルや表紙から連想されるほど、明るく暖かいだけの物語ではありません。十四歳の女の子の、心の中。親と子、白人と黒人、彼女をとりまく様々な環境。決していいだけのものではない、重苦しいその現実の中で、包み隠さず素直に語られる彼女の言葉に、頭をガツンとなぐられたような気持ちに何度もなりました。心が苦しくなりました。

「愛されたい、愛されたい、愛されたい」

行間からそんなリリィの声が聞こえてくるようで、胸が締め付けられました。そばに行って、抱きしめてあげたくなりました。それだけ彼女に感情移入しただけに、このラストは、読み終わってとてもほっとしました。自分もいっしょに救われたような気持ちになりました。これからも、彼女が愛に包まれて、まっすぐ顔を上げて人生を歩いていけますように…。

そして、この物語のもう一つのテーマでもある「宗教」というものの側面を、自分がきっと理解しきれていないことがとても残念でした。よくも悪くもいわゆる「日本人」なわたし…。

でもこれだけの重い内容を、決して重くなりすぎず、暗くなりすぎず読ませてくれるところが、この本の素晴らしいところだと思いました。
| 海外作品(その他) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
リリィ、はちみつ色の夏 スー・モンク・キッド
リリィ、はちみつ色の夏スー・モンク・キッド 小川 高義 世界文化社 2005-06-18by G-Tools 帯が、これ。 「私が愛されたことの、しるしが欲しい」1964年サウスカロライナ。父親のもとを飛び出し、養蜂家の黒人姉妹が住む家にたどり着いた、リリィ、14歳の夏・・・。
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/29 6:41 PM |