プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< コールドゲーム [荻原浩] | Top | 間宮兄弟 [江國香織] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
なかよし小鳩組 [荻原浩]
4087475573なかよし小鳩組
荻原 浩
集英社 2003-03

倒産寸前の広告代理店・ユニバーサル広告社に舞いこんだ大仕事は「ヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略」!やめるにやめられず引き受けるハメになったコピーライター杉山ですが、そんな中、別居中の娘まで転がりこんできててんやわんやに。会社のために、そして娘のために、杉山の奔走が始まります―。

オロロ畑でつかまえて』の続編にあたる作品です。前作で活躍したユニバーサル広告の杉山が今回の主人公。仕事にプライベートに、孤軍奮闘するお父さんの姿がユーモラスに描かれます。

せっかくヤクザという特殊な(?)人々を描いているのだから、それをもっと深く掘り下げて欲しかったかも…とか思いつつ、(組長さんとか、なんか印象薄かったので…)、でもなによりもう早苗ちゃんがかわいくて、お父さんの気持ちが痛くて、最後は泣きました…。ここまでは笑って読んでたのに。

今のところ荻原さんの作品の中ではこのシリーズが一番好きかもです!
| あ行(荻原浩) | comments(4) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
初荻原作品がこれでした。
まだあまり名前が知られていない頃。
多分『噂』出版の頃でしょうか。
これから入ってよかった・・・娘がカワユイ、元気があってカワユイ、下の娘に重なってグー。っていうか、当時読んだときはまだ、今の下の娘の人格は生まれていなかったのです。そんな娘が、本書の少女のように育ってよかったなあ、と。
| 聖月 | 2005/08/30 7:04 PM |
やっぱり「お父さん」ですねぇ〜。かわいいですよねぇ。
でも私は早苗ちゃんのような娘ではなかったかも…(汗)。
| chiekoa | 2005/09/01 11:28 AM |
ユニバーサル広告社の次シリーズぜひ読みたいですね。
この作品は切なさがふんだんに盛り込まれていて
キュンとなってしまいました。
| す〜さん | 2006/07/10 9:28 PM |
ほんと、ラストのあたりなんて切なくて切なくて…。
おもしろおかしいのに涙も出る。よい本です!
| chiekoa | 2006/07/11 12:00 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
なかよし小鳩組 荻原浩
なかよし小鳩組荻原 浩 集英社 1998-10by G-Tools 「オロロ畑でつかまえて」に登場したユニバーサル広告社が、今度は、指定暴力団・小鳩組のイメージアップ戦略という難しい仕事に取り組まざるをえなくなります・・・うっかりして。すらすら読めるユーモア小説です。
| IN MY BOOK by ゆうき | 2005/08/29 6:45 PM |
「なかよし小鳩組」荻原浩
タイトル:なかよし小鳩組 著者  :荻原浩 出版社 :幻冬舎文庫 読書期間:2005/08/04 - 2005/08/07 お勧め度:★★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 倒産寸前の零細代理店・ユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。ところが、その中身はヤクザ小鳩組
| AOCHAN-Blog | 2005/08/30 1:14 PM |
「なかよし小鳩組」荻原浩
なかよし小鳩組posted with 簡単リンクくん at 2005. 7.19荻原 浩集英社 (2003.3)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 「オロロ畑でつかまえて」に続く、ユニバーサル広告社シリーズ?第2弾。 広告会社ですから、のっけから結婚式
| 本を読む女。改訂版 | 2005/08/30 4:36 PM |
再掲 ◎◎「なかよし小鳩組」 荻原浩 集英社  1,700円 1998/10
本を読んで、"本のことども"なんてコーナーで紹介し、その際に評価◎◎をつけたからといって、評者自身その本を読みながら、最初から最後まで"凄いすごい、これ、面白い、傑作だ!"と思って読んでいるわけではない。導入部でその設定をつかむまで苦しみ、途中でこの人物
| 「本のことども」by聖月 | 2005/08/30 7:00 PM |
荻原浩のことども
◎◎ 『なかよし小鳩組』   ◎ 『ハードボイルド・エッグ』 既読書評なしm(__)m   ○ 『噂』   ▲ 『誘拐ラプソディー』 既読書評なしm(__)m   ○ 『メリーゴーランド』 ◎◎ 『僕たちの戦争』   ○ 『明日の記憶』
| 「本のことども」by聖月 | 2005/08/30 7:01 PM |
なかよし小鳩組*荻原浩
☆☆☆・・ 『オロロ畑でつかまえて』に続くユニバーサル広告社シリーズ。 今回社の存亡を賭けて引き受けたのは小鳩組のCI。 CIとはコーポレート・アイデンティティ=企業イメージ
| +++ こんな一冊 +++ | 2005/09/07 8:58 PM |
「なかよし小鳩組」 荻原浩
荻原 浩 なかよし小鳩組 「オロロ畑でつかまえて 」(以下、「オロロ」)の荻原氏2冊目。 「なかよし小鳩組」(以下、「小鳩」)読了です。 ユニバーサル広告社の面々がまたもや活躍する続編的物語です。 これはヨイです。 オロロも面白かったのですが
| 流石奇屋〜書評の間 | 2005/09/11 9:15 PM |
なかよし小鳩組    〜荻原 浩〜
「オロロ畑でつかまえて」の続編。 倒産寸前のユニーバーサル広告社に舞い込んだ仕事は ヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略。 例のごとくちょいいい加減な社長石井をはじめ 社員杉山に村崎、そしてバイトの猪熊のユ
| My Favorite Books | 2006/07/10 9:23 PM |
(書評)なかよし小鳩組
著者:荻原浩 なかよし小鳩組価格:¥ 700(税込)発売日:2003-03 相変
| たこの感想文 | 2006/08/16 5:19 PM |
なかよし小鳩組
********************************************************************** 倒産寸前の零細代理店・ユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。 ところが、その中身はヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略という とんでもない代物。担当するハメになった、アル中でバツイチ
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2006/11/14 3:14 PM |