プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 爆笑問題が読む龍馬からの手紙 [爆笑問題] | Top | 今ここにいる僕らは [川端裕人] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
てるてるあした [加納朋子]
4344007840てるてるあした
加納 朋子
幻冬舎 2005-05

親の作った借金のせいで、高校に行くこともできず、親とも別れてひとり「遠い親戚」の家に預けられることになってしまった照子。佐々良というその街で照子を待っていたものは…。

ささらさや』の続編にあたる作品です。前作の主人公だったサヤは、今回は脇役として登場します。あの「おばあちゃんズ」も登場して、読んでいてなんだかなつかしい気持ちになりました。

前作はちょっとした謎を交えながらの物語でしたが、今作はそういう「ちょっとミステリー」的な要素はあまり感じられず、一貫して照子の心の成長が描かれています。いろんな出来事に翻弄され、いがいが、とげとげしていた照子。何もかもが気に食わなくて、攻撃的にすらなっていた彼女の心を、佐々良の街の人々の暖かさが溶かしていく様子が、とても生き生きと描かれた物語でした。

そしてこのラストには、やっぱり涙をこらえることができませんでした。こうなるとは思ってもみなかったので…。でも、こうならなかったら「できすぎ」た物語になっていたのかもしれない。だからこれでよかったのかも…とも思いました。
| か行(加納朋子) | comments(7) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪
偶然です!私も今日この本についての記事を
アップしました。最後はちょっとほろっと
しますよね〜(ノ◇≦。)
| ゆこりん | 2005/09/02 6:54 PM |
おぉ!すてきな偶然♪
最後はこうなると思ってもみなかったので、泣きました…。べそ。
| chiekoa | 2005/09/02 7:02 PM |
はじめまして。
ゆこりんさんのところからとんで来ました。
私もこの本、昨日読みあげました。
ラストはジーンとしてしまいました。
「ささらさや」のメンバーたちと再会できたことも嬉しかったです。
chiekoaさんのたくさんの書評、楽しませていただきました。またお邪魔させてくださいませ。
| EKKO | 2005/09/04 5:56 PM |
chiekoaさん、こんにちは!
あのおばあちゃんズ、大好きなんですよー。
佐々良の町とこのおばあちゃんズには
ほんとほのぼのとした気持ちにさせてもらえますね。
| 四季 | 2005/09/05 11:16 AM |
EKKOさん、はじめまして!楽しんでいただけたようでうれしいです。ありがとうございます!EKKOさんとは読んでる本もいろいろかぶっているようですね!私も遊びにいかせていただきます!

四季さん、ほんと、ほのぼのした気持ちにさせてもらえました。私もここに住みたいなぁ、おばあちゃんズとお話したいなぁと思います。それだけに涙、涙でしたけど…。
| chiekoa | 2005/09/05 11:20 AM |
ラスト、悲しかったです。
佐々良の物語もこれが最後なんでしょうかね?
| なな | 2006/04/20 9:55 PM |
悲しいですよね…あぁ、思い出し涙ぐみ。
続編は…噂聞きませんけど、どうなでしょう?
ユウ坊が大きくなってからの物語とか、
読みたいですけどねぇ…!
| chiekoa | 2006/04/21 5:23 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
てるてるあした(加納朋子)
両親の借金のせいで高校進学を断念。夜逃げする両親の元を離れ一人佐々良の街にやっ...
| のほ本♪ | 2005/09/02 6:53 PM |
「てるてるあした」加納朋子
 [amazon] [bk1] 「ささらさや」の姉妹編。 「ささらさや」と同じく佐々良という小さな町が舞台で、登場人物も共通しているのですが、こちらの主人公は照...
| Ciel Bleu | 2005/09/05 11:11 AM |
「てるてるあした」加納朋子
てるてるあした 加納 朋子 努力して希望の高校に受かった15の春。照子は浪費家の両親のせいで借金取りに追われ、単身で佐々良の会ったこともない遠縁の親戚「鈴木久代」を訪ねます。何もない町、魔女のように怖い久代さん。途方にくれる照代。 ドラマが始ま
| ナナメモ | 2006/04/20 9:55 PM |
てるてるあした
〜本はいいよ。特に、どうしようもなく哀しくて泣きたくなったようなとき、本の中で登場人物の誰かが泣いていたりすると、ほっとするんだ。ああ、ここにも哀しみを抱えた人がいるってね。〜  前作「ささらさや」の舞台である田舎町・佐々良町を両親の夜逃げで高校
| 本を読もう | 2007/04/27 9:43 PM |