プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< エソラ vol.2 | Top | さようなら、コタツ [中島京子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ベルカ、吠えないのか? [古川日出男]
4163239103ベルカ、吠えないのか?
古川 日出男
文藝春秋 2005-04-22

第二次世界大戦末期、日本軍によってキスカ島に残された四頭の軍用犬。人間に、そして時代に翻弄されながらも、子孫を増やし、生き抜いていく犬たち。時にすれ違い、時に交わりながら世界中に散っていく彼らは…。

犬が主役の戦争小説だというので、犬が人間のように会話をしたり、回想したりしながら戦争のことを語るような、そんな安易な想像をしていた私ですが、まったくの誤りでした。そんなもんじゃありませんでした。こんなふうに戦争を描けるなんて、犬の歴史でひとつの時代が語れるなんて、思ってもみませんでした。この斬りつけるような語り口で繰り広げられる世界は、圧倒的でした。

犬たちの物語と、それに交互して語られる人間の物語。つかみどころがなくて、時系列も明確でなくて、何がなんだかわからないその世界に、ぐいぐい引き込まれました。次はどうなるんだろうという興味のわく暇すらないぐらい、目の前の出来事にとらわれて読みました。(ちなみに、おもしろい…と言っては何ですが、「快犬仮面とサモア人ボディーガードとカブロン」のエピソードが個人的には一番好きでした。この本を読んでいて途中で笑うとは思わなかった…。)

とりあえず私は犬たちの系図(誰が誰の子でどういう名前で)というのを書きながら読み進めていたのですが、途中からそれだけでなくて、「誰がどこで誰と出会い何が起こって」というのも書き加えていくようになりました。何しろ読みながら書いているので、めちゃくちゃきたないものができあがりましたが、最後にそれを見てぞっとするような思いがしました。ソ連、アメリカ、中国、ベトナム、アフガニスタン…世界中、ありとあらゆるところに散らばり、そしてリンクしていく犬たち。それだけで描かれたこの本のすごさを、あらためて思ったのです。この本を読み終えた記念に、そしてこの衝撃の記念に、この紙はずっととっておこうと思います。(チラシの裏なんかに書くんじゃなかったな…。)

【追記】
いろんな感想を見ていたら、「系図と世界地図をつけてくれればよかったのに」という意見がとても多かったですが、でも、それがついていたら初手からネタバレかと…(汗)。あったら確かに便利かもしれませんが、自分で書きながら読むほうがいいです。絶対。すごくおもしろいです!オススメです!うぉん。
| は行(古川日出男) | comments(10) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
次は同じ古田日出男「サウンドトラック」。トウタ、ヒツジコ、レニの物語に挑戦してはいかが?
オススメです!
| すの | 2005/09/10 4:10 PM |
すのさん、オススメありがとうございます!ぜひ読んでみます!『ベルカ』おもしろかったので…!
| chiekoa | 2005/09/11 1:27 AM |
うぉん!
そうそう自分で系図書く方が楽しいですよね。
確かにネタバレですよね。
この文体で投げる人がたくさん(直木賞の選評読んでも読めなかった人いますね)いるので、ペルカの面白さを分かち合えるのは嬉しいです。
| kadock | 2005/09/11 3:24 AM |
Kadockさん、この文体がよい(というかすごい)のだと思いましたが…!選評、ちょっとだけ見たのですが、まだ自分が『ベルカ』を読む前に見たので、読み終わったこの状態でもう一度読んでみたいと思います。それも面白そうです(笑)。
| chiekoa | 2005/09/11 8:30 AM |
chiekoaさん、こんばんわ
私も犬の系図を作りましたー。
職場で昼休みにふと思いついて作り始めたので、
私もミスコピーの裏に書いちゃったんですよ。
しかもバッドニュースの子供の名前がいっぱい出てくるわ、
この犬はアメリカ国籍→北朝鮮籍→中国籍なんて入れたもんで、
もうぐちゃぐちゃです・・。
| june | 2005/09/30 10:48 PM |
juneさん、私も「えーと、この犬がここに行って、子孫はあっちで…」
とか書いてたので、最終的にわけがわからなくなりました(笑)。
でも楽しいですよね!この作業。
juneさんも記念にとっておきましょう♪
| chiekoa | 2005/10/03 1:14 PM |
chiekoaさん、系図書かれたんですね。
“楽しい”“おもしろい”ということなので、
私も書いてみたくなりました。挑戦せねば!
なんか、私って影響されやすいなぁ…(笑)



| ましろ | 2005/12/20 7:36 PM |
ましろさん、ぜひぜひ〜!
でもきっとえらいことになりますよ…(笑)。
| chiekoa | 2005/12/22 3:42 PM |
チラシの裏に書いてたchiekoaさんにちょっと
笑いました。いや、でもあたしもよくやります!
きっと綺麗な紙よりも記念になりますよ!!

ベルカ〜読むと、なんだか吠えたくなりますよね。
うぉん!
| mamimix | 2005/12/30 8:28 PM |
手元にね、それしかなかったんですよ〜。
今でもちゃんと持ってます。捨てられない…(笑)。

うちのワンコのふがいなさに、ちょっと鍛えたくもなる本でした…。ほんとに同じ犬か!きみは!と…。
| chiekoa | 2006/01/04 6:35 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男(2005)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、犬、軍用犬、年代記 二つの犬の系統の話。二つの大きな物語の流れ。 イヌよ、イヌよ、お前たちはどこにいる? 1943年、アリューシャン列島の無人の島に残された日本軍
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2005/09/10 4:03 PM |
ベルカ吠えないのか? / 古川日出男
文藝春秋 ?1,800 読もう読もうと思っていたけど、マイミクの豊崎由美さんに読め!って言われて、一気に読み切った。 古川氏の作品はいつもとっても面白いのに何故か売れないそうだ。 『アラビアの夜の種族』にしろ『サウンドトラック』にしろ、どれも現代文学とし
| Kadock's Blog | 2005/09/11 3:25 AM |
[新刊本]「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
ベルカ、吠えないのか?posted with 簡単リンクくん at 2005.11.14古川 日出男著文芸春秋 (2005.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る + ChiekoaLibrary +のちえこあさんからのエントリです。 ちえこあさんのレビューはこちら。
| (非公認)読者大賞blog | 2005/11/14 1:13 AM |
「ベルカ、吠えないのか?」古川日出男
ベルカ、吠えないのか?発売元: 文藝春秋価格: ¥ 1,800発売日: 2005/04/22売上ランキング: 3,651おすすめ度 posted with Socialtunes at 2005/12/08 噂のベルカ、やっと読み終えました。図書館で借りては読めずに返し、 それを2回繰り返しさらには図書館で行方不
| 本を読む女。改訂版 | 2005/12/09 10:09 AM |
ベルカ、吠えないのか?
 これは悲劇である。イヌと人間の。また、この世界を生き抜いた証でもある。込み上げる熱い感情の置き場が見つからないまま、多くの試練や数々の生死、繰り返される闘いに目を奪われる、古川日出男・著『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋)。それは、己との闘いでも
| まっしろな気持ち | 2005/12/20 7:38 PM |
「ベルカ、吠えないのか?」 古川日出男
ベルカ、吠えないのか?posted with 簡単リンクくん at 2005.11.18古川 日出男著文芸春秋 (2005.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2005/12/30 2:03 AM |
犬は世界を駆け巡る 古川日出男「ベルカ、吠えないのか?」(文藝春秋)
犬の創世記だ。犬紀元ゼロ年は1957年11月3日。人工衛星スプートニク2号に乗せられたライカ犬、ライカが宇宙から地上を見下ろした日だ。ライカは米ソ宇宙開発戦争で功をあせったフルシチョフが地球への回収は想定外、つまり死すべきものとして打ち上げられたのだ
| 梟通信〜ホンの戯言 | 2006/01/14 5:56 PM |
古川日出男【ベルカ、吠えないのか?】
もっと早く読むべきでした、この本。 世間では大評判であることを知りながら、「早く文庫化されないかな〜」とセコいことを考え、ようやく最近になってハードカバーを買うふんぎりがついた【ベルカ、吠えないのか?】。 おもしろいです。 ベルカは犬なの
| ぱんどら日記 | 2006/02/14 1:38 PM |
読書感想「ベルカ、吠えないのか?」
読書感想「ベルカ、吠えないのか?」 ベルカ、吠えないのか? 【評価】★★★★
| 三匹の迷える羊たち | 2006/07/18 10:38 AM |
古川日出男【ベルカ、吠えないのか?】
この本、もっと早く読むべきだった。 世間では大評判であることを知りながら、「早く文庫化されないかな〜」とセコいことを考え、ようやく最近になってハードカバーを買うふんぎりがついた【ベルカ、吠えないのか?】
| ぱんどら日記 | 2006/07/31 2:45 PM |
ベルカ、吠えないのか?
 ライターの豊崎由美氏が大絶賛していたので、以前から読んでみたかったのだが・・・...
| ひとりごとと対話のはざま | 2006/08/02 10:42 PM |
古川日出男さんの朗読ギグ@高円寺20000V!9/24!(マッティア・コレッティ・ジャパン・ツアー)
朗読でありながら音楽的でもある古川日出男さんの朗読が高円寺のライブハウス、200...
| キアズマ | kiasmablog | 2006/09/19 10:00 PM |
古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』
古川日出男『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋、200504) どっちの立場に立って読んだらいいのか迷いました。 数を数えるヒトか、数を数えないイヌか。 系譜をもつヒトか、系譜を持たないイヌか。 で、手ごろな紙がなかったこともあって、 気ままに読みたい気持ち
| uc-road:blog | 2006/12/09 2:12 AM |