プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 古道具 中野商店 [川上弘美] | Top | やっとかめ探偵団と鬼の栖 [清水義範] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
雨恋 [松尾由美]
4104733016雨恋
松尾 由美
新潮社 2005-01-26

猫の世話をすることを条件に、叔母の海外出張の間、留守番として彼女のマンションに住むことになった沼野渉。その部屋で彼を待っていたのは、二匹の猫と…。

ファンタジーでもあり、ミステリィでもあり、ラブストーリーでもあり。楽しく読めたは読めたのですが、なんというか、現実の部分にあんまりリアリティがないなと思ってしまったのと、ビジュアルを想像したら「げっ」となってしまったのが、ちょっと…。(そんなわけで、恋心が生まれる理由がよくわからず。)

主役の二人(?)がなぜかあまり好きになれなかったというか。そもそも登場人物がなんとなく誰も好きじゃないというか…。

最後のシーンも、もうちょっと描きこめなかったかなぁと思ってしまいました。もっと「体」に転ぶか「心」に転ぶか、はっきりしてくれたほうがよかったなぁとか…。うまくいえないですけど、ちょっとどっちつかずな気持ちがしてしまいました。(私の心が乾いているから?!)こういうラストになるんだったら、途中の体に関する葛藤のシーンみたいのはいらなかったんじゃないかなぁ…??

って、あれ、あんまりほめてないですけど、つまらないとかそういうことはなかったです。松尾さんの本は初めて読んだのですが、他の作品も読んでみたいなぁと思いました。(これだけで判断するのはナニなので…。)
| ま行(松尾由美) | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんにちはー。
私は松尾さんの作品は全部追ってるんですけど
「雨恋」はあまり松尾さんらしくない作品かと…。
だからぜひ他の作品も読んでみて下さいね。
松尾さんらしいといえば、まず「バルーンタウン」シリーズ。
「バルーン・タウンの殺人」がオススメです(^^)。
| 四季 | 2005/09/27 6:46 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「雨恋」松尾由美
 [amazon] [bk1] 急にアメリカに行くことになった叔母の代わりに、叔母のマンションに住みこんで2匹の猫の面倒をみることになった渉。しかしそのマンショ...
| Ciel Bleu | 2005/09/27 6:46 AM |